ウシジマくん

「ウシジマくん童貞問題」解題

ぼくが一筆書きのようにひといきで記事を作成していることはときどき書いてきた。書きながら考えないとあたまがうまく働かない人間なので、書くその瞬間まで、なにを記していくものか決めていない。決められない。たいがい、書いているうちにアイデアが浮かんできて、そこを目標に決めてしまい、そこからは目標点までの、作中描写と地続きな、論理的な解釈を探していくだけである。これは、別にそれが作品の「こたえ」ということな

もっとみる

ウシジマくん童貞問題

※この記事は以前ブログに更新したものと同一です。

ウシジマくんについて書いていくにあたって、ツイッターなどで質問を募集していたので、気になったものをちょっとずつ考えていきたいとおもう。今回は掲示板で質問のあった、みんなが気になるウシジマくん童貞問題。

といっても、最初に断っておきたいことは、本文は「真相を解明する」というような筋のものではないということだ。ほんとうのところ丑嶋が童貞であるかどう

もっとみる

ウシジマくん回想② 梶尾問題

背景から分離し、世界から疎外された人物をめぐる描写は必然的に不足しがちになる、というのが前回のおはなしだった。背景とその主成分、あるいは最小単位において合致した人物像は、作者の、あるいは作品の主体性に導かれるかたちで、目的的に描かれることになる。作品は、「描かれるべきもの」を中心に背景とともに自然に歪んでいく。それは、たとえば、いまわたしたちが過ごしている宇宙が急速に横に伸び始めて、わたしたちを含

もっとみる

ウシジマくん回想① ウシジマ本・柄崎問題・誕生日について

なにも書かずにいるとじぶんがなにものかわからなくなってくるような気がして、要するに自己肯定感が下がって病みがちになってきているような感じがするので、ひとまずなにかやってみる。九月だし、そろそろ真鍋先生の新作情報が入ってきても不思議ではない。そういうなかでいまだに書くと決めたものを書かないのも信頼を失うし、ウシジマくん最終巻と最終話感想、またウシジマくん本を読み返して、おもうことを書いていく。

もっとみる

闇金ウシジマくん 感想

ホリエモンとひろゆきのプレイボーイの対談記事の無料公開部分、毎回読んでるんだけど面白い。

その中でホリエモンが好きな漫画つってた闇金ウシジマくんに興味が湧いて、マンガワンで公開されてたので読んでみた、その感想を書くよ。

なぜ闇金を利用するのか

闇金ウシジマくんはその名の通り、闇金の社長やってるウシジマと、その債務者にまつわる話を描いている漫画。

ウシジマの元には消費者金融で金を借りられなく

もっとみる

自己紹介

【名前】:悪徳起業家
【出身】:東京
【年収】:1800万程
【得意】:人の話を聞く,コツコツやる,楽しいこと企画する
【趣味】:筋トレ,ゴルフ,読書
【興味】:株式投資,資産運用,ライティング系の仕事
【Twitter】:@MIHI_KUL
最終更新:2019年12月2日

プロフィール

はじめまして、悪徳起業家です。
簡単なプロフィールを紹介させてもらいます。

・20歳のときから約3年間、

もっとみる
チャリーン!
12

ドラッカーにも、ポーターにも、ウシジマくんにも書いてあること

平成31年2月21日 毎日ARUYO通信第187回
ドラッカーにも、ポーターにも、ウシジマくんにも書いてあること
~~~~
昨夜は高校クラスメートのY君が出張で東京に来ていたので、夕食を食べました。場所は虎ノ門、【香港麺新記】。たぶん3年ぶりくらいに行ったんですが、中国人の店員さんが、
「あらっ、久しぶりね。全然来ないじゃない!」
って、片言の日本語で挨拶をしてくれました。
「覚えていてくれたのか

もっとみる

ushijimakun

本記事は最後まで無料で読めます。

真鍋先生、お疲れ様でした。
間違いなく俺が読んできた漫画史に強く印象残した漫画の1つでした。

初めて読んだ時の感覚は、Syrup16g聴いた感覚とソックリだった。
特に連載開始時はタッチがものすごく荒々しくて、人間の闇と孤独と凶暴性が今よりもっと痛いほど伝わってきて読んでて鬱になりそうだった。まさにシロップのそれと同じ。
単行本で言うと、俺的には1〜3巻くらい

もっとみる
ありがとう!また是非スキしてくださんま!
10

漫画家批評③真鍋昌平 ここではないどこか

真鍋昌平の初期短篇を集めた『青空のはてのはて』が行方不明になっていて、しばらく探してみたがけっきょく見つからなかったので、もう新しく買いなおして、ようやくこの記事を書くことができるようになった。
といっても、じつをいうとそういう理由がなくても消極的になっていたぶぶんはある。いちおうこのシリーズでは、作家にかんするぼくの考えをおおまかにまとめていっているわけだが、ぼくの真鍋昌平論が単独の記事でまとま

もっとみる