やりがいのある仕事

【特注品をヴァーチャルショールームでご提案する意味】

こんにちは、エレガントウッドの石井です。

先日、ウェブサイトにヴァーチャルショールームを公開しました。事務所に300ミリサイズ程度のサンプルを並べ撮影したものです。
お越しになられたデザイナーはすでにご存知だと思いますが、かなり綺麗にして撮影しました(笑)

主に特注品を掲載

今回ヴァーチャルショールームを特注品だけで構成した理由は、弊社がデザイナーから選ばれている理由をしっかり表現してご紹介

もっとみる
ありがとうございます!フォローもお願いします!
1

♯5 どこにいても、あなたが何者でも。本を読んで【オリジナル】の記事を書く方法。

【地方で暮らす個人の人生の悩み、収入の悩み、全部すくいとって本当の意味で地方活性化に貢献したい】

しかシカです。

皆さん、本は読まれるでしょうか?

あるデータによると、社会人で『月に1冊も本を読まない』という人は45%。(半数近くですね)

さらに『月1〜2冊』の人が33%ということですから、8割近い人が『ほとんど本を読まない』ようです。

でもこれって、すごくもったいない!

どこで暮らし

もっとみる

会社員にとっての自由とは

会社勤めが長いと突然「明日休んでOK!」となった時に何をしたらよいか戸惑うことがある。勤める会社は、封建的な社風という事もあるのだが、「仕事のレール」が引いてある仕事である。ルールに従い、指示に従う事を良しとする仕事のやり方に慣れてしまうと、考える事が面倒になりがちである。仕事量は多くても、「考えない」ってある意味「楽」なのであろう。

会社に勤めてもうすぐ20年。贅沢しなければ生活が出来ないとい

もっとみる
次の記事もお楽しみに(^^)
5

♯4 マーケティングの『思考力』があれば、普通の会社員でも地方活性化に貢献できる。

【地方で暮らす個人の人生の悩み、収入の悩み、全部すくいとって本当の意味で地方活性化に貢献したい】

しかシカです。

地元で生まれ、そこで育ったからには、「ほんのちょっとでも地元に貢献したい」という思いはありませんか?

僕はあります。

もうすぐ帰る高松が大好きです。

穏やかでのんびりした空気、真っ青で何時間でも見ていられる海。(何時間も…は無理か笑)

だからこそ、戻ったら本気で高松に貢献し

もっとみる

何度も何度もそう思うが、指示のスピード感はめちゃ大事。そしてその後ブレないことはもっと大事。日頃からの情報共有やその人をどれだけ理解出来ているか次第でスピード感は変わる。と思ふ。

ありがとうございます( ˘꒳​˘)
1

ノマドとフリーランス あなたならどちらに憧れますか?

けんすけです。

社畜とか、嫌な上司云々とか、

その手の言葉を駆使して、

「サラリーマンは早く卒業して自由になろう」

という意見をよく目にします。

特にネット系の情報発信者は、

そういう誘導が得意ですね。

ノマドとかフリーランスとかという言葉は、

自由を連想させるので、

憬れる人も多いでしょう。

会社を辞めて自由に!

という意見は共感を得やすいのです。

ノマドワーカーもフリー

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます。
12

「やりがい」を強調する仕事には注意せよ

うさねこです。

やりがいを感じる仕事はできているけど、給料・時間的にも満足しているという人は少なくないです。

何故なのか。

大きな理由は以下の2点だと考えました。

・売り手が多いと買い手は安く雇える

・やりがいがあることは苦痛に感じにくいため搾取されやすい

売り手が多いと買い手は安く雇える

好きな仕事をしたい、やりがいを感じる仕事をしたいと誰もが少なからず思っていることです。

意外

もっとみる

ライティングは息の長い仕事です〜人生の稼働時間を考える〜

ライターは最近の副業ブームのなかで大変人気のある仕事となってきました。最近のように収入低迷や、失業リスクが高まってくるなか、副業や起業、フリーランスとして生き残っていくことを考えるかたも多くなっているのでしょうか。

今回は、以前自分がライターの仕事を副業としておこなっていたときの先輩のお話です。

その方は大手企業を60歳の定年で退職され、年金満額受給のため、後数年間、契約社員という雇用形態で出

もっとみる
このスキは私からあなたへのスキでもあります
22

【オードリー若林】夢と挑戦に溢れる自己啓発は、お金とアドレナリンの匂いがする?

昨日出た文春文庫の新刊を
読んで、まずは大きくうなづき、
それから衝撃に打たれた。

「タイムズスクウェア周辺には、
日本では見ないようなド派手な
広告ビジョンがひしめいていた。
広告からは『夢を叶えましょう!』
『常にチャレンジしましょう!』
『やりがいのある仕事をしましょう!』
と、絶え間なく耳元で言われている
ような気がした。
もしも『無理したくないんだよね…』
などと言おうものなら……略…

もっとみる
嬉しいです!
24