心エコー所見2〜慣れてきたら血行動態を予測しよう〜

 前回の「ざっくり」初心者向け心エコー所見はご覧頂きましたか?かなり大雑把で初学者向けに書いてみました。

 まずは左心系をみよう。EFは大事だよ。弁膜症は重度(severe)以外は一旦様子見ていいよ、というようなことを述べました。今日は、「エコー所見から血行動態を予測しよう」というテーマです。

まず、今日の内容まとめ

① LVOT-VTIで心拍出量を予測しよう!(15以上あればOK!)

もっとみる
スキありがとうございます!
3

心エコー所見〜初心者はどこから見るべきか?〜

 4月になり、新人の多い季節になりました。新人向け研修はどこの病院でもやっていることと思いますが、やはり初心者向けの医学教育が一番ネックではないでしょうか。教科書だと、難しすぎる。また意欲を持って勉強してもらいにくい、、、初学者向けの学習ツールを提供できるよう、連載していこうと思いますので、ぜひ記事チェックをしていただければと思います!!それではまずは心エコー所見からいきましょう!

初心者はどこ

もっとみる
スキありがとうございます!
1

インピンジメントに起因する軟部組織に対する理学療法~総集編~

こんにちは。
藤沢肩関節機能研究会の郷間(@FujikataGoma)です!

今回は肩関節機能研究会主催の
『徹底攻略インピンジメントセミナー』でお話しした
【インピンジメントに起因する軟部組織に対する理学療法】の資料をnote形式にまとめ直して作成したものです.

セミナーでは時間の都合上、話しきれなかったことも全て盛り込んだ記事となっております(^-^)

『徹底攻略インピンジメントセミナー

もっとみる
ありがとうございます!今後も頑張ります♪
36

座っていも、スポーツをしても腰が痛くなる少年

皆さんこんにちは!理学療法士のYoshiki(@PtGekikara)です。

今回の記事は私が経験した症例をもとに記事を記載していきます!題名にもある通り、腰痛がある少年です。

少年で腰痛がある場合は必ず考えるべき疾患は腰椎分離症です。腰椎分離症が進行してしまうと、分離すべり症に移行し、将来の脊髄神経の圧迫や偽関節によりメカニクスの変化が生じてしまいます。

ですが、腰椎分離症を初期~中期で発

もっとみる
thank you very much!!!
6

フィンランドでの出産の話。

長い間noteを書くことができなかったのですが、久しぶりにアップします。
昨年は物件探しを長い間していて年末に引っ越し、そして先月出産しました。海外で初産でコロナ禍で、という特殊な状況下でしたが、わたしなりに感じたことや経験したことを記録しておこうと思います。

妊娠初期はつわりがひどく1ヶ月以上寝たきりで、ほとんど食べられるものがなく、なぜかクロワッサンとブルーベリージュース、シリアル、チョコチ

もっとみる
キートス!✨
14

Die punch fragment

「あれれ?前に橈骨遠位端骨折の変な話しましたっけ?」

まだ書いてなかったぁ😌 ということで

今回は橈骨遠位端骨折エコーの見方&考え方

そして固定~治癒までの症例報告をお届け!

まず橈骨遠位端骨折については

プライトンはお友達でおなじみ!
なおや先生(のこの記事から見返しましょう

そして私の記事もご覧頂ければ幸いです

表題の「Die punch fragment」の解説から

Die

もっとみる
ついでにコメントもよろしくお願いいたします。
7

肩後面の解剖から肩関節可動域制限を再考する!

肩関節可動域制限を考える上で後方組織を突き詰めて考えていくと、奥が深いなって思います。

考えて、調べて、考えて、調べてを繰り返すと自分が知らなかった内容、見逃していたないよう、新たな視点の考え方を発見することができるからです。

そして、その調べた内容と考えを患者さんと共有し、フィードバックを頂き、また考える、調べるの繰り返しです。

今回の記事では、私が考え・調べを繰り返し、特に着目している肩

もっとみる
スキはyoshikiを救います!
9

【15w3d】検診とプレゼントと

15w3d
昨日は2回目の妊婦検診。
心臓は止まっていないだろうか
何か異常はないだろうか
キリキリ考え詰め指折り待った。
まずは尿・血液検査の結果、特に問題なしでほっと一安心。
白血球が異常に高かったが妊婦特有で許容範囲内とのこと。
体重も胸囲も血圧も合格。

待ちに待った腹部エコー。毎回夫も入れてくれる。
前回とは段違いに人間に近づいている。
まさかのお腹で跳ねて皆微笑む。
先生が説明している

もっとみる
私も大スキです!
18

肩峰下滑液包の病態と臨床応用

こんにちは。

肩関節機能研究会の郷間(@FujikataGoma)です。

今回は第二肩関節に存在する『肩峰下滑液包』の病態とその臨床応用について解説していきたいと思います。

肩峰下滑液包には肩関節において重要な”滑動機能”を担う一方、肩関節周囲炎や腱板断裂など様々な病態にも密接に関与する組織です。

本記事をきっかけに基礎的な内容から臨床に落とし込めるところまで一気に覚えてしまいましょう(^

もっとみる
スキをありがとうございます!
17

移植のリアル

こんにちは(^ ^)クマです!

昨日は採卵のリアルについてお話しました。

今日は移植に関するリアルをお伝えしていこうと思います。

◎移植はどんなことをしているの?

移植では体外受精や顕微授精により得られた受精卵を子宮の中に戻していくことを行っています。

子宮内に戻すだけなので採卵のときのような痛みはありません。

人工授精をやったことがある方は、それをイメージしてもらえればいいでしょう。

もっとみる
ありがとうございます😊
6