第7回 資本政策と株主の関係 / プレイドIPOの軌跡

こんにちは、プレイド Legalチームの澤井と申します。
いつもお読みいただきありがとうございます。
今回は、普段、私が注力しているガバナンスの視点から、プレイドのIPO終盤での資本政策と株主の話にフォーカスしてみたいと思います。

プレイドのガバナンス

「ガバナンス」って、人によって様々な捉え方があるワードだと思います。
プレイドでも考え方が統一されているわけではなく、その捉え方や思いも日々ア

もっとみる

#243「ビジネス頭の体操」 今週前半のケーススタディ(3月15日〜3月17日分)

はたらくおとな向け。普段の仕事と無関係なケーススタティで頭の体操。
その日にちなんだ過去の事象をビジネス視点で掘り下げています。
普段の仕事を超えて、視野を広げ、ビジネスの頭の体操をするのにぴったり。
考えるための豊富な一次情報やデータもご紹介。

 →部分は、頭の体操する上での自分に対する質問例、です。

3月15日(月) 二極化が加速する1.4兆円の靴市場!?

日本靴連盟が1932(昭和7)

もっとみる
スキありがとうございます!
33

知財マーケットは成立するか

週末、米国で主催されている勉強会に参加する機会があり、IP Exchange Marketについての議論があった。当方も21世紀に入って弁理士になりたての頃に日本版のMarket設立に参画したことがあったが、文化が違いすぎていて、時機も尚早すぎた(いまでもそうかも)ので、途中で立ち消えになった。ただ、その時に得た知識や経験を活かし当時はまだ特許事務所では(いまでもそうかも)誰も扱っていなかった知財

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアをお願いします。
1

だらしないサラリーマンへ、1万円~3万円の革靴でリーガルをお勧めする理由

社会人経験10年目を迎え、3,000円~30,000円の革靴を10足以上履いてきた経験から、結果REGALが一番だなぁと思う理由を3つに分けて紹介します。

20代前半~30代前半のサラリーマン向けです。あくまでも初心者~中級向けですので、こだわりの強い上級者様からは批判いただく内容かと思います。

①革が圧倒的に固い。

こちら賛否両論かと思いますが、高いのに革が薄い靴はメンテナンスが必須。シュ

もっとみる

知財アナリスト(コンテンツ)

このほど、知財アナリスト(コンテンツ)に登録されました。http://ip-edu.org/ipa_con?fbclid=IwAR2lm0UqBEc2YDbM0eLdRWrIcs43-GJeX1m5by_eH5PdtgjgtbBTRD9BAXg

同じ知財といっても、特許とは対極にある分野。しかし、ビジネスはそんなこと関係ないし、LLMを取得したときも、そもそも区別しない局面も多いことを再認識した

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアをお願いします。
2

連休中の過ごし方のご提案「5分間でも靴磨きをしてみませんか」正則学園の未来に繋がる100のLesson『リトルジェントルマン養成講座』シリーズ1:靴

新たな時代を創るリトルジェントルマンの育成を目指して『未来へ繋げる100のLesson』の授業を正則学園が展開中。
おしゃれは足元からという言葉にあるように、最初の授業は「靴」が題材。
前半は靴についての歴史や種類、有名ブランドを紹介。そして学校指定靴でもあるKENFORD(リーガル社)の特徴でもある踵の説明もポイント!
後半は生徒自身が実際に登下校で履いている指定靴を入学時に同窓会からいただいた
もっとみる

Merci beaucoup!
38

法務部って何してる人?仕事内容と難しさについて。

私は新卒から6年間、法務部で仕事をしています。

現在勤めている企業の規模としては、従業員が全体で数万人いる規模ですが、法務部の人数は30人程度です。こうしてみると、法務部は世間一般でも一般的な職種ではないですね。

今でこそ、若手法務の方を中心に法務の仕事について発信しているブログなども少し増えてきましたが、私が新卒の際に法務部の仕事について知りたくて、「法務部 仕事」で検索しても、全く情報が出

もっとみる
ありがとうございます!とてもとても励みになります。
10

【ビジネス法務実践編】コロナ禍での外国籍人材活用

前回のnote”【1時間で分かる】最先端ビジネス法務”では、最先端ビジネス法務を、フレームワークに沿って体系的に書きました。実務でも役立つようにできる限り具体例を多く書くよう心がけましたが、どうしても理論中心となってしまいました。サッカー観戦で解説者の話をいくら聞いていも、実際にボールを使ってシュートしなければゴールできるようにならないように、理論と実践は常にセットであるべきです。理論は実務の中で

もっとみる

【1時間で分かる】最先端ビジネス法務

このnoteでは、中小・零細企業の経営者や経営企画・総務・法務担当者の皆さまに向けて、企業経営の視点から見た『最先端ビジネス法務』について、分かりやすい教科書のようにまとめようと思います。ざっと流しながら読めば1時間もかからず読むことができると思います。しかし、1時間程度掛けてじっくり理解していただければ、専門書を何冊も読んでも得られない実践力が付くことをお約束いたします。

まず、簡単な自己紹介

もっとみる