tanpopost

こんにちは、たんぽぽです。 こちらはほぼ10年前までブログ『tanpopost』に掲載…

tanpopost

こんにちは、たんぽぽです。 こちらはほぼ10年前までブログ『tanpopost』に掲載していた記事を 復刻版としてご紹介したいと思っています。 長らく押入れの奥に眠っておりましたが 虫干ししてみると、まだ何とか使えそうな感じです。 よろしくお付き合いくださいましたら幸いです。

マガジン

  • 気になる・・【選】#3

    気になるコラム・エッセイ、散歩写真

  • 気になる・・【選】#2

    気になるシリーズ 第2弾 【気になる】シリーズは散歩の途中に見つけた、何でもないようなものを何とかして面白がってみようとする、写真と小話のコラボ企画です。2004~2011年にかけての投稿記事から【選】としてお届けします。お付き合いいただければ幸いです。

  • 気になる・・【選】散歩写真

    【気になる】シリーズは散歩の途中に見つけた、何でもないようなものを何とかして面白がってみようとする、写真と小話のコラボ企画です。2004~2011年にかけての投稿記事から【選】としてお届けします。お付き合いいただければ幸いです。

  • フグタ社長業務日誌(10)

    このシリーズは2007年9月~2008年9月までの1年間にわたる、福田康夫総理の「首相動静」を基にしたフィクション(パロディ)です。 ※いよいよ9月、局面は最最終盤へ。退任までの慌ただしい動静を追いかけます。さてフグタ社長の命運はいかに・・・?。(巻10は自2008年8月1日~至9月X日)

  • フグタ社長業務日誌(9)

    このシリーズは2007年9月~2008年9月までの1年間にわたる、福田康夫総理の「首相動静」を基にしたフィクション(パロディ)です。 ※5月からは後編となり、9月退任までの慌ただしい動静を追いかけます。さてフグタ社長の命運はいかに・・・?。(巻9は自2008年6月1日~至7月31日・2箇月分)

最近の記事

散髪の鬼

気になる・・0172【選-58】2005年8月30日 (火)  「はんにゃ」漢字で書くと「般若」、一般的には鬼のこと。  このお店の散髪に対する意気込みを示しているのか、店主の顔が鬼に似ているのか、あるいは散髪してもらうと鬼のような髪形になるのかは分からないが、いずれにしても少しコワイ。  もっとも般若には「最高の智恵」という意味もある(お経の「般若心経」がそれですね)。  ひょっとしてすごい散髪のアイデアがある、という可能性もあるが、一休さんみたいになる可能性も高い。どっ

    • お品書き

      気になる・・0169【選-57】2005年8月13日 (土)  「冷麺アリます」とか、よく定食屋さんなどの壁に貼ってありますよね。白地に赤い縁取りの紙に書かれたお品書き。これ、それっぽい。  アパートの玄関先です(ちらっとピンク電話が見えています)。入居募集の貼紙ですが、大家さん、何か手頃な紙がないかと探したのでしょう。で、きっと近くのホームセンターで見つけましたね。

      • くつろぐ俊ちゃん

        気になる・・0163【選-56】2005年7月29日 (金)  都心のタワーマンションでは、こんなリッチな時間が待っている。と、くつろぎのナイトライフをエンジョイしているのは、俊ちゃんことT俊彦さん。しばらくぶりですがお元気そうで何よりです。  しかし、このマンション、物件が気に入っても俊ちゃんがキャラクターだと買うのが恥ずかしいという声も多いのでは・・といらぬ心配をしてしまいます。  すべてフィクションなのかもしれませんね。だから、こんな冗談のようなポーズで写真を撮ってい

        • ひょっとして同じ車?

          気になる・・0154【選-55】2005年6月29日 (水)  昔、LAのサンセット・ブルーバードをブイブイ走っていた車は、時を経て太平洋を渡り、遠い異国の地で第二の人生を送っている。しかも大阪・・。  写真はハードロックカフェです。入口のところのディスプレイ。派手なアメ車が壁面からドーンと顔を出している。  USJの近く(ユニバーサルシティ)で上の写真を撮って、はて。と思ったわけです。どこかで見たような・・。軽い疑惑。ハードロックカフェは御堂筋(中央大通の角)にもある。で

        マガジン

        • 気になる・・【選】#3
          0本
        • 気になる・・【選】#2
          33本
        • 気になる・・【選】散歩写真
          22本
        • フグタ社長業務日誌(10)
          9本
        • フグタ社長業務日誌(9)
          6本
        • フグタ社長業務日誌(8)
          6本

        記事

          夫婦善哉

          気になる・・0153【選-54】2005年6月24日 (金)  「行き暮れてここが思案の善哉かな」   大阪はミナミの法善寺横丁。小説「夫婦善哉」で有名な織田作之助の句碑である。  「夫婦善哉」は、もちろん「めおとぜんざい」と読む。常識である。中には「ふうふよきかな」と読んで笑わせてくれる人もあるが・・。  それはさておき、この句、「善哉」は何と読むのだろう。  「ぜんざいかな」だと字余りなんですよね。というより意味がつながらない・・。「よしや」と読むという説もありますが・

          夫婦善哉

          右だと思う・・

          気になる・・0152【選-53】2005年6月23日 (木)  ビルの大きなガラス窓の案内ディスプレイ。  矢印の方に曲がるのは、どう考えても「右折」です。「左折」じゃない。多分パッと矢印を見て「右」だと判断するので、頭は勝手に「左折」を「右折」と読んでしまうのでしょう。  こう堂々と立派に書かれていれば(しかも一流企業のロゴがある)、誰も正しいと思いますよね。世の中、常識だと思いこんでいるところに、落とし穴がある。

          右だと思う・・

          ハートに火をつけて

          気になる・・0146【選-52】2005年6月13日 (月)  誰かが思いついたのだろうなあ。使い捨てライターに何か付加価値は付けられないのか・・と。  「デジカメにケータイ機能を付けたらどうでしょう?」というボケがあったが、商品企画会議で「ライターにライトを付けたらどうでしょう?」と真面目に提案する勇気ある社員は恐らくいない。  多分社長とか部長とか、えらい人が言い出した。  「ライト付きライターいけるんちゃう? 私のハートに火をつけて♪ うふっ、とか言われたりして・・」

          ハートに火をつけて

          注意書きの増殖

          気になる・・0143【選-51】2005年6月 9日 (木)  『たばこ規制枠組条約』が発効したので、JTの煙草も国際ルールに合わせて警告スペースが拡大された(条約第11条:複数の文言をローテーションで、大きく読みやすく、主たる表面の50%以上を占めるべきであり30%以下では不可)。  今回は煙草だが、多分こういう注意書きはどんどん増えていくのだろう。  例えばお酒。  「このビールには、あなたの健康に害を及ぼす可能性のあるプリン体が含まれています」  「アルコール摂取は、

          注意書きの増殖

          塀の向こう

          気になる・・0139【選-50】2005年6月 4日 (土)  「生まれる場所は選べないけど・・」 と、彼は言う。高いブロック塀と建物の、ほんのわずかな隙間に種が落ちて根付いてしまったのだ。  暗く絶望的な日々。しかし彼には一縷の望みがあった。灰色の塀の一角に、ポカンと空いた四角い窓。そこからはいつも風が吹いてきた。楽しげな声も聞こえてくる。  「幼稚園のバスだ」 ときどきガスメーターが外の様子を教えてくれた。  月日が流れ、彼は成長した。いつしか窓の高さまで背丈が伸びた。

          塀の向こう

          壁からクルマが・・

          気になる・・0136【選-49】2005年6月 2日 (木)  左官屋さんが、クルマが停まっているのにもかかわらず、強引に壁を塗ってしまった。違う。   壁に、クルマの頭が貼り付けてある(鹿の剥製状態)。違う。  ハードロックカフェである。もちろん違う。  よく見ると、シャッターの下の壁に穴が開いている。クルマのカタチに切り抜いてあるのだ。  つまり、何らかの事情でガレージにクルマが収まりきらなくなった。そこで、取り外しができる壁を作って、シャッターは途中まで下ろす。はみ出

          壁からクルマが・・

          喫茶店の生き残り

          気になる・・0135【選-48】2005年5月31日 (火)  「♪君とよくこの店に来たものさ~」と、昔『学生街の喫茶店』という歌が流行った(byガロ、1972年)。その頃、行きつけだった喫茶店は、常連客が浪人生ばかりだったので、マスターがウチは、『学生以外の喫茶店』か・・とよく冗談言ってたなあ。  「♪紅茶のおいしい喫茶店〜」という歌(「ハロー・グッバイ」by柏原芳恵、1981年)もあったが、さて、この店は「♪生ビールの安い喫茶店」として生き残りを図るつもりのようだ。  

          喫茶店の生き残り

          「ゴミゼロ」の日

          気になる・・0134【選-47】2005年5月30日 (月) 向かって右: おい若けえの、でぇじょうぶか。傾いてるんじゃないか? 向かって左: あ、こりゃどうも。ちぃと日が当たるもんでバテ気味なんすよ。 向かって右: あんま無理すんじゃねえよ。身体こわしちゃおしまいだぜ。 向かって左: それより父っつあんこそ、足はどうなすったんで・・ 向かって右: はは、ちょいとドジ踏んじまってな。年取ると、もろくなるもんだな。 向かって左: 気ぃつけておくんなさいよ。 向かって右: あり

          「ゴミゼロ」の日

          緊急パトロール

          気になる・・0130【選-46】2005年5月24日 (火)  「3号車、ただいま到着っ!」  「遅いわよッ三田さん!!」  待っていたのは安全パトロール隊2号車の西村である。  「もう1号車の伊藤さんは中よ!私たちも急ぎましょう」  つい今しがた、緊急招集された3号車三田は、まだ状況を把握していない。安全パトロール隊とは、子どもたちの安全を守る運動の一環で、ママチャリの荷物かごに目立つ印をつけ、街を走ることで地域の目が光っていることをアピールしている(はずである)。  「

          緊急パトロール

          小学生の視点

          気になる・・0116【選-45】2005年5月 3日 (火)  社会のルールやマナーを学ぶ教育の一環として、この小学校では美化委員会が啓発ポスターを手作りして校舎の周りに掲出している(のだと思う)。  煙草のポイ捨ては、してはいけない。愛煙者のマナーとしてだけでなく、火のついた煙草を捨てることは危険行為である。吸い殻はちゃんと灰皿へ。小学生だって、そう思っている。  ところで、このポスターの図柄を見ると、ポイ捨てしているのはすべて女性である。さらに左下のミニスカート、ルーズ

          小学生の視点

          いいお天気で

          気になる・・0111【選-44】2005年4月27日 (水) 「こんにちは」 「あ、どもども」 「珍しいところで」 「雨が上がっちゃって」 「みなさんもおそろいで」 「そう」 「そう」 「で、ここで」 「そう、ここで」 「私もですよ」 「しかし、」 「当分このままですかね」 「いいお天気ですからねえ」 「あはは、まあいいんですけどね・・」

          いいお天気で

          忘れられたページ

          気になる・・0108【選-43】2005年4月26日 (火)  誰かが忘れていったのだろうなあ。道端の漫画雑誌。  捨てた、といってもいいが、「捨てる」となると分別しないといけない。だから(面倒なので)、「置き忘れた」のだろう。もちろん、取りに戻る気はない。  風が、吹いた。パラパラと立ち読みでもするように。  そして何ページか進んだところで、止まった。何かが吠えた。

          忘れられたページ