川合大祐

川柳書いています。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』。インスタ→https:…

川合大祐

川柳書いています。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』。インスタ→https://www.instagram.com/kawai.daisuke02 ブログ→https://32mon.blogspot.com ご依頼は 16mon.k.dai@gmail.com まで。

マガジン

  • 週刊web川柳  別冊・非情城市

    川柳を作っています。 「世界からサランラップが剥がせない」 などなど。奇妙な世界を基本、週一回お届けします。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』の人間です。

  • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.7

    2021年11月28日から12月4日までの川柳まとめです。書けなかった日も多いけど、そういうこともあるということで。迷路です。

  • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.6

    先週の川柳まとめ! 精神状態がズンドコでそれを反映した出来になってます。そういうのもまた面白いと思いますよ。笑ってやってください。

  • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.5

    先週の日曜日から土曜日まで。「こいつ、懲りねえなあ」と思っていただければ幸いです。川柳です。

  • 週刊web川柳  非情城市vol.00.4

    日曜更新。一週間の川柳です。今回は全6連作。「変」を味わいたい方、どうぞ。

最近の記事

  • 固定された記事

超次元的実戦川柳講座 X-6 「花咲く助詞たちのキンピラゴボウ・キンピラゴボウたちの花咲く助詞」

 ハロー世界! 超次元的実戦川柳講座です。今日はいきなり「句」から入ってゆこうと思います。一応前置きをしておくと、「は」「に」と言った「助詞」の使い方から、川柳がどのようなイメージ、像を結ぶことができるのか、そのあたりに重点を置いて話を進めますので、ご注意もそちらに向けていただけるとありがたいです。  あ、さらにねんのため。本記事は2024年1月20日に行われた「世界がはじまる十七秒前の川柳入門」の内容を基にしています。この記事を読んで、ご興味をお持ちになった方はどうぞ!→世

有料
770
    • 月とテブクロ(アンブレイカブル)  川柳80句

      顕微する鏡子の家に春の雨 襖絵の超人に雨つづくなり 隕石の命名法をめぐる父子 われついに父と成らざり顕微鏡 要塞を出てゆく車寅次郎 類としてコン・ティキ号に蟹を喰う 英虞湾が電子聖書の在る如く 塁審の総員そろう神の星 どぜう屋をずつと雨打つ神の國 板前が刺した天皇誕生日 しりあがり寿と描く猪木の日 闘魂の筆順忘れ不老都市 都市ガスの都市を客観描写する 墨痕のアノマロカリス愛すべし 落人の里にゾロ目の周波数 フィヨルドがみえない街の井桁屋へ 儀礼

      • 輪廻の蛇(生死)  川柳101句

        果てしなき流れの果ててマッハの忌 さるぼぼのアンドロメダ忌過ぎ去りぬ せんべろに太陽系の模型組み 線を引く贋劇画家に地球光 目黒区のパラパラ漫画やぶく日は 雨のなかこそあど探す誕生日 かねてつの大三角の和をふやす 御厨をあらわしているドリル劇 歯科技師のまじないつづく狐島 朝焼けの西部警察時溶けて 透視図によろこぶジープ蒐集者 童貞が長瀞駅を通り過ぐ 眼鏡屋が悪魔の星に種を蒔く 今はまだ時間のなかに柿の種 吹雪くなか魚類図鑑を買いに行く 芋を喰う

        • パルプ・フィクション(女王蜂)  川柳131句

          家出するオカルティストに螺子の山 鰆飼う神代文字の婦人ふえ 勝平の意味をしらべる夜に雪 構想の豚まんふかす脳の都市 ちゃるめらをボールボーイがただ悟る デデという娼婦が曲げる銀の匙 未踏地に偽装結婚する二月 だん吉の塔に愛情物語 煮魚を延々と書く丹羽文雄 自慰つづく津島修治に雪つもり 手を叩く光合成のあいだじゅう 獣神に詩のうかびつつ北枕 村医者の電話のなかのかみのけ座 晴れた日に山田隆夫が時を超え 霊場をコサキンひとりずつに出る 味噌溜まる北野

        • 固定された記事

        超次元的実戦川柳講座 X-6 「花咲く助詞たちのキンピラゴ…

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 週刊web川柳  別冊・非情城市
          川合大祐
          ¥500 / 月
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.7
          川合大祐
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.6
          川合大祐
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.5
          川合大祐
        • 週刊web川柳  非情城市vol.00.4
          川合大祐
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.3
          川合大祐

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ケージの姉妹都市(どですかでん)  川柳77句

          ジョン・ケージ時間のなかにとろろ摺る 山下の脳の下より虚数の日 魚屋とロイ・シャイダーにうお座来る マゾヒストたちが私道で炙る貝 トリトンの金平糖に病みつかれ かねてつに白痴のボール投げ尽きて 仮の世に言語しかないちくわ丼 ちくわぶを毎刻くれる父縛る 明解句にて語られる妣が国 春よ来いペットショップに居るスネ夫 人の子に宗教上の浮袋 時を超え鰭田鰓美がやって来る 写真家に造語されない早川家 佐清の文体模写に陽は落ちて 核の冬ソルトレークに麩あつまり

          ケージの姉妹都市(どですかでん)  川柳77句

          洪水はわが魂に及び(バッド・ブレインズ)  川柳77句

          わたしの死含み怪獣映画祭 ラーメン屋わたくしとなる映画論 川合家が粉山椒につらぬかれ 明治語で森の羆に語りかけ リタリンの尾行が終わる間氷期 変身のあとのオノデン坊や像 一休の一回きりのシトラス茶 死と生と納豆菌の韻を踏む 公案がつづくヒクソン・グレイシー 武士の世に水掻きを売るずうとるび 春浅く象鼻ながし総会屋 湖池屋の呼名をずっとくり返す オカルトの字数数えるひるごはん あぶさんと同語反復するとろろ 死と生とあと何頭の河馬をみる 柴錬が甲殻類

          洪水はわが魂に及び(バッド・ブレインズ)  川柳77句

          SILENT VOICE(夜のみだらな鳥)  川柳80句

          亀浮いて人造島に春の雪 鬼太郎を座らせて居る事件記者 クレーマーたちの毬藻が酸素吐く 異世界が滅びるまでのかぎかっこ 靴赤き忍者ドイツに潜り込み 崩れおつ氷室冴子のレゴの塔 蛸飯を乱歩夫人が妄想す 春浅しアフリカ象の時のなか 文体が最後に変わるつくね哉 蟹の船貴公子砂の村を出る 月をみてさらにみつめる情報屋 恥多き人生上のきのこ雲 如月の肺魚の家に治虫来て 季違いのピューロランドに笑い茸 無意識のサンマーメンを競りなおす 分身が居る佐賀県のパチン

          SILENT VOICE(夜のみだらな鳥)  川柳80句

          吹雪物語(南米のエリザベス・テイラー)  川柳70句

          識閾下くらきバベルに春の雪 外は雪まかない飯のゲルを溶く 世界みな白くヤマザキパン祭り ぷよぷよに二度とあり得ぬきょうの雪 雪の檻夏子の酒を預言して コーヒー屋能記の雪が降りつもり 雪重し軍事小説万引きし 雪視つむタンスにゴンが在る限り 雪撮りし週刊ゴング切り抜いて 自我かたる架空言語に春寒し 春の雪リストカッター目つむれば 時計成す狂人軍に雪が降る たらちねの原子心母の牛に雪 猿股をアンドロイドが穿きつぶす 鰐屋からチエホフ呪禁経ながれ 脳髄に

          吹雪物語(南米のエリザベス・テイラー)  川柳70句

          鬼(ペンギン村に陽は落ちて)  川柳140句

          Ⅰ.明日の明日の夢の果て  三十五句 クロフツの時間の涯てを嗅ぐ小鳥 尿瓶無き世ひろがるネオ・ダダイスト 絵の意味がイースト菌である限り ヨーロッパ鉄道上のちんこ揺れ 雲梯の雲のかたちを成す太宰 オスカルの世界すべての妙義山 ペンを訊く盛者必衰帽かぶり 駅伝を反小説に書く仕事 バロウズの火星を指して眠りあう 偽語による此の世の構図うつくしき 熱気球構造学者ふたり乗り 円楽のスノーボードが割れて今朝 夕陽落ち小野寺さんの袈裟固め 白い日に章魚の名前

          有料
          100

          鬼(ペンギン村に陽は落ちて)  川柳140句

          MOTHER SHIP(わが母の教え給いし歌)  川柳101句

          母捨てて葱釘生えるすもうとり 原子打ちフリー素材の偈をつかう 横綱のワンタンと云う強迫し 高橋も尊師も居ない夜に逃げ たらちねの母星に還る多脚の種 あしびきの山嶽映画磁気放つ 戦場の餅にアダルト言語学 荒川を埋める少年論理学 沈黙の星にて花柳小説家 地球燃え三船一家のみな流刑 愛人のビデオドロームでの袱紗 狂いつつたまに布巾を持ち帰る 等圧のドリフターズが卵産む バナナにて鮫の死なない日がつづく 隣県の馬鹿大将の鏡割る ソユーズと学園祭に芋煮えて

          MOTHER SHIP(わが母の教え給いし歌)  川柳101句

          マシーナ・ヴレーメニ(時の船)  川柳140句

          Ⅰ.スターリングラード午前零時  三十五句 喪神の餅とくらべる時間石 アイドルに翻訳された鮫の缶 鮫を描く永野護の狂いざま 真夜中の徹子の部屋に阿含宗 死都晴れて実朝の描くペンタゴン 月尽きてイギー・ポップの透かし彫り とりもちをボードリヤールから辿る 現世のチクタクマンを喚ぶ御苑 小結を二度見すイザヤ・ベンダサン 襲撃のメロディ上のぼんのくぼ 北極を春日神社に見うしなう 句に詠めば仮面の虎に給餌室 一月の江連卓のビル崩れ 織姫に脳いじくられ冬の

          マシーナ・ヴレーメニ(時の船)  川柳140句

          野獣派の振り子(フィッシュボーン)  川柳66句

          死の棘の鰺を貸し借りする時間 サボテンの怪獣映画観てある記 レ点打つ田宮二郎の華厳経 コパンダに冬の怪談崩壊し トミージョン手術のつづく白夜明け ドラマーの映画の鱈をほぐすたび シロップが薄い業火の誕生日 逆臣がルーカスの胃を狙い撃つ ボクサーの変名暗記するまひる なれ鮨がクイズダービーまで届き 此処に冬亀虫と云う名詞置き ドストエフスキーのパイの実を重ね 脱魂の警察映画みつめつつ 設計図無闇に引かれジョン・ウェイン 嬉遊曲ドグラ・マグラを捨てにゆ

          野獣派の振り子(フィッシュボーン)  川柳66句

          ヴァリス(失われた時を求めて)  川柳70句

          現実のかまぼこ板の量子剥ぐ オリコンの伴俊作の焼くケーキ 麩菓子折る素粒子部屋に充ちあふれ チー鱈に鱈の死なない世界観 マリリンの絵文字につかう粉ふきいも 絵図にしてキャベツ畑で祖母拾う マンダリン・ジュースにつづく道を描く 肥満児に解凍させる世界小 自然薯が戸川昌子の角度成す デルモンテ夫人細胞壁を持ち 蕨市の動画にながい粉チーズ 砂丘晴れ名探偵が鯉を飼う 才蔵が亀のピクセル数えつつ 脳内の豆腐連合敗れ死ぬ マキャベリの火に遠ざけるとろろ汁 周

          ヴァリス(失われた時を求めて)  川柳70句

          プラスチックス・シティ(たそがれの蟹)  川柳77句

          旋頭歌の風船ガムが此処に在る さるぼぼのトーテムポール伐りにゆく バタやんの粥と比べる深海魚 わだつみのイヴ・モンタンに無敵なり 鳥人が観る東京の槓子ども 座標から外れる蕎麦屋へのラベル アシモフの電解 雨のやわらかさ 紫電改まで連れてゆくメニエル氏 谷繁の眼球譚が終わるとき 時そばに無限の猿を考える エディオンが火につつまれて孤独の死 麒麟児をぼやかすバターピーナッツ いとこ煮を電光掲示しない冬 サウナへとサウナを移す例句無し 雑学の蛇をちぎって

          プラスチックス・シティ(たそがれの蟹)  川柳77句

          ブリジット・ジョーンズの日記(明暗)  川柳66句

          どの部屋も象鼻長し世紀明け 燈籠とイラン映画をみた帰り 鰭ばかりフラッシュバックする自宅 卵生の佐村河内の縫いぐるみ 保健師にイドをはなして窓に空 恐竜に炭焼小屋のアクセント 舞踊家に斜線引かれてゆくすがた 沖ノ鳥島のはさみが熔けて居る 学会のトロンボーンが騾馬を踏む 足袋脱いでただ足袋が在る警察署 キートンが伊能忠敬客演し モビールと神器を焼いたたたずまい 令和史に泥んだ不死の河海豚 同語にてスポンジ・ボブを反復し 焼豚の城壁のぼる春遠し 永源

          ブリジット・ジョーンズの日記(明暗)  川柳66句

          バベルという犬(不在のDIO)  川柳55句

          ゲル化した花子が居ない田端駅 人間が奇数数えるユーラシア ソヴィエトの誤字入れ替える延暦寺 街道に植田まさしの段ボール 赤紙のミッキーミニー巣をつくり カステラの補註がずつと文語体 画具屋みな太陽神を歌うなか 恐怖史にかたちを成せるらっこ獲り メンデルが北北西を向いて剃る 東宝の宇宙に茶筒くばり果て 一行詩から織り成したユリ・ゲラー 去勢者がツルゲーネフを敢えて書く 岐阜蝶を砕いて居るが母が死ぬ 人間にミンチ足らざる大狂歌 ポアをして脳細胞に細雪

          バベルという犬(不在のDIO)  川柳55句