温度差を乗り越える「逆張り研修」

今日も、ありがとうございます!昨日の「逆張り研修論」を読んでくださったみなさま、ありがとうございました。「2020年、今の研修ままでいいの?」と問題提起をしました。今日は一歩踏み込んでみたいと思います。今日の記事を読んでいただくと、「今、研修にどんな問題が起こっているの?」「どんな力を目指して研修していくの?」という2つの問いに、1つのイメージを持てると思います。

▼スタート・クエスチョン

もっとみる
貴重な時間を私の記事のために使ってくださりありがとうございます!
7

目標は高すぎず、低すぎず、背伸びするぐらいが丁度いい3つの理由

志を立てても結果がでない理由とは

いろいろな会社で日本一を目指すとか、打倒ライバル会社とか、地域でナンバーワンになろうと旗を掲げている会社が多くあります。
いいことですし、目的地をはっきりさせることはいいことです。

しかし、その結果が出ている会社は1割ぐらいですね。
5年前と現在が何も変わっていないどころか、業績が悪化してしまって倒産をしてしまう会社も増えています。

これは旗を掲げても行動が

もっとみる

行き詰まったときは。

自分を取り巻く世界が行き詰まったらときは、周りの世界ではなく内側の世界を覗いて見るよう求められている。

それは自分の中の古いやり方に固執している部分や、自分の苦悩に対して自分で責任をとらずに人を非難している部分や、まわりの人を祝福する代わりに判断しているところや、受容的でオープンで寛大である代わりに敵意に満ちている部分がどこかを見つけ出しなさいという声なのだ。

Byオレの殴り書き

めっちゃめんどくさいけど社会人サークルの代表をしている理由と面白さ

かれこれ大学生から社会人サークルとしてバレーボールチームを作り、気づけば代表という立場になっていました。

創立した時は8人ほどでワイワイ楽しくやっていました。その当時は最年少でどちらかと言えば参加させてもらっていた立場。

でも今では初期メンバーは3人になり、その3人の中で最年少の僕が代表としてチームの運営や管理を行っています。

今在籍しているメンバーは42人。これだけ人数を増やしたのも僕がコ

もっとみる

忙しいと腹が立つ

自分の考えてることと違うことをされると腹がたつ
一生懸命な時ほど、そう思うことってありませんかね^^
自分が一生懸命考えてる時ほど、腹がたつ
それは忙しさに追われてるんじゃないかと自分に問うべきです。
忙しいという字は、心を亡くすと書きます。
相手がいてくれて、この仕事ができている
あなたがいてくれるから、今の自分でいてられる
そんな感謝の心を亡くすほど、追われてるってことです。
心に余裕を持ち、

もっとみる

管理職は大局観が必要な4つのポイント

成果はひとりでつくったもの?

とある経営者から、「離職者が増えていることが問題なんです」という相談を受けた。
面接をしていてもよくあることなのだが、栄光の実績を持っている人というのは、実績や成果がでたのは、自分のおかげであるという勘違いをしやすい。
そのため実はひとりで仕事をすすめる人が多くいます。

なぜそうなってしまうのでしょうか。
うまく部下を動かせないこともありますが、他部署との協力関係

もっとみる

ピープル課題に悩む全てのビジネスリーダーに贈る。最高のアウトプットを生み出す、意外と簡単な方法。

価値ある企画。面白そうな企画。儲かりそうな企画。問題を解決するために、絶対に失敗の許されない企画。進退を賭けた勝負の企画。成功するために、どうしても外したくない企画。

そんな企だてを成功させるために必要なものはなんでしょうか?

秀逸なアイデア。やり抜く情熱。困難に負けない根性。資金や情報、それにもちろん、時間。知恵と勇気。不退転の決意。どれも欠かせないものばかりです。しかし、そうしたリソースは

もっとみる
楽しんでいただけたようでしたら、幸いです
6

必要なのは集客の方法じゃない‼️増客の構造を作る事‼️

こんにちは
究極のチームビルデイング
(株)next company の リッキーです

突然ですが質問です

フィギアスケートの羽生結弦選手と
同じくフィギアスケートのキム・ヨナ選手の
共通点って解りますか?
(フィギアスケーターやメダル選手とかを除いて)

はい、実は同じコーチ
ブライアン・オーサー コーチに
指導されていたんです

このブライアン・オーサー コーチは他にも
世界選手権2連覇、

もっとみる

問題を解決するには問題を見てたら解決出来ない‼️

こんにちは
究極のチームビルデイング
(株)next company の リッキーです

売り上げが前年より伸びてない事に対して
なにか集客のやり方だったり

スタッフの定着率が悪い事に対して
人が辞めない為の方法だったり
ばかりを求める人がいますが

でもよくよく話を聞いてみると
そういった人達は
いつも同じ事を繰り返し

次々に
なにか良い方法
なにか新しいノウハウを
漁っていたりしてます

もっとみる

2020年代は逆張り研修が鍵を握る

今日は、教育の話。子どもではなく、大人向けの教育です。みなさんは、職場などで研修を受けていますか?今、研修の形が根本から変わろうとしています。テクノロジーが発達している現在。変化の激しい時代において、これまでの研修のあり方では、不十分ではないか、という見方が強くなっている気がします。今日と明日は、2020年代の研修についてお話します!名付けて「逆張り研修論」。楽しんでください。

こんな人におすす

もっとみる
貴重な時間を私の記事のために使ってくださりありがとうございます!
18