勝村政信

「ドクターX」全データ

【「ドクターX」全データ】

このnoteはテレビ朝日「Doctor-X 外科医・大門未知子」の様々なデータを記載しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

『「ドクターX」全データ』
【第1期】
放送 2012年10月18日~2012年12月13日
平均視聴率 19.10%
最高視聴率 24.4%
最低視聴率 17.1%

【第2期】
放送 2013年10月17

もっとみる
スキありがとうございます。
2

「芸能人格付けチェック」全データ

【「芸能人格付けチェック」全データ】

このnoteはテレビ朝日「芸能人格付けチェック」の様々なデータを記載しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

『「芸能人格付けチェック」全データ』
(通常版)
【第1回】
2005年1月3日
平均視聴率 10.2%

【第2回】
2005年9月23日
平均視聴率 17.8%

【第3回】
2006年1月3日
平均視聴率 1

もっとみる
サークル「エンタメ倶楽部」メンバー募集中。

前田敦子 主演映画~「旅のおわり世界のはじまり」はスマッシュヒットならず?~

【前田敦子 主演映画~「旅のおわり世界のはじまり」はスマッシュヒットならず?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

AKB48の黄金期のメンバーとして知られている前田敦子さん。
AKB48卒業後は女優業で活躍し、2018年7月30日に俳優の勝地涼さんと結婚したことでも話題となりました。

6月14日公開の主演作品「旅のおわり世界

もっとみる
noteご購読もお願いします。

第14回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第3週)

【第14回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第3週)】

今週のランキングは「ドラえもん のび太の月面探査記」VS「キャプテン・マーベル」。
「ドラえもん のび太の月面探査記」のV3か?
「キャプテン・マーベル」のV1か?
また、「映画プリキュアミラクルユニバース」、「君は月夜に光り輝く」、「えいがのおそ松さん」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興

もっとみる
スキありがとうございます。
3

第13回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第2週)

【第13回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第2週)】

今週のランキングは「ドラえもん のび太の月面探査記」VS「翔んで埼玉」。
「ドラえもん のび太の月面探査記」のV2か?
「翔んで埼玉」のV1か?
また、「スパイダーマン スパイダーバース」、「運び屋」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、

もっとみる
noteご購読もお願いします。
6

第12回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第1週)

【第12回週間映画興行収入ランキング(2019年3月第1週)】

今週のランキングは「ドラえもん のび太の月面探査記」VS「翔んで埼玉」VS「アリータ バトル・エンジェル」。
「ドラえもん のび太の月面探査記」の初登場1位か?
「翔んで埼玉」のV1か?
「アリータ バトル・エンジェル」のV2か?
また、「グリーンブック」、「九月の恋と出会うまで」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの

もっとみる
今後もエンタメの殿堂をよろしくお願いします。
5

第8回週間映画興行収入ランキング(2019年2月第1週)

【第8回週間映画興行収入ランキング(2019年2月第1週)】

今週のランキングは「マスカレード・ホテル」VS「七つの会議」。
「マスカレード・ホテル」のV3か?
「七つの会議」の初登場1位か?
また、「雪の華」、「メリー・ポピンズ リターンズ」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の

もっとみる
サークル「エンタメ倶楽部」メンバー募集中。
3

相変わらず香川照之が面白い『七つの会議』

2019年公開映画16本中2位!

これは面白いです。
『クリード 炎の宿敵』はかろうじて超えなかったけど、
昨日の『メリー・ポピンズ リターンズ』よりよかったかな、
個人的には。

過去の池井戸潤原作ドラマの出演者がズラリと並ぶ
まさに池井戸アベンジャーズなキャストと
不可解な人事に隠された真相を暴いていく中身が面白い。

本はまったく読まないので、当然原作も知らないのだけれど、
予告しか見てい

もっとみる
拙い文章で恐縮ですがありがとうございます!
1

シアターコクーン「罪と罰」

渋谷・東急文化村・シアターコクーンで、「罪と罰」を見てきた。ラスコーリニコフが三浦春馬、ソーニャが大島優子。3時間40分の長丁場、一日二公演のタフさに驚く。階段状の舞台に群衆がいる中で、登場人物たちがどんどん場を変えていき、金貸しを殺したり、母や妹と話し合ったり、自室で絶望に沈んだりする。深刻で、固唾をのんで見守るシーンが多いが、ラスコーリニコフがポルフィーリーの部屋を訪れるシーンだけはやけにコミ

もっとみる
是非他の投稿も読んで下さいね!
2

猥雑なカオスとそれが生み出す黒くたぎった生命感が生と死のぎりぎりの境目の中で熱く光る尋常ならざる作品…★劇評★【舞台=罪と罰(2019)】

「自分のような特別な人間(選ばれた非凡人)には、その行為によって人類が救われその行為が必要ならば、(新たな世の中の成長のために)社会道徳を踏み外し法を侵してもいい権利を持っている」。これは昨今、日本や海外で頻発する無差別大量殺傷や無軌道な通り魔的凶行を犯した犯人たちがうそぶいた言葉ではない。今から150年以上も前にロシアの文豪ドフトエフスキーが自身の小説「罪と罰」の主人公に抱かせた言葉(一部分かり

もっとみる
わたしもあなたのことがスキです