働き方改革関連法

もう 何ら不思議ではない

俺は良く解らないんだけど

メロリンQって30年位前のことなのに

そんなにずっと言われ続けなければならないほど

悪いことなのかな

俺は良く解らないんだけど

公文書改竄や統計偽装はそっちのけで

メロリンQを批判している人間って

どうなのかな

俺は良く解らないんだけど

そんなに悪いことなら

今まで通り

公文書改竄や統計偽装は放っておいて

早いとこ

メロリンQを裁く法律をつくらな

もっとみる
もうちょっと 右かな
9

恣意法

俺は良く解らないんだけど

メロリンQって30年位前のことなのに

そんなにずっと言われ続けなければならないほど

悪いことなのかな

俺は良く解らないんだけど

公文書改竄や統計偽装はそっちのけで

メロリンQを批判している人間って

どうなのかな

俺は良く解らないんだけど

そんなに悪いことなら

今まで通り

公文書改竄や統計偽装は放っておいて

やっぱり 早いとこ

メロリンQを裁く法律

もっとみる
もうちょっと 上かな
5

働き方改革、進めてますか?その1

さて、元号が令和になる本年。昨日から「働き方改革法案」が本格始動しますね。

既に経営者の皆さんはご存知の話だと思いますが、改めて概要を簡単に…
※時事ドットコムニュースより転載

ざっくりまとめると…

〇残業時間が規制されるようになります
〇有給休暇が年10日以上ある労働者に、5日以上与えます
〇終業時間と翌日開始の間を、一定時間確保させます
〇割増賃金率の猶予が撤廃⇒みんなに適用されます

もっとみる
ありがとうございます!また読んでもらえるよう頑張りますね♪
1

野に放たれる前に解き放て

いよいよサラリーマンとしてのやる気が底をついて、社内で親知らずのように一人だけ横から生え出している大之助です。(意味わからないwww)

そんな状況なので今朝の出勤中にこんな意識が高いのか高くないのかわからない仮説に想いを馳せていました。

今日はちょっとこのツイートでは書ききれなかったことを補足して、僕が現在目指しているビジョンをお伝えできたらなと思います。

働き方改革関連法や、少子高齢化

もっとみる
大之助です!スキありがとうございます!
4

派遣労働者の同一労働同一賃金

◆弁護士 鈴木 萌

 前回のメルマガで働き方改革関連法について触れましたが、この法律によって派遣法(労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律)も一部改正され、2020年4月1日から、派遣労働者についても同一労働同一賃金が実現されることになりました。これが実務に与える影響はかなり大きいと思われるため、簡単にご紹介します。

 派遣労働者については、雇用契約を結ぶ相手である

もっとみる
スキありがとうございます!

激動の朝鮮半島と安倍ファシスト・自公独裁政権

あれから百年、それから八年、これから何年…抵抗と反逆の魂受け継ぐ  1669号 2019年1月13日 浪花の歌う巨人・パギやん(趙博)

 『三・一独立運動』、そして、その先鞭を付けた『二・八留学生独立宣言』から100年を迎える。

 朝鮮半島は、植民地支配、解放、戦争、分断という時の流れの中で、今やっと平和と民族統一を展望できる「融和と対話」の新時代へ入ろうとしている。この100年間、幾百万もの

もっとみる

働き方改革関連法への対応はお済ですか?

◆弁護士 鈴木 萌

 昨年、世間を賑わせた働き方改革関連法ですが、だんだんと施行時期が迫ってきています。皆様、対応は進んでいますか?

 働き方改革関連法とは、正式名称を「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」と言い、2018年6月に可決・成立しました。
同法による主要な変更点は、 
 ① 時間外労働の上限規制の強化
 ② 年次有給休暇の付与義務の導入
 ③ 高度プロフェッショナ

もっとみる
スキ押していただき感激です!

【気になるニュース-19/01/12】人生100年時代をパートナーと生きる 他2話

(記事)「生涯現役、社会参加の道開く」 根本匠厚労相、郡山で講演

少子高齢化の中で「労働人口を増やす」には、以下が必要です。
1. 労働人口を増やす(子供を産む・移民受入)
2. 労働年齢の調整(上限引き上げ・下限引き下げ)

1. の労働人口増加は中長期的施策であると考えると、短期的施策としての2.の労働年齢の調整は、即効性のあるものです。その即効性をさらに引き上げるために重要なのが、「労働年

もっとみる

いざ「働き方改革」元年へ

日本経済再生に向けた最大のチャレンジとして始動した「働き方改革」。
政府は、昨年公表した働き方改革実行計画に従い、労働関連法令の改正をはじめとして、様々な改革を行っている。
しかし、「働き方改革」に対する会社の反応は様々で、積極的に「働き方改革」を進めている会社もある一方で、「働き方改革」に対して消極的な姿勢の会社も多数存在し、しかも、多くの会社は、法改正に対応するだけで満足しており、人事制度の根

もっとみる

高度プロフェッショナル制度のメリットとは?

◆弁護士 馬場 悠輔

6月29日の参院本会議で成立した「働き方改革関連法」の柱である、「高度プロフェッショナル制度」について検討したいと思います。

1 高度プロフェッショナル制度とは何か?

高度プロフェッショナル制度とは、「残業代ゼロ法案」や「ホワイトカラーエグゼンプション」ともいわれていますが、高度の専門的知識等を必要とする業務に就いている一定の年収(年収1,075万円以上 ※現在)の労働

もっとみる
是非また読みに来てください!ありがとうございます!