世界に旅立ちたくなる写真 ③(トップ画 :タイ)

「カンボジアにもあったんだ」
国:カンボジア
撮影者:あっちゃん
解説
アンコールワットなどの遺跡群に注目されがちなカンボジア。プノンペンから西へ車で5時間、フェリーで1時間の場所にあるロン島、ロンサレム島。

「ヒッチハイクをする価値」
国:アルバニア
撮影者:mai
解説
ここは、かなりの強者バックパッカーが訪れる池。たどり着いたあとは、帰りのバスが無いのでヒッチハイクをして街まで戻る必要があ

もっとみる
オークン チュラン👍(クメール語でありがとう)
13

この世の天国がそこにはある。

オーストリア第二の都市グラーツから電車とバスを乗り継ぐこと2時間。

リーガースブルクという片田舎にポツンと立つその天国は、人生を善く正しく生きていなくても入ることができる。

ただし、事前予約と一人17€(約2000円)の支払いが必要だ。

かわって日本には天国ではなく地獄がある。そこは血の池地獄やらかまど地獄やらとコースがたくさんあるのが特徴だが、オーストリアにある天国で選べるコースは一つだけ

もっとみる
ありがとうございます!感謝!!
2

エンジニアへ31の質問〜Gerald Gmainerさん〜

子供の頃からアニメやゲーム、漫画が大好きで日本に憧れていたというオーストリア出身のGeraldがデザイニウム会津オフィスにジョインしました✨ドラゴンボールが大好きという彼に、早速インタビュースタート!

1. 出身はどこですか?
  オーストリアです。住んでいたのはちょっと大きな街ですが、小さい国なので日本の街と比べると小さいですね。

2. どこで仕事をしていますか?
  自宅です。福島県の磐

もっとみる
スキありがとうございます!
12

意外と知られていない!?ECCの美容学校

私は英語を使って美容の仕事がしたい!と思い、大阪にあるECC系列のECCアーティスト美容専門学校に入学しました。そして在学中の試験に受かり、スカラシップ制度をもらうことができたため、オーストラリアにあるブリスベンへ語学留学しました。後ほど書こうと思いますが、この時の体験で私はオーストラリアの虜になりました。

語学留学を支援してくれるなんて美容学校の中ではかなり珍しいと思います。

美容も英語も学

もっとみる

~Rd.1 Austria~ その壱

いよいよ開幕ということで、
今日から開幕の地、オーストリアに向けて
移動を始めております。

今まではオーストリア出張となれば飛行機移動
だったのですが、コロナの影響とレースカレンダーの
兼ね合いがありまして、今回は全行程車移動と
なっております…。

今日の行程としてはイギリスのファクトリーを出発。ドーバー海峡を電車で超えて、そしてヨーロッパ大陸をひたすら東へ進み、1日目の宿泊地ドイツ、ケルン近

もっとみる
励みになります!
3

私が旅した国の鉄道(6)世界の国内鉄道も味わい深い(ヨーロッパ編)

ハンドメイド作家のPlava Stabloこと、青木弘之です。

私が今まで旅行した国々の鉄道写真をお披露目するシリーズ第六回は、世界各地で乗車した昼行列車でも、国内のみを走る列車を取り上げようと思います。

※以下は、前回の昼行国際列車の記事です。

1.フィンランド

2009年のGWに旅行した際、ヘルシンキからロヴァニエミまでは夜行列車を利用したのですが、帰りのロヴァニエミからヘルシンキまで

もっとみる
お読み下さり、とても励みになります!
4

3週間。家空けますんで。

さぁ。いよいよです。
明日、月曜日からトータル3週間にも及ぶ出張が始まります。

コロナの影響で延期になっていた開幕戦に向けて、
月曜日からまずオーストリアに向けて出発です。
前にも少し書きましたが、今回は出張行程すべて陸路となっております……。
なので明日、明後日の月、火曜と2日かけて、
イギリスからオーストリアへと移動するということになっております。

そしてオーストリアで2週間滞在、
各週末

もっとみる
スキありがとうございます!
4

【訪れてハマった都市③】ハルシュタット

こんばんは。
本日は昨日書いた記事のザルツブルクから2時間ほどでアクセス可能な、ハルシュタットという町をご紹介します。
これまで13か国30都市以上を訪れたことがありますが、ダントツでおすすめしたい場所です。
生きている間になるべく多くの都市を巡りたい派なので、基本的に1都市1回で満足するのですが、ここだけはもう一度だけ何としてでも行きたいと思っています。
それではご覧ください。

★★★

世界

もっとみる
フォローしていただければもっと頑張ります😉
11

20.オーバーラー・クアバド・トルテ(オーストリア)
ウィーンにいる間はひたすらカフェでケーキ食べてる。ごはんも重すぎなくて美味しいし、ヨーロッパで一番食べ物が好みの国かもしれない。

ありがとうございます!
4