The death of American Supreme Court justice アメリカ連邦最高裁判事の死

Ruth Bader Ginsburg, a justice of the US Supreme Court, has just passed away. And it changes the US Presidential election dramatically.

ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏、アメリカ連邦最高裁判事が亡くなりました。これは、大統領選挙で影響がとても大きいです。

T

もっとみる

コロナ禍で急ピッチにすすむ、ワクチン接種の高い危険性について

Go To Travelに東京が追加され、旅行に出かける人が増えています。観光地のにぎわいも戻り、飛行機も予約でいっぱい。でも同時に、地方でのコロナ感染の拡大も心配されています。

現在、世界各国でコロナウィルスのワクチン開発が急ピッチですすめられています。確かにワクチンがあれば一安心なんですが、実はワクチンには大きな落とし穴があるんです。

中国では以前、SARSやMARSといった急性呼吸器症候

もっとみる

今週の相場予想❕2020.9.21~25

先週1週間は、アメリカの3指数は、下落しました。特にナスダック総合は、1.36%下落、ハイテク企業の調整が、すすみました。FRBパウエル議長による米国低金利の長期化するなどの発言により為替は、104円代に円高、ドル安方向に進みました。今週1週間(21日~25)は、どのように動くか、ポイントとなるイベントは?経済指標は何があるかなど見ていきましょう。

今週の主だった経済指標【9月21日~25日】

もっとみる
ありがとうございます!!💛
7

最近は、投資ブーム??

某テレビで観たり、会社の同僚の話を聞いたりしていると、最近はめっきり投資ブーム(?)なんでしょうか。。。

某マスメディアでも取り上げられた投資ブームにより、日本でも意識され始めた”金融リテラシー”

1970年代生まれの、私の義務教育時代には、政治・経済の授業はあっても、金融に関する授業は当然ありませんでした。。。( ;∀;)

子供ながらに、「算数は、大人になっても必要かな~?、英語は話せたら

もっとみる
ありがとうございます!
1

新たな最高裁判事の任命をめぐって…

9月20日

最高裁の女性判事ルース・ギンズバーグ氏が亡くなりましたね。
また、それに伴い新たな最高裁判事をいつ決めるかについて、
バイデンとトランプの意見が割れています。
実際のトランプのコメントを「BBCNEWS」の記事に掲載されているので
みてみましょう!

"I will be putting forth a nominee next week. It will be a woman,"

もっとみる
スキありがとうございます!
1

バイデン氏依然優位

米大統領選挙まで2か月

民主、共和両党の全国大会が終了し、トランプ大統領(共和党)とバイデン元副大統領(民主党)の一騎打ちとなる11月3日の米大統領選挙まで2か月を切った。各種世論調査では今春、バイデン氏がトランプ氏に10ポイント近くリードしていた。その後トランプ氏が一時追い上げを見せたとされたが、バイデン氏の優位はそれほど変わっていない。
 コネチカット州のキニピアク大学が両党の全国大会終了後

もっとみる
スキありがとうございます!
1

トランプを見守るペンス副大統領まとめ

ガラスの仮面の主人公・北島マヤは、往年の名女優・月影千景に発掘された天才女優。「千の仮面を持つ少女」=恐ろしい子(ほめ言葉)です。

ガラスの仮面という表現については、マヤの友人・青木麗が下記のようなことを話しています。

そうだよマヤ
わたし達はガラスのようにもろくてこわれやすい仮面をかぶって演技しているんだ
どんなにみごとにその役になりきってすばらしい演技をしているつもりでも、

どうにかすれ

もっとみる

2020年大統領選挙、もしかして⁉️いやまさか⁉️

いやー。

いやいやいや。

興奮してます。笑

この動画、

誰に見えました❓

PUNISHER!(罪を罰する者)

めちゃカッコイイ‼️

 F◯CKも🖕🏻イケてる✨

yes!

JFケネディJr

QAnonの創設メンバーです。

父JFKをディープ・ステートによって
公衆の面前で銃殺され、
ディープ・ステートの
没落を企てていた男です。

自ら事故死したことにして
以降数十年間、素

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです♪
19

米国が炎に包まれ大規模内戦へと突入する【コロマガ米国支部 第19号】

黒井:コロマガ米国支部の記事を書こうと思う。ワトソン君はこれから米国で内戦が起こると言われたら信じると思うか?

ワトソン君:ボクは、その前にあの話をしないといけないと思ってます!

黒井:もちろんだ。その前提で、これから米国が直面する苦難と"軍事攻撃"について今分かっていることをベースに話を進めようと思う。

※コロナウイルス対策マガジン米国支部とは6月27日に新しく創刊されたコロマガシリーズの

もっとみる

次もトランプが勝つでしょう

こんにちは。うつ病休職エンジニアの三十郎です。

いつも脳や心理学的な話を書いていますが、今回は政治の話です。でも、主に脳や心理学の観点からの話です。マスコミはバイデンが勝つ!と予想していますが、4年前のヒラリーが勝つ!と同じ構図です。トランプは所詮、泡沫候補、道化師(ピエロ)だと見下していましたが、現実は違いました。

一見、バイデン有利な情報が流れていますが、4年前からマスコミは反トランプでし

もっとみる
ありがとうございます。健康は最高の財産です。インドはマイソールがお勧め
3