ガーリックライスを食べれば、ヴァンパイアには効果があると思う。

ガーリックライスを食べれば、ヴァンパイアには効果があると思う。

スキ
4
『ほら、ここにも猫』・第397話「吸血鬼伝説」

『ほら、ここにも猫』・第397話「吸血鬼伝説」

スキ
4
ドラキュラ城🦇✟ ♱1

ドラキュラ城🦇✟ ♱1

【ラジオドラマ】 『ドラキュラ城』 フリーBGM/フリー効果音/フリー画像 台本無し/アドリブ/NO編集/一発録音シリーズ ⚰♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱⋰ ⋱✮⋰ ⋱♱🧟‍♂️ ✟ ℛℯ𝓂ℴ𝓉ℯℬ𝒶𝓇『ロシアンブルー𓃠』 ♱🎃 ✟三週連続ハロウィン企画開催中🎃 14(木) 🦇第1夜『ドラキュラ城のワイン会』 21(木) 🍷第2夜『魔女のカクテルBAR』 29(金) 💀第3夜『ゴースト達の舞踏会』 OPEN 23:00(LIVE START)at standfMシアター ※ド

スキ
4
物語のタネ その九『吸血鬼尾神高志の場合#29』

物語のタネ その九『吸血鬼尾神高志の場合#29』

世界中から集まったブラキュラ商事所属のヴァンパイア達がドラキュラ会長の血を吸い終わり、会社のホールのそれぞれの席に着いた。 彼らを壇上から見渡すドラキュラ会長。 推定年齢2000歳超、その人生で初めてヴァンパイアに血を吸われる、しかも100人を超えるヴァンパイアに次々と、という初めての経験に疲労困憊していた姿はもうそこには無い。 何という回復力。 まあ、疲労困憊した原因は、血を吸われたからではなく、脇腹からの吸血にくすぐったくての笑い疲れではあるのだけど・・・。 「みんな

スキ
1
物語のタネ その九『吸血鬼尾神高志の場合#28』

物語のタネ その九『吸血鬼尾神高志の場合#28』

「じゃあ、作戦準備開始よ。さあ、並んで一人ずつアタシの血を吸いなさい!」 ドラキュラ会長の号令を受けて、世界中から集まったブラキュラ商事の社員、つまりはヴァンパイアたちがズラリと列を成した。 皆、この会社の創始者にして伝説の存在ドラキュラ会長、いや、ドラキュラ伯爵から血を吸うことを前にして、かなり緊張しているようだ。 かく言う僕もひょんな流れからこの作戦の中心あたりにいるけれど、この中では1番の新人なのだ。 ドラキュラ伯爵の存在が伝説では無いこと、しかも自分の会社の会長にし

スキ
1
小説【束縛】act.3 嫌いな先輩編12(妄想のヴァンパイア)

小説【束縛】act.3 嫌いな先輩編12(妄想のヴァンパイア)

高校生編のテーマはイケメンアレルギー 「父ちゃん、誰かに殺されたんだと思う」 結婚十年目の夫婦関係は冷え切っていた。それでもあやめが夫との生活を維持するのにはある理由があった。夫と二人で父親の葬儀に向かう新幹線の中、弟からの電話であやめは過去を遡っていく。 ←前の話 目次 次の話→ 小説【束縛】嫌いな先輩編12 暗雲立ち込める空に稲妻が光った。 暗闇の向こうにうっすら浮かぶあの洋館には、恐ろしい伯爵が住んでいるという。いくら恐ろしかろうとも、さすがに伯爵がヴァンパイア

スキ
90
#異世界からの招待状~ヴァンパイアからのお誘い~

#異世界からの招待状~ヴァンパイアからのお誘い~

なんと、私の書いた#冒頭3行選手権の記事を元に、広がりをみせております。 先ずはレッドプリンさん SF要素ありのユーモラスなヴァンパイアを描いてくれました。 そして私。 3行選手権の記事の続きを書く予定はなかったのですが、レッドプリンさんの作品に刺激されて。 書いちゃいました。 そして、その私の書いた作品から 七田苗子さんが創ってくれたのが、この作品。 私の書いたものより、更に官能的に描いてくれました。 この記事の最後で、女鬼苗子様が皆さんを誘っておられます

スキ
39
『女鬼の宿命』
+1

『女鬼の宿命』

温まった”それ”を とぷりと差し込むと、 何の抵抗もなく するりと滑り込む。 ゆっくりと そして 少しづつ 奥へと送り込むと 切り込みからトロリと溢れだしてくる 艶やかな雫 滑らかな歪みを描きながら次々と滴り 下に溜まって行く。 一滴が ”それ”を伝うと 我も我もと後を追って ”それ”を這い始め もう絡み付いていられなくなるまで 一筋の線を引き続ける。 じわりと溶けてゆき 溢れ溶けだす その液体を見ているだけで 息に熱がこもる。 温めたテーブルナイフを握るその手を スッ

スキ
59
物語のタネ その九『吸血鬼尾神高志の場合#27』

物語のタネ その九『吸血鬼尾神高志の場合#27』

「皆で100人のゾンビにアタシの血を注入するのよ!」 ニヤリと笑うドラキュラ会長。 「うちの社員にゾンビに噛まれた人の血を吸い出すだけじゃなくて、ボーイの肉を食らったゾンビ100人を噛んでアタシの血をその身体に入れ込むのよ」 「なるほど!」 ハールマンさんが大きく頷く。 村田さんも、僕も。 「え⁈どういうこと?」 尾神さんはひとり頭の上に?マークが浮かんでいる。 「会長の血がゾンビの体に入り、そこで遺伝子レベルでボーイと戦う。ある意味、遺伝子工学における遺伝子操作ですね

スキ
1
よふかしのうた 読後レビュー

よふかしのうた 読後レビュー

ジャンル:恋愛 ヴァンパイア 評価(5段階評価):4 状態:連載(既刊8巻) ※以下大いにネタバレなどを含む時があります。 ▽内容 日常に飽きて深夜の徘徊をする少年主人公。ふとした機会からヴァンパイアに出会う。夜の楽しさを教えてもらい、ヴァンパイアになることを望むが、眷属になるには相手に恋する必要があり、精神的に幼い主人公とヒロインの歪な人間?関係がはじまる ▽感想 非常に良い。最初の展開もさることながら、他のヴァンパイアとのエピソード。探偵の存在。ヒロインの出征の秘密

スキ
1