松井麟太郎

デロイトトーマツグループ入社後、組織能力開発支援を行うインヴィに入社。◆支援内容:次期…

松井麟太郎

デロイトトーマツグループ入社後、組織能力開発支援を行うインヴィに入社。◆支援内容:次期経営者候補の発掘・育成・評価、事業戦略推進、中期経営計画立案、新規事業開発、コスト削減、経営理念の策定・浸透、組織文化変革、未来の人材要件策定、スキルマップ作成、人事制度、採用、階層別研修など

最近の記事

戦略立案について思うこと

戦略立案を支援する際の違和感戦略立案のご支援をする際に以下の様な場面に出くわすことがあります。 事例1:ある事業部長の方 「俺は戦略を考えるのが仕事であって、戦術を考えるのは現場の仕事だ」 この発言に違和感を覚えます。 戦略の定義は様々ありますが、少なくとも戦略が立案されたというのは、戦略が立案された時点で今から何をすべきかについて戦略を実行するメンバーが各自のアクションをイメージできる状態であるはずです。 事例2:ある会社の社長 「これからはDX戦略だ!」と号令をか

    • 新人・若手を自律人材に育てる!PDCAサイクルを徹底解説

      新人・若手の育成に悩んでいる方、いらっしゃいませんか? 「目標を立てても達成しない」「日々頑張ってはいるが、成長している実感が持てない」といった悩みを抱えているのではないでしょうか。 これらの悩みの根本的原因は、PDCAを回すスキルが身についていないことにあります。 PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字をとった言葉で、目標を達成するためのサイクルです。 このフレームは既に使い古されていて、聞いたことがある人が多いかも

      • 部下のモチベーションを上げる仕事の任せ方|タイプ別4パターンと具体的なトーク例

        部下の仕事に対するモチベーションを上げる方法を知りたい方は多いのではないでしょうか。 重視すべき前提として、仕事に対する価値観やモチベーションの源泉は人それぞれで異なります。そのため部下に仕事を依頼する際にも、それぞれのタイプに適した任せ方をできるか否かで、意欲や姿勢ひいては成果にまで影響するのです。 一方、現場でやりがちなのは、自分がされて嬉しかったことを部下にもおこない、失敗するケースです。自分と部下のモチベーションの源泉が似ていれば効果はあるのですが、異なる場合は

        • チェンジマネジメントとは?変化を成功に導くための考え方やフレームワークを紹介

          目次 チェンジマネジメントはVUCAの時代といわれているいまこそ、非常に重要となる考え方です。環境が激しく変化する昨今、従来のビジネスモデルのままでは生き残れない企業が増えています。そのため、組織や個人にとって、変化は避けられないものといえるでしょう。しかし、変化を乗り越え、より良い未来を創造するのは容易ではありません。 そこで、チェンジマネジメントの出番です。チェンジマネジメントとは、変化を円滑に推進するためのマネジメントノウハウです。 本稿では、チェンジマネジメン

        戦略立案について思うこと

          人材モデル構築の落とし穴:過去の成功体験に囚われない

          近年、人材育成や組織開発において、「人材モデル」の重要性が注目されています。 人材モデルとは、組織が求める人材像を具体的に定義したものです。 採用、評価、育成などの様々な場面で活用することで、組織全体の成長と発展を促進することができます。 しかし、人材モデルを構築する際に陥りやすい落とし穴があります。 それは、「過去の成功体験に囚われ、現在のハイパフォーマーをそのまま人材モデルとすること」です。 確かに、現在のハイパフォーマーは貴重な存在であり、その能力や行動特性を分析す

          人材モデル構築の落とし穴:過去の成功体験に囚われない

          D&Iはなぜ必要?理由やDE&I・DEI&Bとの違いをわかりやすく解説

          目次 弊社の顧問であるi-PRO株式会社のDirectorであり、HRBPの山下茂樹さんに勉強会を開いていただきました。そこでは、D&I、DE&I、DEI&Bの違いや、なぜ3つも異なる言い方があるのかなどについて、以下の参考文献と山下さんの実体験をもとに語っていただきましたので、その内容をまとめます。 参考文献:「DEI経営の実践」ダイヤモンドHBR24年4月号 著者:EY Japan CEO 貴田守亮氏 D&Iが必要な理由D&Iが必要な理由は大きく以下の3つです。

          D&Iはなぜ必要?理由やDE&I・DEI&Bとの違いをわかりやすく解説

          人事戦略にありがちな3つの問題点とは?生じるリスクと解決策を紹介

          目次 人事戦略は、事業戦略を達成するための重要な要素です。しかし一方で、人事戦略が十分に機能せず、悩んでいる企業も少なくありません。 そこで本稿では、筆者が仕事を通して複数社の人事戦略を見聞きするなかで感じた「人事戦略における3つの問題点」について生じうるリスクと解決策を紹介します。 問題点1. 人事戦略と事業戦略における整合性の欠如人事戦略は、事業戦略と密接に連携し、事業目標達成を支援する重要な役割を担っています。ただ、人事戦略と事業戦略の整合性が十分に取れていない

          人事戦略にありがちな3つの問題点とは?生じるリスクと解決策を紹介

          顧客分析とは?手法とフレームを紹介

          目次 「顧客分析って、どう行えばいいの?」 「どんなフレームワークを使えば、効果的な分析ができるのだろう?」 顧客分析について、こうした疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。 顧客分析は、顧客が自社の製品やサービスを購入する理由を理解するために必要な分析手法です。顧客のニーズや行動を分析することで、効果的な事業戦略の立案に役立ちます。 この記事では、顧客分析の基本から、具体的な手順と有効なフレームワークまで詳しく紹介します。 顧客分析とは?顧客分析とは、顧

          顧客分析とは?手法とフレームを紹介

          人材開発は行動開発:成果に繋がる行動を促すための方法と注意点を紹介

          目次 「人材開発って何?研修を企画すること?」 「人材開発を担当することになったけど、どう進めればよいか分からない」 こうした人材開発に関する疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 近年、人的資本開示の必要性や、人材開発助成金などの影響を受け、人材開発に力を入れる企業が増えてきています。 人材開発の本質は、成果に繋がる行動を促すことです。つまり、社員が目標達成に必要な行動を自発的に取れるように育成することが、人材開発の目的といえます。 そこで本記事では「成果に

          人材開発は行動開発:成果に繋がる行動を促すための方法と注意点を紹介

          人材開発は行動開発:理解すべき前提と行動に影響を与える要素を紹介

          目次 「人材開発を自社で取り組むことになったが、着実に進めていきたい」 「人材開発を成功に導くために本質を理解しておきたい」 近年、人的資本開示の必要性や、人材開発助成金などの影響を受け、人材開発に力を入れる企業が増えていることから、こうした考えをお持ちの方は多いのではないでしょうか。 人材開発の本質は、成果に繋がる行動を促すことです。つまり、社員が目標達成に必要な行動を自発的に取れるように育成することが、人材開発の目的といえます。 そこで本記事では、人材開発および

          人材開発は行動開発:理解すべき前提と行動に影響を与える要素を紹介

          大谷選手のマンダラチャートに似ている?自社に必要な組織能力の導き方

          目次 「大谷翔平選手が活用した『マンダラチャート』と組織能力の導き方って似てますね」とお客様から多数コメントをいただきます。 そこで今回は、マンダラチャートの解説に加えて、組織能力の導き方、組織能力に関するよくあるご質問を紹介します。 大谷翔平選手も活用した「マンダラチャート」史上初となる2度目の満票MVPやWBCでの活躍など、日本を日々熱狂させている大谷選手。技術面だけでなく、立ち居振る舞いから垣間見える人柄も魅力的なため、「大谷選手のような人物になりたい」と憧れる

          大谷選手のマンダラチャートに似ている?自社に必要な組織能力の導き方

          企業理念の作り方|必要性や具体例、注意点を解説(後編)

          「企業理念を策定したいけど、何に気を付ければいいの?」 「理念とはそもそも何なの?」 「会社の理念を策定したいと言われたけど、まず何からすればいいの?」 こうした疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 企業を取り巻く外部環境や人材市場の流動性が高まる昨今、企業理念や、パーパス経営といったワードが注目されています。 そこで、本記事では「そもそも企業理念がなぜ必要なのか」「企業理念とは何か」「企業理念の作り方と注意点」「企業理念の具体例」「企業理念を作る際によくいただ

          企業理念の作り方|必要性や具体例、注意点を解説(後編)

          事業戦略の立て方|経営戦略との違いや策定に役立つフレームワークを紹介

          「事業戦略の立て方が分からない」 「経営戦略との違いは?」 「事業戦略の策定に役立つフレームワークは?」 こうした事業戦略に関する疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 近年、事業環境は目まぐるしく変化しており、新たな戦略立案が企業にとって不可欠となっています。 そこで本記事では事業戦略について、定義や経営戦略との違い、必要性、立て方4Stepと役立つフレームワーク、つまづきやすい注意ポイントを紹介します。事業戦略の策定ひいては事業そのものの成功への道筋を描くヒン

          事業戦略の立て方|経営戦略との違いや策定に役立つフレームワークを紹介

          理念浸透の方法|必要性や方法論、注意点を解説

          目次 企業理念の浸透は、企業の持続的な成長と発展のために不可欠です。また、理念を浸透させることで、組織における一体感の醸成につながります。 しかし、理念浸透は簡単ではありません。理念を掲げるだけでは、社員は十分に理念を理解したり、共感したりすることができません。そこで本記事では、企業理念の浸透について目的と必要性を整理した上で、具体的な方法と注意点を紹介します。 理念浸透の目的企業理念を浸透させる目的は、自社にとって望ましい組織文化を形成し、企業理念の中身にあたるミッ

          理念浸透の方法|必要性や方法論、注意点を解説

          企業理念の作り方|必要性や具体例、注意点を解説(前編)

          目次 「企業理念を策定したいけど、何に気を付ければいいの?」 「理念とはそもそも何なの?」 「会社の理念を策定したいと言われたけど、まず何からすればいいの?」 こうした疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 企業を取り巻く外部環境や人材市場の流動性が高まる昨今、企業理念や、パーパス経営といったワードが注目されています。 そこで、本記事では「そもそも企業理念がなぜ必要なのか」「企業理念とは何か」「企業理念の作り方と注意点」「企業理念の具体例」「企業理念を作る際によ

          企業理念の作り方|必要性や具体例、注意点を解説(前編)

          組織能力を向上させるには?定義と具体例を紹介

          目次 組織能力の議論を行うことで、戦略の実行体制をより具体的にイメージできます。 「新たな中期経営計画や事業戦略が発表されたが、どう現場に落とし込めばいいのかわからない」「より実務に直結した学びを現場へ提供したい」 といったお悩みはないでしょうか。 環境変化が激しい中、企業は今まで経験したことのないレベルで戦略の見直しを迫られています。戦略を落とし込むためには、組織能力の議論が重要です。 そこで本記事では、「組織能力」について、定義、重要性、組織能力開発のポイントを

          組織能力を向上させるには?定義と具体例を紹介