川合大祐

川柳書いています。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』。インスタ→https:…

川合大祐

川柳書いています。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』。インスタ→https://www.instagram.com/kawai.daisuke02 ブログ→https://32mon.blogspot.com ご依頼は 16mon.k.dai@gmail.com まで。

マガジン

  • 週刊web川柳  別冊・非情城市

    川柳を作っています。 「世界からサランラップが剥がせない」 などなど。奇妙な世界を基本、週一回お届けします。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』の人間です。

  • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.7

    2021年11月28日から12月4日までの川柳まとめです。書けなかった日も多いけど、そういうこともあるということで。迷路です。

  • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.6

    先週の川柳まとめ! 精神状態がズンドコでそれを反映した出来になってます。そういうのもまた面白いと思いますよ。笑ってやってください。

  • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.5

    先週の日曜日から土曜日まで。「こいつ、懲りねえなあ」と思っていただければ幸いです。川柳です。

  • 週刊web川柳  非情城市vol.00.4

    日曜更新。一週間の川柳です。今回は全6連作。「変」を味わいたい方、どうぞ。

最近の記事

  • 固定された記事

超次元的実戦川柳講座X−8 「ショートソングをつくる・つくられるショートソング」 

 おーす川合っすー。超次元的実戦川柳講座です。 (以下のテクストはzoom川柳講座「世界がはじまる十七秒前の川柳入門」2024年4月27日ぶんを基に加筆しています。「せか川」についてはこちら→世界がはじまる十七秒前の川柳入門)  ここのところ助詞がどうとかミニマルな話ばかり続いたので、いい加減飽きてきたんじゃないかと思います。いやそんなこと言っちゃいけないんですが。それで今回、大きな題として「なぜ川柳をつくるのか?」という問いを立てて、そこから「どう川柳を作るのか?」と

有料
770
    • Xへの手紙(いかを盗む)  川柳14句

      球を撫ぜこの世すべての五月闇 脳みそやマルキ・ド・サドの蛾をつぶす 城の絵を雨の深夜とすりあわす 有意味のロッテのたるがころがされ 死角からエクソシストの本能寺 意味鍋の動物磁気をまといつつ 黝い日がひさしぶりくるラカン館 軍曹と瀬川瑛子に似た火鉢 壺を売る意味のアントン・ヘーシンク 蒸し焼を蒸してまざまざましらの死 芸人の糞ころがしがまぐわう日 憂国の縮尺率をみだしつつ フロイトの蝶の骸をささぐふね ユリイカ!と団員さけぶ魚市場 #川柳 #エンタ

      • ミリオンダラー・ベイビー(椅子)  川柳77句

        熱川に彫られていないBEMの像 剃髪のNASA職員が神憑り 方舟がいましずみきるキダ・タロー 保護区からめんまさしだす白魔術 ひとりでにアパッチ砦から綺文 裔としてコネチカットの美文書く ロッキーの仮定のそとに山くじら あんまんのシンボルひかる小豆島 スイミング・クラブが演ず裸者と死者 波及して雪村さんをときあかす ゴーリキーパークにかるい桃太郎 だれひとり死なずピタゴラスイッチ忌 軍団が抱きまくら抱く蟻酸の日 善悪の彼岸偽造す相撲部屋 ささみ煮て

        • 遠い太鼓(ビートニク)  川柳111句

          Ⅰ.堕菓子屋のはつなつ  三十七句 サッちゃんの気象衛星おちて朝 距離という距離をあつめてレバ炒め ドストエフスキーの空母たまごうむ 死角から反小説のたこ浴びる ワッフルを感じられないすみだ川 献血にドレスコードという略語 略語家の部屋のヨブ記を読みかえす にんじん家総体として朝に撃つ 堕菓子屋のカーペンターズ立ちあがる 河馬の死にむけてだれもがディカプリオ 丸美屋のホッケーをする妻ひとり n乗の佐助にいろのついた水 ゆりかごが燃えだしている時間都

          有料
          110
        • 固定された記事

        超次元的実戦川柳講座X−8 「ショートソングをつくる・…

        マガジン

        • 週刊web川柳  別冊・非情城市
          ¥500 / 月
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.7
          4本
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.6
          6本
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.5
          7本
        • 週刊web川柳  非情城市vol.00.4
          6本
        • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.3
          7本

        記事

          水星の魔女(フレディ・マーキュリー)  川柳49句

          水星をふくむ水星論理学 天丼をパンチカードに読みあげる ドラクエに変化してゆく螺子ひろい 魚拓する王子と乞食相撲部屋 環八に造影剤をまく芝居 サスペンス映画につよきあるまじろ 箱庭の渥美清を悪として けづめなどなくした印度放浪記 粘菌とたがいちがいの反映画 マルケスの豚に埋もれる千社札 イメージの本にも加藤茶の三字 都市批判ふくみミクロの決死圏 真実のにんにくドームひらかれて 千代田湖がない病んでゆく鯨たち 鱈子わりキンゼイ博士死に給う 弟のごぼ

          水星の魔女(フレディ・マーキュリー)  川柳49句

          バナナの森の偽ナウシカ(パティ・スミス)  川柳80句

          時頼の時間に虹のきえがたし 清盛の前頭葉に無垢の牛 義経がまぐわうときのウラニウム 高崎のよってたかって牛車焼く ウラシマの午前に氷菓とけざりし 菓子くだき贋のゴースト・バスターズ チャンピオン鷹の納骨するはやさ 霧隠才蔵によるバナナラマ 馬の目に世界をなしている馬肉 パンクスが馬糞かぞえているあした 圓楽とそのほかがある宇宙の図 びんせんのどこに書いてもかぶとがに バナナの名おもう水陸両用車 土地勘の地に幻想の未来の図 レンズごとほろびる森の生活

          バナナの森の偽ナウシカ(パティ・スミス)  川柳80句

          ザネリの匙(スピルバーグ)  川柳101句

          鏡像にやきそばパンを盛る神器 運痴らのコップ洗浄していると 白痴らの塔のかわりにブドウ糖 焼きめしをザネリの匙でつつきあう 将軍がせいうちを飼うながい午後 されこうべ地球に午後のくるしるし サド/マゾの映像作家朱鷺を飼う 炒飯を三波春夫にあたえ初夏 歯ブラシの意味表現をただ念ず 射精して死んだマルセル・プルースト 網膜にあそびごころのむざんの絵 退化して白菜を煮るチューリッヒ 檻をでてはいる現代映画館 空として追跡班のたまごとじ 直立のでぶうつくし

          ザネリの匙(スピルバーグ)  川柳101句

          未知との遭遇(十牛図)  川柳140句

          Ⅰ.遭遇前のダンシング・ヒーラー  七〇句 志ん朝のマクラに夕陽新聞社 ガントリー・クレーンを撮る楯の会 ホビットの時間の本のななめがき 廃人の不立文字のすいかわり 五月きて黄帝液のくるう民 オムレツのなまえ考えつく窟 白昼に不眠の街の音譜うる ひきざんと同時にうたう吉田豪 鴉屋に現ナマをおく長回し ホームズがみたえぼ鯛とおなじ数 言文が一致するなか数雄くる ブニュエルの白鳥の図を図で示す メンデルにうずまき心理戦を負け とり・みきの館につづくな

          未知との遭遇(十牛図)  川柳140句

          エイリアン(尼寺に着く)  川柳101句

          でぶ専がアビイ・ロードを製図する ホルモンと星新一をきりはなす 昆虫図神奈川県が溶けるまで 拝み屋のさとうじょう油をなめかえす ガンジーに蟹味噌という神の御名 べつじんににがうりわたす雨のなか 日暮里のひろい野原に鰻小屋 ゲーデルがゲーデルに貼るねこの耳 コロッケを逆にかぞえたことがない 木星にみんなひとつの偽薬のむ 模型屋がリングワールドひしめいて マタマタに言葉と物のはりさける 絵画部のゼブラゾーンに黒蜥蜴 鳴滝が筆算少女へとおちる 水力がうし

          エイリアン(尼寺に着く)  川柳101句

          ヒッチコックの忌(笑う月)  川柳70句

          真彦の西方にある少林寺 重曹と重曹でないものの唄 バフチンのあんみつこぼす昭和の日 くるぶしの生物時計くるわせて 夜に這うバカ田大学短歌会 夏近し悪魔のトマトケチャップ図 噺でのユープケッチャをうらがえす のどちんこガウス亡き世にかぞえられ 水晶の夜にトリックスターの血 あのほかのスモークチーズ黄昏れて 蚊がいないすべて虚像の江戸幕府 陰獣にコミットしない昭和の日 意味に意味あたえて膝のうえねむる 去勢者の仮名が眠狂四郎 新麦をスキゾ・キッズに投げ

          ヒッチコックの忌(笑う月)  川柳70句

          THE BIBLE(世界観の終わり)  川柳101句

          Ⅰ.エリ・エリ・レマ・サバクタニ  二十四句 カレー煮る時の底よりあみだくじ しゃぼんだま今はちきれるサバクタニ わが神の死後にドリームキャスト頌 陽のもとに村上龍の点字ふれ 面堂の黒点日記とぎれたり 双羽黒無数にたてり夢まくら 天と地と山梨県の雅楽学 白昼に山村美紗の蟹うばう キャラクターソングのなかの維摩経 ジャズメンを春日野部屋に収容し 鎖もつレスラーがみたはずの巴里 捨身してかえるマルセル・プルースト 赤羽の筆禍教室しずみゆく 鉄の字をこ

          THE BIBLE(世界観の終わり)  川柳101句

          旅の仲間(パブリック・エナミー)  川柳108句

          Ⅰ.非常生活の冒険  七〇句 センス・オブ・ワンダーによるすだこ丼 豚足を声のかぎりに主語として その視野も仁鶴の蝶がさえぎって ミカエルが鶏皮をはぎはじめる日 旅にあるまろが鮎川哲也駅 佐賀県を誤認したままいんこ抱く 台地ゆれ阿佐田哲也の豆挽き機 鬼才らをベン・ジョンソンの部屋によぶ 真と偽と泥レスリングつづくなか 寺を焼く軍人くんの私小説 空海にいたるガラスの爬虫館 ガンプラを凶器につかう雨のなか 蕉門の声と現象とどくなり 桔梗屋のかきくけこ

          旅の仲間(パブリック・エナミー)  川柳108句

          ターニング・ポイント(ゼロの焦点)  川柳111句

          前書き 九州旅行。松本空港まで高速を走らせ、久しぶりの航空機。冷や汗かく。福岡市にて妻の日焼け止めさがす。天神の屋台にて焼きラーメンと豚足。一泊して、現在博多駅近くのスタバにてこれを記す。句はこの前書きと関係なく存在する。 ハイウェイ・スター軟骨はずされて 砂利を売る馬頭観音ふやすため われ生きて巨大苺に巨大影 無のまえにベビースターをかんがえる 都々逸のひかりと影のパン焼ける ミクシィの言葉と物が出あうとき 老人と同時にさけぶちりぬるを 地上絵に阿川佐和子の

          ターニング・ポイント(ゼロの焦点)  川柳111句

          悪魔の星(サイキックTV)  川柳70句

          さすまたの違法改造する桃子 桃子きて永劫つづくかえりみち ぷよぷよの月の講義がひらかれず 金魚鉢かかえてジャンヌ裁かるる 鳥人が博物館のやねおそれ こしあんの排泄をする重い星 ジャイアンの天よりおちる田端駅 さなぎだに透明城へピンを刺す 踊子の予言に馬とかけあわす かけうどんおそれ吉行淳之介 不良らがしつらえておくかいばおけ ヘンゼルの噺を訳すグレーテル 若林博士がとっておく馬券 だれに向け仮想の国の人魚死す 法皇のほくろがふえる間氷期 同人が死

          悪魔の星(サイキックTV)  川柳70句

          燃えるパン(気狂いピエロ)  川柳80句

          しけもくのしけるスタニスラフスキー バフチンのあなたまかせに陽は暮れて オリジナル・キャラクターにてひかりごけ 赫奕とニーチェを売っている飯屋 千葉県の蠅の描写をうつしとる 猿を飼う日本すべてのパン焼けて 燃えさかるとんち僧侶の紙の檻 印度象博覧会に射精せず 祭壇にかまってちゃんのころす蟻 やずやからいとまきえいの詩をはじめ デスゲーム漫画積みあげ蟻にあし シタールで亀井静香がぶん殴る 浣腸のどこまで白いメリーさん 神がみと関根勤の攪拌機 時のそと

          燃えるパン(気狂いピエロ)  川柳80句

          曙(われら何者なるや)  川柳70句

          あなたから餅のびつづけ創世記 ねむの木を劇画家の劇中に立て たて書に鏡の国の水のおと 准将にまつわる駱駝からおりる かぶき者たちがみつめるペンタゴン 砂浜にジャムの煮つまる日々の泡 酒井家によく長ぐつをなくす猫 蜜蜂をころして星の子がうまれ 重力に婦人公論てばなして 非常口なるとのおおい劇場に 内宇宙ヘンリーという無をしぼる 数として豚まんかぞう灰かぶり 鰤の名を黙読すれば新神社 兄眠る鉄の地蔵をおいてゆけ 茨城につたわる刑事物語 チャコが掘る野

          曙(われら何者なるや)  川柳70句