ヘンテコな吸血鬼と人間が繰り広げるギャグ漫画『吸血鬼すぐ死ぬ』はいいぞ

週刊少年チャンピオンで連載中の漫画『吸血鬼すぐ死ぬ』の魅力を、私はここで伝えたい!

『吸血鬼すぐ死ぬ』は、最弱吸血鬼ドラルクと退治人ロナルドを中心に、個性的な吸血鬼と人間が織り成すギャグ漫画だ。

2020年5月にはアニメ化が決まり、今月の始めに主要人物2人のキャストが発表された。

大好きな漫画『吸血鬼すぐ死ぬ』を紹介するのは、主要キャストの発表が始まった今しかない!

そう確信した私は、この

もっとみる

【溺れる君】好みの女装男子

一番最初



番外編

 今日は17時に帰ってきたカカのお手製ミートソースパスタが晩ご飯。

曇りの日など観測不能な時は早く帰ってくるから、その時はトマトが際立つナポリタンやミートソースパスタを作ってくれる。

それに、みんなで晩ご飯を食べるからとても楽しみなんだ。

ナポリタンは2回食べたけど、ミートソースパスタは初めて。

トマトソースが濃い上に、みじん切りされたナスや玉ねぎ、ピーマンの食

もっとみる
サンキューベリーマッチョ‼️
4

孤独の吸血姫~第三幕~醒める夢 Chapter.2

 カリナの疲労はピークに達していた。肉体的に……ではない。精神的消耗だ。
 そもそも〈吸血鬼〉は〝死人返り〟であると同時に〝幽鬼〟の類でもある。スタミナによる束縛など無いに等しい。
 されど〝心〟は、そうではない。
「何処だ……何処に行ったんだ……レマリア」
 回廊の石段へと腰掛け、呟き耽る。
 まるで不安定で脆い印象であった。普段の孤高は見る影も無い。
 現在の彼女は、単に無力な少女に過ぎない。

もっとみる
スキをして頂き有難うございます。 創作モチベーションが上がりました。
2

【小説】星の吸血記 第十二話 これからどうしよう

 電気街駅発の、出発を待っている電車の中で、タクヤに色々と聞いてみた。
 静ちゃんと付き合った経緯。そして付き合っていた期間の過ごし方。
 なんてことない、普通の恋人達の出会いと日常だ。
しかも清い交際を続けていたらしく、まだ手を繋いだだけという……。
 セックスは最低限度しかしていないってのは、俺の知らない彼女との話だったのね。

 今思えば、清い交際で正解だったのだ。
 ベッドに入った途端にが

もっとみる

【溺れる君】ゲーム

一番最初



番外編

 ここでも詰め込むのは良くないということで、晩ごはんまでゲームをするんだ。

今日はモノマネ選手権で、お題は『猫』。

まずは自称猫好きでモノマネの実力は自他共に認めるくらい上手い夜彦。

「ニャオーン!」

夜彦は急に叫んだ。

「さい、あく!」

厳しく吐き捨てるようちゃん。

「どげざしたら、ちゃんすあげるわ」

真昼も鋭く睨んだ後、ニヤリと笑う。

「申し訳ござ

もっとみる
スキ、ありがとうございます😊
3

【溺れる君】再現

一番最初



番外編

 「初めは扮装だと思うたのでございます」

夜彦と帰ってくると、真昼とようちゃんも合流して会議を始める。

文章部門の夜彦、イラスト部門の真昼、写真部門のようちゃんは僕をモデルにして作品を深めていく。

アイデアを出す時は夜彦の部屋、まとめたい時は真昼の部屋で開催される。

今は仮決めのページを読んでみて、確認しているんだ。

「しかし、白色の絹の衣は涙のようにほろほろ

もっとみる
ぼちぼちいきなはれ
3

【溺れる君】特殊能力

一番最初



番外編

 「そうでございますか。トトとカカのお話を聞いたのでございますね」

帰りは僕の話を聞いてくれる夜彦。

でも、夜彦は大人の余裕を感じる笑みを浮かべている。

僕はちょっとショックを受けたのに。

「夕馬はトトが苦労人だったこと、カカが自分と同じ扱いを受けていたこと、そして自分の兄だったことが衝撃だったんでございますね」

僕の心を読んだかのように言うから、僕は目を見開

もっとみる
スキ、ありがとうございます😊
3

《映画紹介》ニートの吸血鬼達が送る愉快な共同生活「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」(2014)

皆さんはご存知だろうか。

職に就かず、ひっそりとシェアハウスを送るヴァンパイア達の存在を。

今回ご紹介するのは「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」です!

・この映画について

ヴィアゴ(379歳)、ヴラド(862歳)、ディーコン(183歳)、ピーター(8000歳)はニュージーランドでシェアハウスをしている吸血鬼だ。

みな無職である。

楽器を演奏したり踊ったり、街へ繰り出したり、狼男達に

もっとみる
またのお越しをお待ちしてます!
1

【溺れる君】文潟の歴史

一番最初



番外編

 「ここの先住民だったオーラヴはオーロラを両親と観るのが大好きで将来は天文学者になって世界中の空を観測するのが夢だった」

「しかし、吸血鬼だった両親はハンターに殺され、オーラヴは日本へと売られてしまった。日本国籍をとった彼は朝日百樹へと変わったんだ」

僕はその名を聞いて、ヒュッと変な風に息を吸ってしまった。

トトが関わっているなんて思いもしなかったんだ。

「白い

もっとみる
やんべにやっぺし
5