ねじ

#秋田ロフトA 2021.05.01

#002  @山王十字路スタジオ

Aターン芸人(勝手に呼んでる AターンはUターンの秋田版)なねじササキユーキさんと秋田県すみます芸人なちぇす長谷川瞬さんのトークライブへ行ってきた

会場着 電子チケット見せて検温
開演10分前くらいだったからあまり座席の選択肢なし
完売御礼
ソーシャルディスタンスを気にしない時代になればもっと入るんだろうなー
客層の幅は広そう
男性も割合で行ったら多かった

もっとみる
ありがとうございます🙇🏻‍♀️

探求

 アスファルトさえ沸騰させるくらいに暑い夏の日、一人の男が住宅街を歩いている。
すると少し先に何やら光っているものが落ちていた。
それが気になった男は少し早足で歩くと、腰をかがめてその光っているものをを拾い上げた。
それは一本のネジだった。
男は辺りを見回したが、そのネジがはまりそうな場所はどこにもなかった。
当然、全く別の場所にあるべきネジが何かの理由でここに落ちていることも考えられた。
しかし

もっとみる

緩み止めネジパーフェクトロックボルトV2の説明をゆるーく話す動画

 久しぶりのNote。今回は緩み止めネジ「パーフェクトロックボルトV2」の説明をする動画のご案内です。

 V2というのは、バージョン2という意味。つまりバージョン1もあったのですが、それはそれとして、今回ご紹介するV2はけっこうすごいやつです。なんならダブルナットの常識をぶっ壊すくらいの感じです。これは難しい用語を使ってあれこれ説明するよりも、観たり、触ったりするのが一番わかりやすいのかなと思い

もっとみる
ありがとうございます!note始めたばかりなので本当にうれしいです。
1

ねじを試す

先日、ろくさんの記事が目に留まりました。

そういや、おれも3Dプリンタを買ってすぐの頃にやってました。自分の記事を探してみたところ関連する記事が2つありました。

あれから1年と9か月ぐらい?経ってるようです。
今調整中のX5SA Proで印刷してみることにしました。
先週から5ちゃんねるでいろいろと教えてもらって調整してたのですよ。
ふふふ。

モデルの断面図はこうなってます。デザイン上はちゃ

もっとみる
ありがとうございます!どうぞ他の記事もチラ見してってください。
1

「小さな貢献がやりがい」組織を支えるホスピタリティ(社員インタビューVol.6)

こんにちは、金剛鋲螺株式会社の広報チームです。

今回の社員インタビューは、新卒入社後、間接部門でオペレーションを支え活躍する東さん。昨年の新型コロナウイルス感染拡大を機に、社内でいち早く在宅勤務に取り組むなど、新しい挑戦を続ける彼女に、仕事のやりがいや今後の目標を聞きました。

【社員プロフィール】
管理部 電算ソフト課 東(Azuma)

和歌山県出身。2012年新卒入社。入社後は製造部生産業

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければフォローもお願いします!
11

超絶技巧!!

え!?
という作品や動画が沢山あります。
こちらはその中でも一級!!

もっとみる
励みになります!

改善活動を支える「提案制度」とは?

製造業としてムダをなくし、業務効率や品質を改善させることは、重要課題です。一方で、改善活動のモチベーションを維持・向上させることも至難の業です。

このため金剛鋲螺では、日々のアイデアや改善を自由に提案できる「提案制度」を導入しています。毎月20件前後の提案が集まり、改善活動の定着に一役買っています。

そこで今回は、提案制度の詳細や実際の改善事例をご紹介します。

会社紹介

金剛鋲螺株式会社は

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければフォローもお願いします!
7

壁にアートや写真をきれいに飾る4つのテクニック

皆さんこんにちは、ねるねこです。

今回は、壁にアートや写真をきれいに飾る4つのテクニックについて話していきます。

もっとみる
よろしければシェアもよろしくお願いします!
3

無題41

考え続けなければ
ねじが切れても動き続けて

私はたいまつを持って
暗闇の中をゆく
足元を照らせばそこには
導火線の糸の海
火薬の香りのする中で
私は見栄えだけ良いような靴を履いて
よたよたと歩いている
夢遊病者の足跡は
まるでそこが草原であるかのように残る

考え続けなければいけない
地獄へと直進しようとも
あなたの体が次第に燃え始める
大気圏を突破した隕石のように

もっとみる
ありがとうございます!!

ねじのゆるみ止めについて

どうもねじまにです。

ちょっとさぼっている間にいつの間にか2021年が明けてしまいました・・・

がはりきってやっていこうと思います!

さて2021年最初のテーマはねじのねじのゆるみ止めについて

これってある意味ねじとは切っても切り離せないテーマですよね。

最近ではゆるまないねじを開発した業者もおりますが、まだまだ一般的に価格面などを踏まえても浸透するレベルではないです・・・。

ですので

もっとみる
スキありがとうございます!
2