人口2000人の地域、相模原市緑区にてミニコミ誌を発行しました
+6

人口2000人の地域、相模原市緑区にてミニコミ誌を発行しました

はじめにこんにちは。藤野やまなみプロジェクトです。 私たちは法政大学多摩キャンパスのボランティアサークル「たまぼら」内の学生プロジェクトで、神奈川県相模原市緑区牧野を中心に地域活性化を目的とした活動をしています。同地区の人口はおよそ2000人。自然と芸術文化の豊かなところです。 ミニコミ誌を作ることになったわけ地域で活動をしていると、地域の方々から新たな活動やイベントの参加のお誘いが来ることがあります。「ウチの裏に使っていない空き地があるんだけど、そこで畑をやってみないか」

スキ
5
【お知らせ】沼津のミニコミ誌 月刊イヌ時代に寄稿しました

【お知らせ】沼津のミニコミ誌 月刊イヌ時代に寄稿しました

ドーモ。ブラフ=サン、デス。 noteで短編怪談などを書いている者だ。最近ちょっとサボり気味。 なんとこの度、静岡県は沼津市の「月刊イヌ時代」というミニコミ誌に書き下ろしの怪談3編を収録していただきました! 掲載タイトルはこちら! ・くらやみ ・スギコシくん ・塗り忘れたから 月刊イヌ時代には以前も「陰毛論」なる怪文エッセイを載せていただいたんですが、それにしても自分の書いた文章がちゃんと値段のついた冊子に載るというのは非常に嬉しいもんですなー。 そして月刊イヌ時代も

スキ
7
「たぬきケーキ」って知ってた?

「たぬきケーキ」って知ってた?

「たぬきケーキ」にスポットを当てた、日本各地に生息する「たぬきケーキ」を紹介しているミニコミ誌「たぬきケーキめぐり」が創刊されたのが、2013年3月。現在の最新号は、第6号。 当店では、現在5号と6号をお取り扱いいただいてます。 既に完売の記念すべき創刊号では、青森県弘前市で唯一生息が確認されているチボリ洋菓子店さんの「チョコ タヌキ」が掲載されていました。 はじめてこの冊子を手にしたのが、盛岡のギャラリー。こんなストイックな方が青森にいるなんて!と衝撃を覚えたのが、もう8

スキ
5
僕の不幸は蜜の味

僕の不幸は蜜の味

コミュニティカフェ・Switchさんのミニコミ誌で取材していただいた文章が、noteでも読めるようになりました。ぜひご覧ください!

スキ
3
かなたより|髙山文彦

かなたより|髙山文彦

文・髙山文彦(作家) 故郷の仲間たちと『かなたのひと』という記録文芸誌をつくりはじめて2年目になる。いずれ田んぼの畦道とか梢の陰に隠れてしまうであろう山の者たちの泣き笑いの声を、紙の上(いずれ電子版も)に残しておきたいと思ったのだ。 九州山地の中央部、宮崎県高千穂町の仕事場に、4人の編集部は校了期に集まって作業をする。みんな仕事をかかえているし、素人だし、発行は年1回とゆるくしている。 今年3月末の発行で、やっと2号目なのである。去年の創刊号は初版1000部が数カ月で完

スキ
7
自分に取材「ライターはじめの一歩!」その2。〜取材で大切なこと、印象的だったこと。そして次のステップへ〜。

自分に取材「ライターはじめの一歩!」その2。〜取材で大切なこと、印象的だったこと。そして次のステップへ〜。

こんにちは。川野です。 令和川野が、ライター業を始めたばかりの平成川野へインタビューする形式でお届けします。 地元密着型ミニコミ誌のライターとなった平成川野。自分が住んでいる地域には、気になる施設がいくつもありました。また、生まれも育ちも同じ市内だったこともあり、PRしたい施設やお祭りもいろいろ。今回は印象的だった取材やそこでの気づき、また、次のステップについてお聞きします。ちょっと長くなりますが、一気に進めていきます! 私のWebサイトはコチラ→ http://www.

スキ
7
自分に取材(^^)/ 「ライターはじめの一歩!」Q&A形式で書いてみた。

自分に取材(^^)/ 「ライターはじめの一歩!」Q&A形式で書いてみた。

こんにちは。川野です。 「ライターはじめの一歩」を書いてみたものの、なんだかしっくりこないので、同じ内容を令和(2020年)の私が、平成(1998年)の私にインタビューするQ&A形式で書き直してみました。一人称で書いたものとQ&A形式で書いたものとの違いを楽しんでもらえたらと思います。 *私のWebサイトはコチラ→ http://www.opato.info Q:(令和川野) 現在、複業スタイルでお仕事をされている川野さんですが、最初のお仕事は取材原稿だったそうですね。ど

スキ
7
私のライターはじめの一歩!ミニコ誌01

私のライターはじめの一歩!ミニコ誌01

こんにちは。川野です。今日は私のライターはじめの一歩について。当時の状況についても語ります。 私のWebサイトはコチラ→ http://www.opato.info ◎固定報酬5,000円のミニコミ誌のお仕事。 私のライターとしてはじめの一歩は、大手新聞の販売店が集まって立ち上げた地域密着型のミニコミ誌(月1配布)でした。コンセプトは、主婦層向けに、同じ目線の主婦ライターが地元を取材して情報を届けるというもの。ライター自身が住んでいる地域の公共サービスやイベント、話題のお

スキ
8
紙メディアは侮れない。開催案内には地元の広報・ミニコミ誌の活用を

紙メディアは侮れない。開催案内には地元の広報・ミニコミ誌の活用を

みなさん、例えば遺族の分かち合いの場やグリーフケアの活動を周知するのに、いまのところ、最も効果のあるメディアはなんだと思いますか? わたしは仙台で活動をしていた時に初めて参加される方へずっと、「この場をどうやって知りましたか?」と訊ねてきました。その結果最も多かったのが紙メディアでした 特に地元紙や、地元のミニコミ誌、そして行政の広報紙に掲載された記事や開催案内の名前がよく出てきました 当時はわたしも、ネットを使ってバンバンお知らせを出さねば!。ネットこそ広報に使えるっ

スキ
3
山﨑まどか「山﨑ノ箱」の続きが待てない!
もっと山﨑まどかの漫画を見たい! という皆様、
まどかさんと山谷のすてきなお仲間たちが発行されている「あじいる」を是非 山谷の仲間お一人お一人を主人公にしたライフヒストリー冊子です。
https://ashiato-project.jimdofree.com/%E8%B2%B7%E3%81%88%E3%82%8B%E5%A0%B4%E6%89%80/

山﨑まどか「山﨑ノ箱」の続きが待てない! もっと山﨑まどかの漫画を見たい! という皆様、 まどかさんと山谷のすてきなお仲間たちが発行されている「あじいる」を是非 山谷の仲間お一人お一人を主人公にしたライフヒストリー冊子です。 https://ashiato-project.jimdofree.com/%E8%B2%B7%E3%81%88%E3%82%8B%E5%A0%B4%E6%89%80/

スキ
13