川合大祐

川柳書き。なので川柳書いています。句集『スロー・リバー』発売中https://azamiagent.com 。第二句集『リバー・ワールド』発売中。ブログ→https://32mon.blogspot.com お仕事のご依頼は 16mon.k.dai@gmail.com まで。

川合大祐

川柳書き。なので川柳書いています。句集『スロー・リバー』発売中https://azamiagent.com 。第二句集『リバー・ワールド』発売中。ブログ→https://32mon.blogspot.com お仕事のご依頼は 16mon.k.dai@gmail.com まで。

    マガジン

    • 週刊web川柳  別冊・非情城市

      川柳を作っています。 「世界からサランラップが剥がせない」 などなど。奇妙な世界を基本、週一回お届けします。句集『スロー・リバー』、『リバー・ワールド』の人間です。

    • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.7

      2021年11月28日から12月4日までの川柳まとめです。書けなかった日も多いけど、そういうこともあるということで。迷路です。

    • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.6

      先週の川柳まとめ! 精神状態がズンドコでそれを反映した出来になってます。そういうのもまた面白いと思いますよ。笑ってやってください。

    • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.5

      先週の日曜日から土曜日まで。「こいつ、懲りねえなあ」と思っていただければ幸いです。川柳です。

    • 週刊web川柳  非情城市vol.00.4

      日曜更新。一週間の川柳です。今回は全6連作。「変」を味わいたい方、どうぞ。

    最近の記事

    • 固定された記事

    超次元的実戦川柳講座 その9「ぼくの大好きなクラリネットを破壊したのは誰か?」

      基地の螢よ ボクの甘さの静かな怒りを   ボクの蛾は 亡父の鼻がボクの顔に飛びつき   狂者端座してボクに一万貫の頭脳がある   河は馬鹿だから ボクを流すと 流れ   鈴を買い ボクは神様だと思う   太陽は一つ 卵は二つある       中村冨二『千句集』より    どうも、川合大祐です。悲しいアニメ制作会社。悲惨ジブリ。ひさしぶり。いかん調子が戻っていませんね。殴ってください。  というわけで久しぶりの超次元的実戦川柳講座です。また「川柳の実戦的な作

    有料
    330
      • ユング句会:時間都市  川柳27句

        00:07 プラグマティズムの誘導 棟内にびっしりならぶ偽作簿記 外宇宙宇宙の二字を偽造する 吊るされた鏡餅から新音頭 五反田の未来のイヴが持つ醤油 箱船に箱と箱根を容れておく 暗闇のバンジージャンプ友の会 ビタミンのB1に向け目を瞑る 鯵フライ工場からの手紙   白 雑詠にニジンスキーの穴を詠む ラドンみな駆逐されたり蜜柑剥く 柴犬を追う正常なポル・ポト派 メキシコの山形県の酢のありか 旋盤に八千草薫むきなおる 13:19 プロテスタンティズムの

        • 名古屋八十八景  川柳88句

          Ⅰ.アリスの国のアリス アシモフの街に渚と云うチーム 医師群を浮浪生活者が孵す 監督と煮込みうどんの僅かな差 電機屋に中島らもの指紋採り 天上の刑事のポンのやりにくさ 警官のクリームパンを再読し 自転車が緑で兄が素潜りで 第三次大戦中の吊るし柿 影丸の里に中日ドラゴンズ 妹のバスだからこそ二階建て 錆の街海老を背負ったひとばかり 夜話として回転寿司を回すひと メーテレの水平線に鳴るチター 自乗してアルミニウムの帽子脱ぐ 街を視る沼正三の後部席

          • アメリカン・デス・トリップ  川柳27句

            とらわれの王子同士の蟹ばさみ ココリコをペルーの季語に採りなおす いまスエズ運河を通過したごぼう 袋とじ仮想通貨の想書かれ 源義家すべてハンバーグ 隻眼のニャロメ集団幻視して 暗槓を語りつづける角川家 空港に人見絹枝のアフロヘア 南仏の釈迦をアベマで観たはずだ 県道に飛び出しているヘロデ王 輪唱の累ヶ淵をやめる人 初雪や俳句のなかの石油王 有栖川家のめずらしいのどちんこ ゴダールの忌に人類が立ち泳ぎ 母という土手にひとしい抽象後 概要に紅茶きのこ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 週刊web川柳  別冊・非情城市
            川合大祐
            ¥500 / 月
          • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.7
            川合大祐
          • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.6
            川合大祐
          • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.5
            川合大祐
          • 週刊web川柳  非情城市vol.00.4
            川合大祐
          • 週刊web川柳  非情城市 vol.00.3
            川合大祐

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            サーチエンジン・システムクラッシュ  川柳46句

            ハムサラダ化する沼地の泣き女 零の日を地下水道で考える 滅ぶ世のひとりが持っているみかん 覆いゆく戸川昌子の坑すべて ビーカーに冬はじまりぬ地上界 妻という熱源体と眠る午後 断線のあとにキラキラネームふえ 笛男地上にあふれ遠い風 日曜につづくわたしの錫曜日 作歌者のノートルダムが焼けおちた ポリゴンで神話蒐集癖なおす いつまでもからしがあった倭国伝 かき混ぜる低体温の機械工 これがその鏡の国のなると巻き 巻き貝に触れることなく冬の雷 言外にシーソ

            いくよ・くるよを素因数分解した病院  川柳42句

            冬が来る羊歯と時間に充ちた部屋 トロッコで地上句の句意つかみとる 客観視すると白子のねじまわし 大火災故郷のパンフレット焼く 芋焼いて九官鳥の放し飼い 犀眠る彗星のふる団地跡 うさたんが磁力の中にいるとして 非天然ボケの瞳孔ひらくなり 速球派投手に山田洋次貸す ぬるま湯と天使牧場ひとしくす 蓮根の日記ちらばる配給車 仙花紙が出ない金曜ロードショー 画用紙で槓を説明するふたり 空壜に外周がある共和党 エンタメの真似事をする黴の花 美少年欲しさに消し

            ボアロー&ナルスジャックを失ったドーム  川柳28句

            コーヒーの模型が緯度の上にある 鳥人が泡立草を刈り終えて 人間がきょう密輸したレンズマン ガムランに烏帽子水母が含まれる 秘境にて瓜実顔の呪師ばかり ガンダムのようなものども夜歩く ミロを吐くずっと青春出版社 表徴のねじめ正一すべり込む 裏尼を尼が殴っている電車 猪木派の鉄道員が谺する 雪のいろ猿田博士が指す将棋 翻訳者たちと磨いたマラドーナ 革ジャンを女性名詞のものに着せ 希死のあとさき通りすぐ清掃車 老人の正午に白い純喫茶 吹き替えて午後の恐

            パンダコパンダを教えた街  川柳42句

            1.パンダ(単独者) 世界にて舞鶴港に御嶽海 神罰のため隠し持つブドウ糖 市庁舎が移動してゆく痕ぬめる 乗員がオブジェをつくる銀河艦 テレポート水道橋をわたらざる あぶさんのチョッキの型を取る一話 マジンガーZの錆を菊にかけ カレー屋が竹久夢二破き貼る アシモフの脳裏の裏の二枚貝 キャラクター小説内で釣る鯰 急行が注射相撲の街に着く 対称のいわしを挙げている市長 動画集牛乳界と云う界に はらわたを投げ捨てている野比玉子 2.コパンダ(補完者)——

            人間☆失格  川柳40句

            第一の手記(破水) 腐敗力面相筆の折れ曲がる 待ち人が花田虎上のシャツを脱ぐ 蟻喰いに蟻をあたえる計算士 友引の膨張力でのしあがる かなで書くスタントマンのたまごかけ 神職を文太が辞めている土曜 日影区と脈略のあるアポロチョコ 密造す宮沢りえの笑気ガス えのきなどなくしたタイム・パトロール 妖精を午後の紅茶にまとめると 熱海富士後援会に断種する 他人との他人を容れておいた箱 餡まんを白洲次郎の家で煮る 持ち逃げた消毒液の液状化 第二の手記(言語獲

            京マチ子の夜  川柳26句

            Lounge Time #1 霜月の黒木瞳がムーを買う ひきざんの図鑑に横尾忠則・画 重力の虹を越前海岸に 海軍の識らない三浦百恵の図 ガチャピンか否かを浮腫でたしかめた 大陸が浮かぶスイスを撮るあいだ 友だちのひとりひとりが巻くなると 生牡蠣に斜線を引いた顔をする 旧石器時代あらわすつば九郎 綿の国星の洗脳機関閉じ ソビエトの大仏群をむすぶ糸 ジャクソンの5人のなかの五味太郎 母子ともにツルゲーネフを焚書した Lounge Time #2 ——写

            東京八〇景  川柳80句

            2022年11月3日、東京に赴く。同11月4日、伊那に帰る。尚、章題はすべて往復の折、車内で聴いていた表現者=パフォーマー名である。      *  *  * 1.フィア・ファクトリー 伯耆屋の言語をつかうあけび掘り 老いてゆく海老定食があるがゆえ 裏面史にボンタン号と書いてある 世界との真白い距離を考える 飴として後部座席に亀を置く 箱だらけダウンタウンを熱写する ラグビーをいまするひとの新宿区 産婆らの情報網に高い城 垂直のクラリネットを数えやめ

            ウンベルト・エーコも凍る  川柳42句

            1.薔薇の名前 腐らないものばかりあるアダム家具 終着の浜辺の音に糸を売る ねりケシのついでに捨てた祖父と祖父 タキオンの料理ならべる朝の闇 抒情派のハンマー投げに小声かけ 裏声の教授が自摸る焦熱期 すりおろすイグ・ノーベルの町を逃げ 2.完全言語の探求——写真川柳七題 物質が物質であるテーマ曲 支配者がらくだのいえを幻聴す 蝋溶かしギンズバーグに遠きもの あらびいて時間の停まるインチ数 虚無の日に光のマリオ感ぜざる 魔女狩りの昼にポパイの葉緑素

            デリーロを視ろ  川柳28句

            1.アンダーワールド(上) 山田霊みな口寄せて止血させ 乳母の子と主語がちがったホテル出る 時間の魔ペプシコーラを気体にし ゴヤを刷る谷津のプリントゴッコにて 圏内に力道山が折った筆 冬世界みな牛乳であろうとし キャベジンに到る講義の閉ざされる 2.ホワイト・ノイズ——写真川柳七題 競歩者がユングの夢の外に居る 森英恵くらいの志士の高い城 標的がうつくしかった茸狩り ファの声が永劫ひびく小宇宙 ガムランの奏者とともに暮れ残る 氷川丸まだ文章に意味が

            ガルシア=マルケスを貸す  川柳26句

            1.エレンディラ アンテナを売る人びとと同じ靴 牛乳の配達と云う超たわみ 預言するすけそうだらのある闇で 戦後後の七割る三が割り切れる 帰納法ばかりで瓶に醤油詰め 裸者と死者それとだれとに半田ごて 2.コレラの時代の愛——写真川柳七題 フロイトの滝が絵地図に満ちており いるかとの死への関係代名詞 人の死の理屈がわかるまで積み木 隊員の甲状腺を父かぞえ 地の涯にうたがいもなくアルト歌手 粘土こね鼻眼鏡屋と云う無敵 学名に世界の裏の中耳炎 3.大佐に

            ユルスナールを売る  川柳28句

            1.追悼のしおり 青酸の青知らずして芒の野 桃色に誇大解釈される川 ます寿しの文化圏から喪の葉書 コーヒーを精子バンクに淹れかけた 杜氏がみな瞑想中のキャンプ場 ビクターに憎しみのない志賀直哉 あんパンのおどろくほどに小津映画 2.北の古文書——写真川柳七題 智慧の環の國の爆弾太平記 スケートの靴かくし持つパンク歌手 窓ぎわのトットちゃんから世界洩れ 光画部へ鶏頭によるだまし討ち 老人と十二指腸があらそう絵 スプーンが曲がっているか立法府 海を載

            ザ・ザ——川柳一一二句

              side : the "d"   焚きつけにいがらしみきお全句集  医師として回転寿司を撮りつづけ  校庭のプランクトンを拾う巫女  白木屋に遠心力をかけて寝る  ゴーフルにまだ自転車があったのか  租界でのボーヴォワールに釘あたえ  意味がないいとうせいこう掛ける六  飛雄馬からもらった牡蠣にボタン無し  各駅にクレイアニメの雨が降る  絶唱のしじみのような型を取る  一つ家に岸辺露伴の人体図  妖鳥のほろびた村の鳥瞰図  街の灯に暴力団が割るメロン  食パンをしま