出会えて幸せ

出会えて幸せ

右膝前十字靭帯の再建手術から11日目の今日、無事に退院することができた。 これまでの日記でも綴ってきたが、沢山支えてもらった病院の先生や看護師さんの皆さんには感謝してもしきれない。 こうして退院して日記を綴る今この瞬間も、あの病棟で患者さんを支えているのだろうなぁ。 仕事としての活動を超えて、一人の人間として温かみを持って接してくれていることが何度も伝わってきた。 いつか自分も、こんな風に人に元気を与えられる人になりたい。 話は変わって、午後、とある大学の先生が主催

スキ
1
新型コロナ(COVID-19)に罹患、6日目に入院→退院までの療養生活②

新型コロナ(COVID-19)に罹患、6日目に入院→退院までの療養生活②

21年の夏、東京都を筆頭に感染者数がうなぎ上りでピークを迎えたころ、社会の波にのまれるようにして新型コロナ(Covid-19)に罹患しました。前の記事で(1話目の記事)、発症4日目に地元の中型病院の「発熱外来」を受診、陽性が確定したことを書きました。 自宅療養から入院するまで陽性が確定しても、咳止めと解熱剤が出たのみ。特段、特効薬はないので自然療法・東洋医学を知っている自分の中では「食事療法、ハーブ、漢方薬だけが頼りかもしれない」と覚悟を決める。 その夜中に、左の背中が急

スキ
1
こんな風にして叶うもの

こんな風にして叶うもの

小谷美紗子さんの曲のタイトルではないけれど、自分の思いが発端となった「コトの顛末」を書き出してみたいと思う。 最初の小さな願い 昨春、佐賀駅にある書店が閉店して、「佐賀の街なかから本屋が消えた」事実に悶々としていた。「駅そばに本屋がなくてどうする?飲食店以外ここにどんな文化が残ってる?」と。いろんな店が駅前から消えていく中、小さな本屋でもいい、学生さんが偶然的に入って何かを発見できるような店は必要だと思ったのだ。 わたしは衝動的に、でも切なる願いをこめて「自分でも何かやれ

スキ
1
それってあなたの感想ですよね(26回目)〜世の中に当たり前のことなんて無いんだよ[入院編](第五夜)
+10

それってあなたの感想ですよね(26回目)〜世の中に当たり前のことなんて無いんだよ[入院編](第五夜)

さてもさても 第五弾となりました 第一夜 第二夜 第三夜 第四夜 普段生活していると、なかなか経験することのない入院生活❗️ そして、現在のコロナ禍で起こっている医療の現場のリアルを 少しでもお届けできたらと思います。 入院生活は正直なところ それなりに楽しかった 病院食が美味しくないって話は聞いていたけど いやいや、バランス取れてて美味しかった (ただ量は少なかったけど) 午前中は何かとバタバタする 部屋の掃除が入ったり 先生の回診が入ったり

スキ
2
【記録】痔瘻について(2020.07)
+5

【記録】痔瘻について(2020.07)

けっとおと申します。痔瘻の闘病から1年経っていたなぁとしみじみ感じている28歳男性の秋です。 2020年の7月の痔瘻についての闘病記録を友人に説明する際に使用したスライドがありましたのでそれを貼ります。張るだけです。 ●はじめ ・背景 そもそも私は腸が弱く、下痢になりやすい体質で、普段から頻回にお腹を壊します。幼少期の頃からも風邪を拗らせると喉や鼻よりも毎回お腹が壊れていました。 従来ではそれだけだったのですが、だいたい24歳くらいの頃から年に1~3回は腸炎になるよ

スキ
8
出産

出産

⛩ 3年前の 今頃 無事に生まれてきてくれた 妊娠8ヶ月のときに 出血し 切迫早産&前置胎盤と 診断され かかりつけ医から緊急搬送してもらい 総合病院へ Dr.「入院です。絶対安静です。」 当時 3歳の長女に 「入院になっちゃった。」と電話すると 「おだいじにーーーーー😭」と 泣き叫んで言ってくれたこと 夫より 面会に来てくれた友人のこと 入院生活は規制が多くストレスもあったこと 助産師さんとDr.が愉快だったこと 1ヶ月ちょっとの入院生活は私にとって泣き笑

スキ
1
それってあなたの感想ですよね(25回目)〜世の中に当たり前のことなんて無いんだよ[入院編](第四夜)
+13

それってあなたの感想ですよね(25回目)〜世の中に当たり前のことなんて無いんだよ[入院編](第四夜)

ようやく入院することが決まり、ここから1ヶ月にわたる入院生活がスタートしていきます。 第一夜 第二夜 第三夜 まだお読みでない方のために(๑•̀‧̫•́๑) さて、いろいろありましたが、入院することができました。 検査も終わり、個室に入り 入院の説明もひととおり受けまして ホッとひと息というところが正直な感想でした。 ここにいれば、まず野垂れ死にしなくて済む (誰かがいるからね) 最初に出てきたご飯は 確かこんな感じでした あ、ありがてぇじゃねぇかぁ

スキ
1
頼れるようになることが自立の第一歩

頼れるようになることが自立の第一歩

術後10日目。 順調にリハビリが進み、本日、予定通り抜糸を行った。 そして、遂に明日の退院が決定! ながかったなぁー。 この期間、沢山の人に助けられて、励まされた。 特に担当してくれた看護師さんと理学療法士さんには本当にお世話になった。 2人ともたまたま1歳年上だったのだが、そうとは思えないほど落ち着いた雰囲気。 私自身、1人の患者として力をもらっただけでなく、2人がそれぞれのプロフェッショナルとして社会で活躍している姿に触れて、凄く感激した。 社会に出て2人

スキ
4
振られました...退院は延期です。

振られました...退院は延期です。

 こんにちは、歌音です。突然ですが、10ヶ月お付き合いしていた恋人とお別れしました。今回はその流れと病状を混ぜてお話ししていきます。  彼の仕事が忙しくなり、8月初めから私が放置されるようになりました。それでも自分が待つ時間だと言い聞かせ我慢していました。ですが9月に入ってから我慢が限界に近づき、精神的にも追い詰められ、とうとう爆発しました。今までの苦痛を彼にぶつけ、思ってもいないようなことを沢山言い、彼を傷つけてしまいました。今まで喧嘩をしても毎回話し合い解決していたので

スキ
3
骨折した(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)①

骨折した(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)①

〜ここから始まる意外と壮絶な戦い〜 前回の話から、飲んだ帰りに軽く転んでバキバキに右足首を骨折→手術が必要ってなわけで、骨折がお盆休み初日の深夜だったことから、週明けの手術に。 先生の説明では、手術から2週間でリハビリ病院へ転院して、最大2ヶ月でほぼ日常生活に支障がない程度には回復するってことでした。 手術は、8/13の午後3時。 お盆中ってことで、母親、旦那、妹夫婦が勢揃い(*´∀`)♪ 心強い見送りを受け、いざオペ室へ。 翌朝、大部屋へ移動。 大部屋といっても2人