アパレル業界の変革

値引きのおわり。

「週末限定タイムセール開催中!」
「本日限定1,000円OFF!」
…etc.
いつからだろう、こんな値引きの文言に慣れてしまったのは。
気づけば、夏のセールは、まだ暑くもならない6月のスタートが当たりまえとなり、本格的な猛暑に苛まれる7月には、飽きられてしまう。

ずっとずっと、このアパレル業界に、どんよりとした空気を停滞させている"値引き"という麻薬。
「前半の不調を取り戻すために、後半は~」

もっとみる

【2020年のキーワード】働き方を選ぶ/ビジネスにおける“進化の選択”が必要!4/4

<トークテーマ>
2020年のEC・マーケティングのキーワードを大予想
今回は、「働き方を選ぶ」と「ビジネスにおける“進化の選択”」について

<関連動画>
【2020年のキーワード】1/4 どうなる楽天市場?ソフトバンクグループのお買い物は?
https://youtu.be/8uf20Vemef4

【2020年のキーワード】2/4 CDPと顧客体験/物流におけるフィジカルインターネット
ht
もっとみる

今後のパフォーマンスでお返します!
1

米国と日本のモノづくりのレベルの違いを実感してきた。少なくともデニムは #everlane より #ユニクロ が圧勝。

#D2C の本質はモノづくりで、その違いは手にとって使用するとわかる。皆、D2Cの販売方法やコミュニケーションに目がいきがちだが、商品があってそれらがある。

ありがたい限りです!
5

【2020年のキーワード】サステナブルとレスポンシブル? 3/4

<トークテーマ>
2020年のEC・マーケティングのキーワードを大予想
今回は、「サステナブル」や「レスポンシブル(責任)」について

<関連動画>
【2020年のキーワード】1/4 どうなる楽天市場?ソフトバンクグループのお買い物は?
https://youtu.be/8uf20Vemef4

【2020年のキーワード】2/4 CDPと顧客体験/物流におけるフィジカルインターネット
https:
もっとみる

ありがたか~
1

ストライプインターナショナル(アースミュージック&エコロジーなど)〜中国におけるニューリテール戦略とは?〜

こんにちは。

皆さんも一度は見たことがあるんじゃないでしょうか?
アースミュージック&エコロジーやKOEなど数多くのアパレルブランドが集うストライプインターナショナル。

そのストライプインターナショナルが最近では中国進出によりさらなる飛躍を見せているという。
今日はその中国におけるニューリテール戦略について解説してみた。

もっとみる
ありがとうございます♩

【2020年のキーワード】どうなる楽天市場?ソフトバンクグループのお買い物は? 1/4

<トークテーマ>
2020年のEC・マーケティングのキーワードを大予想
今回は「 どうなる楽天市場?」「2020年のソフトバンクグループのお買い物は?」について

<関連動画>
【2020年のキーワード】2/4 CDPと顧客体験/物流におけるフィジカルインターネット
https://youtu.be/2ZC3EkMhkTg

<スピーカー>
スピーカーの詳細はコチラをご覧ください。
https:/
もっとみる

やったー!
1

毎日が“day 1”ーEC売上アップのために何から改善に取り組んだらよいか?【ZOEの一問一答編】

※「ZOEの一問一答編」は、主に店舗メインの企業におけるEC事業を対象にした過去の寄稿記事に多少手をいれたシリーズです。

残念ながら、EC売上アップにはホームランはありません。1つの施策で劇的にアップするのではなく、複数の仕掛けがジワジワ効いてくることが多いです(モールECの場合はホームランがあることもあります)。

成長にむけたフェーズに合わせて、売上アップの方程式を組む

私がこれまでの経

もっとみる
今後のパフォーマンスでお返します!
9

ファッション領域でAmazon PBが日本でも12月から販売スタートしとる!
チノパンの価格を見るとユニクロとGUの間くらい。海外のレビューも使うとは!
※ディマンドワークス齊藤孝浩さん(@demandworks)のメルマガで知った
https://amzn.to/2sPER44

やったー!
2

マックイーン モードの反逆児(ネタバレ注意)と初ギャラリー訪問

ファッションの仕事に関わっている。裏方的な役割として。サプライチェーンとEC、デジタルマーケティングなどの相談をしている。デジタルの破壊力にどのように対処するのか。そうしたことの対策をしている。最近、ファッション業界へのデジタル破壊が、服の企画・デザインにまで侵食してきた。

アパレルデザイン。

これまでアパレルデザイナーの仕事からは距離を置いていたが、それでは済まなくなってきた。とりわけハイブ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります!
5

いいモノをつくるブランドに必要なのは“キッカケ”【vol.3】

shack主宰の川添隆です。

こちらのマガジンでは、既に新たな「店舗業態、場所の作り方、課金モデル」に挑戦している事例や考え方をご紹介していきながら、私自身もヒントを得られたらと考えています。

今回は、私自身がイベントの企画・登壇・コラボレーションで参加した「Yappli大忘年会セミナー」を通じて感じたことをご紹介します。

どんなイベントだったのか?

2019年12月6日(金)に、アプリ

もっとみる