リンツ 『ピック&ミックス』から  【商品分析➄】

7/1、ルクア大阪にオープンしたスイスのチョコレートブランドの『リンツ  ショコラ  カフェ』の視察に行ってきました。

 まずは、お店の中心部にある『ピック&ミックス』量り売りから、口どけが楽しめるブランドの「リンドール」をはじめ、ナッツなど厳選された材料を贅沢に使用した食感の妙が楽しめるブランドの「ヨーロピアンス ペシャリティーズ」を試してみました。

 くちどけがとてもなめらかで、やさしい味

もっとみる

鰻屋さんでうな重を食べなかった。

多分初めてのことだと思う。ここ数年、誕生日のお祝いは鰻を食べているのですが、今年は渋谷のうな鐵さんで、ここはうな重もあるけど、どちらかというと飲み屋さんな感じ。

なので、鰻の色んな部位を駆使で頂きました。くりから、ヒレ、串巻とか見たことや知っているのもあるけど、食べてみると美味しかった。

もちろん、蒲焼き、白焼きもいただき、あと塩焼きってのもあったので頂いた。塩焼きも美味しかったなぁ。

で、

もっとみる
この記事を見つけ、さらにスキなんて!ありがたい!!

6/30という数字から、灰色の背景に青から赤みの強い紫のグラデーションをかぶせて透明なレジンで固めたドロップを想像した日。7/1は停滞してたどろどろがすかっとするイメージ。今日はロープレ三昧でした。リンツの食べどきは、まだ形を保ってるけど中は溶けてるあの温度ですね。美味しいよね。

私もす、、、、、、きらいじゃない(照)
4

リンツのチョコおいしー✌️🍫🍫

可愛くてカラフルでおいしいです

Amazonでも袋付きで届き…

厳重に梱包されており…

中はキャンディみたいにカラフルでキラキラ🍬

夢がある

一粒はこんな感じ。爪長いですね。

みっつでこのボリュームです

あけるとこんな感じです
フレーバーがひとつひとつちがくてめっちゃたのしいです

あととてもおいしいし、2、3個で満足感がヤバいです

大事に食べまーす!おやすみなさい!

もっとみる

21歳のヨーロッパひとり旅28_(1989年の夏 45日間)

●アンナさん達と別れる
(1989.8.11)
 アンナさん、おばあさん他、お世話になった親戚の方々に心から感謝して、昼過ぎにリンツを離れる。
 駅のホームで、きれいな小皿をお土産にもらった。おばあさんが「またいつか、ではなくて、またすぐに来てね」と言ってくれた。皆さん、どうぞお元気で。
 再びウィーンを観光(美術館、リンクの外側、公園など)して、行く予定のなかったチューリッヒ行きの夜行列車21時

もっとみる
ありがとうございますm(_ _)m
2

21歳のヨーロッパひとり旅27_(1989年の夏 45日間)

●アンナさんちで1日のんびり
(1989.8.10)
 昨日は午前中雨が降り、午後も曇って夜霧が深かったが、今日は穏やかないい天気である。夏だが、なぜかうららかな春の陽気のような感じ。

 お昼も済んだので、イスを家の外へ持ち出し草原で日向ぼっこをしているところである。
 となりでは、アンナさんの家にいつのまにかすみついてしまったという2匹のネコが、ゴロゴロのどを鳴らしながら寝そべっている。
 時

もっとみる
読んでくれてありがとう!

21歳のヨーロッパひとり旅26_(1989年の夏 45日間)

●ウィーンでクリムトを鑑賞
(1989.8.9)
 アンナさん手作りのプラム入りパンケーキとハムサンドを持って、今日はウィーンに行った。リンツから列車で2時間の距離だ。

 ウイーンは世紀末芸術のメッカ、ということでクリムトやエゴン・シーレの絵を見に行く。その他、いくつかの建物や教会を回った。

 街の中心的存在のシュテファン大寺院内に入ると、ちょうどパイプオルガンの演奏をやっていたので椅子に腰掛

もっとみる
スキありがとうございます😄
1

21歳のヨーロッパひとり旅25_(1989年の夏 45日間)

●オーストリアで友人に再会
(1989.8.8)
 It's morning. というわけで、列車の窓から見える景色はもうオーストリアである。
 これまで地中海沿岸を周っていたこともあり、全く雨に降られていない。一度だけローマで降ったらしいが、その日私はフィレンツェに出かけていた。
 遠くの山々に朝靄がかかり、少し曇っている。
 オーストリアの家並はとても可愛い。こじんまりはしているが、几帳面な美

もっとみる
めちゃ嬉しいです😆

ザンクトフローリアンで国際オルガンコンクール

来年、ザンクトフローリアンで国際オルガンコンクールがあるそうです!

ザンクトフローリアンのFacebookによると、期間は2021年8月1日から4日。1985年8月1日以降生まれの人が応募できます。優勝賞金は4000Euro、二位は3000Euro、三位は2000Euroだそうです。もちろんブルックナーオルガンを演奏します!

Augustinus Franz Kropfreiterの名を冠した

もっとみる
Thank you so much!
1

リンツ(Lindt)の「オーナー」であることを、5年以上知らないままでいた

仰かおるさんのこちらの記事を拝見して、私はめっちゃくちゃ嬉しく感じました。リンドールがこんなにも喜びや楽しさ、幸せをもたらしていることに。

noteで探してみたら、こんな記事もありました。

いやー、こんな風に評価してもらえるなんて、嬉しい限り。リンドール、スゴいやん!

リンドールが褒められると、私はとても嬉しく、ちょっぴり誇らしくさえ思います。

なぜなら、

私はリンドールを提供しているリ

もっとみる
わっしょい!わっしょい!
16