稲垣経営研究所|note8周年事業発表会公認レポータ(中小企業診断士・税理士)

【趣味だけど本気でイラスト】:難解な税金・経営分野を ”下手可愛い” イラストで分かりやすく伝えていきます。 平日は企業内で経理業務、週末は中小企業診断士・税理士活動中。1977年生まれ富山県出身。

稲垣経営研究所|note8周年事業発表会公認レポータ(中小企業診断士・税理士)

【趣味だけど本気でイラスト】:難解な税金・経営分野を ”下手可愛い” イラストで分かりやすく伝えていきます。 平日は企業内で経理業務、週末は中小企業診断士・税理士活動中。1977年生まれ富山県出身。

マガジン

  • 経理マンの ”思考の試行錯誤” のページ<更新中>

    経理に限らず、他のクリエイターの方の記事で、いろいろ気付きを頂き、気に入った内容も挟んでは、何度も読み返すマガジン。サラリーマンで働きながら”将来の飯のタネ”をどのように育むか、noteでの異業種交流を通じて、”思考の試行錯誤”しています。

  • 執筆活動ブログ(ティフ研ブログ)

    • 191本

    栃木県中小企業診断士会認定の栃木県企業内診断士研究会(呼称:ティフ研)メンバー達によるブログリレー 【YouTube】https://youtu.be/2ZSx-K-q4bU【士会HP】http://rmc-tochigi.or.jp

  • 大人も読みたい!中学生からの租税教育<全17記事:更新中>

    税金の記事は敬遠されがち・・・よって難解な税金の知識を図解イラストを用いて解説しています。学生の皆さんには、将来困らない税金の知識を、社会人の皆さんには、お手軽に学び直す知識を、というコンセプトでnote記事化・マガジン化してみました。前半の6記事は、小学校での租税教室の実況中継を記事にしています。

  • 【おススメ10選】お気に入り記事まとめ

    「稲垣経営研究所ってどんな記事を書いているの?」稲垣経営研究所の記事の中で、ビュー数やスキ数を多く頂いた記事等、お気に入り記事をまとめています。ぜひ覗いて頂けると嬉しいです。

  • 図解!インボイス入門(全12回+動画)&電子帳簿保存法入門

    2023年10月から導入されるインボイス制度。事業やっている人全員に影響します。自称、日本一分かりやすい”イラスト&スパイラル学習”で、「インボイスって何?」のレベルの方を対象に、イラスト図解で分かりやすく解説していきます。 また、電子帳簿保存法入門も掲載しています。

最近の記事

リアル&バーチャル両方で”租税教育”をやってみた!・・・見えてきたものとは? 【インボイスセミナー50分動画付き】

 インターネットやSNSをやっていると、会計事務所からしつこい「インボイス制度や電子帳簿保存法の対応、大丈夫ですか~??」との広告宣伝が・・・。はっきり言って、鬱陶しいですよね。でも会計事務所(税理士)自身「租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命」としているので、彼らなりにも立場(言い分)があります。そういう私も広告宣伝をしないまでも、インボイス制度や電子帳簿保存法の対応の普及活動をリアルでやっています。しかもnote(バーチャル)も活用させて頂いて

スキ
48
    • 税理士報酬を払わず、自力で”相続税”の申告をやってみる!【簡易版マニュアル】

       「AIで税理士の仕事が無くなる!」は言い過ぎだけど、少なくても従来の仕事は変化すると感じています。昔は「時間をお金で買う」感覚で税理士に丸投げされていましたが、今後は「必要なことは手間をかけても経験する」ことが重視されているのかもしれません。そこで「相続税を自力で申告できる簡易版マニュアル」を記事にしていました。  なお相談時よくあるのが、兄弟姉妹間の骨肉の争い。相続税ならぬ「争族税」です。ゆえに「家族愛」をテーマに、姉妹で夕陽をバックにハートを形作った表紙にしています。

      スキ
      103
      • 日経記事より”値上げ交渉の科学”を考える~原価計算と価格交渉術~

         日経新聞(2022年7月8日(金)朝刊1面)に、『価格転嫁「不十分」8割:景況感、4四半期ぶり改善 原料高で先行きに影』の見出しがありました。記事によれば、住友化学の岩田圭一社長が「価格転嫁は今年度の最大の課題」と強調するほど、受注者の「値上げ交渉」は重要なテーマになってきています。  そこで当note記事では、価格交渉パターンを提示した上で、価格の元となるコスト(原価計算)の考えを整理。そして価格交渉をどのように”科学”するのかについて、考えてみました。 1.価格交渉

        スキ
        126
        • 図解&読み切り!電子帳簿保存法入門

          「2024年1月より全事業者は、電子取引を紙で保存できなくなります!」 「2023年10月のインボイス制度導入の3か月後には、電子帳簿保存法改正の影響が出てくるということね。税法対応、いろいろ大変だよねぇ。」 「そこでnote読者の皆さんに、電子帳簿保存法改正の影響を図解で分かりやすく解説して・・・」 「ところでさぁ、稲垣経営研究所のnote記事。『図解!インボイス入門』あたりから、note読者の皆さんに不安を煽る記事が多くない?最近のスキ制限問題があるにしろ、スキ数減少が顕

          スキ
          135

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • 経理マンの ”思考の試行錯誤” のページ<更新中>

          • 233本

          経理に限らず、他のクリエイターの方の記事で、いろいろ気付きを頂き、気に入った内容も挟んでは、何度も読み返すマガジン。サラリーマンで働きながら”将来の飯のタネ”をどのように育むか、noteでの異業種交流を通じて、”思考の試行錯誤”しています。

        • 執筆活動ブログ(ティフ研ブログ)

          • 191本

          栃木県中小企業診断士会認定の栃木県企業内診断士研究会(呼称:ティフ研)メンバー達によるブログリレー 【YouTube】https://youtu.be/2ZSx-K-q4bU【士会HP】http://rmc-tochigi.or.jp

        • 大人も読みたい!中学生からの租税教育<全17記事:更新中>

          • 17本

          税金の記事は敬遠されがち・・・よって難解な税金の知識を図解イラストを用いて解説しています。学生の皆さんには、将来困らない税金の知識を、社会人の皆さんには、お手軽に学び直す知識を、というコンセプトでnote記事化・マガジン化してみました。前半の6記事は、小学校での租税教室の実況中継を記事にしています。

        • 【おススメ10選】お気に入り記事まとめ

          • 10本

          「稲垣経営研究所ってどんな記事を書いているの?」稲垣経営研究所の記事の中で、ビュー数やスキ数を多く頂いた記事等、お気に入り記事をまとめています。ぜひ覗いて頂けると嬉しいです。

        • 図解!インボイス入門(全12回+動画)&電子帳簿保存法入門

          • 14本

          2023年10月から導入されるインボイス制度。事業やっている人全員に影響します。自称、日本一分かりやすい”イラスト&スパイラル学習”で、「インボイスって何?」のレベルの方を対象に、イラスト図解で分かりやすく解説していきます。 また、電子帳簿保存法入門も掲載しています。

        • 経理マンの ”思考の試行錯誤” のページ<更新中>

          • 233本

          経理に限らず、他のクリエイターの方の記事で、いろいろ気付きを頂き、気に入った内容も挟んでは、何度も読み返すマガジン。サラリーマンで働きながら”将来の飯のタネ”をどのように育むか、noteでの異業種交流を通じて、”思考の試行錯誤”しています。

        • 執筆活動ブログ(ティフ研ブログ)

          • 191本

          栃木県中小企業診断士会認定の栃木県企業内診断士研究会(呼称:ティフ研)メンバー達によるブログリレー 【YouTube】https://youtu.be/2ZSx-K-q4bU【士会HP】http://rmc-tochigi.or.jp

        • 大人も読みたい!中学生からの租税教育<全17記事:更新中>

          • 17本

          税金の記事は敬遠されがち・・・よって難解な税金の知識を図解イラストを用いて解説しています。学生の皆さんには、将来困らない税金の知識を、社会人の皆さんには、お手軽に学び直す知識を、というコンセプトでnote記事化・マガジン化してみました。前半の6記事は、小学校での租税教室の実況中継を記事にしています。

        • 【おススメ10選】お気に入り記事まとめ

          • 10本

          「稲垣経営研究所ってどんな記事を書いているの?」稲垣経営研究所の記事の中で、ビュー数やスキ数を多く頂いた記事等、お気に入り記事をまとめています。ぜひ覗いて頂けると嬉しいです。

        • 図解!インボイス入門(全12回+動画)&電子帳簿保存法入門

          • 14本

          2023年10月から導入されるインボイス制度。事業やっている人全員に影響します。自称、日本一分かりやすい”イラスト&スパイラル学習”で、「インボイスって何?」のレベルの方を対象に、イラスト図解で分かりやすく解説していきます。 また、電子帳簿保存法入門も掲載しています。

        記事

        記事をすべて見る
          • ご紹介頂いた記事(イラスト)振り返り

             西小倉宏信(にしこ)さんに記事をご紹介頂きました。感謝です!  で、ご紹介頂いた記事はコチラ。頑張って、イラスト描いた甲斐がありました!!  ところで、「描いていて楽しかったイラスト」を振り返ってみました。お気に入りのパートは、イラストの右下部分「③職場環境の悪化」。  当初、「職場環境の悪化」のお題で、ブラックな職場を描こうにも中々表現できず・・・。さて、どうしようか?と思っていた矢先、母校でクマ出没のニュースを思い出し、上のイラストにしました。  富山県知事のコメ

            スキ
            115
            • コンサルタントの管理会計(原価計算)のアドバイスは役に立たない!?

               「コンサルタントの管理会計のアドバイスは役に立たない。」  経営者とコンサルタントの関係を、アスリートとコーチの関係に例えられます。コンサルタントが管理会計上のアドバイスをするときは、コーチがアスリートに代わって競技に出て失敗するケースも聞いたりもします。コーチが競技に出てはダメですよね。あくまで経営者を支援する立場なので。  コンサルタントが管理会計のアドバイスをする際、どのように考え、支援していくかを整理してみました。簿記検定の勉強とも一味違ったアプローチですが、気軽に

              スキ
              116
              • 【通勤note】『図解!インボイス入門』の動画作成してみた

                「2023年10月1日から、消費税法が大改正があるらしいよ。」 「えーっ?!そしたら、また税率は10%から上がるの?」 「いや、税率は変わらないよ。」 「なーんだ・・・じゃあ、大したことないじゃん。」 「そうでもないよ。事業やっている人全員に影響あるみたい。」 「・・・ということは、私たちフリーランスにも・・・どう変わるの?」  2023年10月1日から消費税法が改正され、インボイス制度が導入されます。この制度は、事業者全員、フリーランスの皆さんにも影響します。そこで202

                スキ
                169
                • 図解!インボイス入門⑫【まとめ実践編】~完結~

                   シリーズ『図解!インボイス入門』第12回目です。同シリーズ第7回目~9回目(実践編)を総括していきます。  実線編である3回転目は、「どのように進める?(How)」→「制度の内容?(What)」→「誰が(に)アプローチ?(Who/Whom)」の順で見ていきます。  では中身に入っていきましょう。 第⑦回目:”ペルソナ”で準備シミュレーション 2023年10月1日からの消費税法改正による、インボイス制度の導入。これに向けてコツコツと準備を進めていくことが必須になります。

                  スキ
                  132
                  • 図解!インボイス入門⑪【まとめ応用編】

                     シリーズ『図解!インボイス入門』第11回目です。同シリーズ第4回目~6回目(応用編)を総括していきます。  応用編である2回転目は、「制度の内容?(What)」→「どのように進める?(How)」→「誰が(に)アプローチ?(Who/Whom)」の順で見ていきます。  では中身に入っていきましょう。 第④回目:インボイス制度の影響益税問題は解消される!  インボイス制度が導入された2023年10月の以降も、引き続き売主からインボイスが届かなかった場合、買主の不満が爆発し

                    スキ
                    102
                    • 図解!インボイス入門⑩【まとめ基礎編】

                       シリーズ『図解!インボイス入門』第10回目です。同シリーズ第1回目~3回目(基礎編)を総括していきます。  基礎編である1回転目は、「制度の内容?(What)」→「誰が(に)アプローチ?(Who/Whom)」→「どのように進める?(How)」の順で見ていきます。  では中身に入っていきましょう。 第①回目:インボイス制度導入零細事業者の仕事が無くなる?  2023年10月1日からの消費税法改正による、インボイス制度の導入。これは1989年4月1日に日本で初めて消費税

                      スキ
                      123
                      • 【総集編の事前予告】現在連載⑨までのシリーズ『図解!インボイス入門』は全12回完結。残り3回。(当初の7月中旬完了を前倒しで、)6月中には投稿完了予定に変更します。明日より“6/27-29の3日間、朝一に総集編3回をお届け”、「更なる分かりやすさ」を追求します。

                        スキ
                        96
                        • 図解!インボイス入門⑨

                           シリーズ『図解!インボイス入門』第9回目です。このシリーズは各回、「制度の内容?(What)」「どのように進める?(How)」「誰が(に)アプローチ?(Who/Whom)」のどちらかの視点に立ち、順序立てて積み上げ式に何度も説明していきます。いわば”スパイラル(螺旋)”のイメージで積み上げ学習していく訳です。  第6回目までは2回転目の説明でしたが、第7回目、8回目は各々「どのように進める?(How)」「制度の内容?(What)」を見てきましたので、今回は「誰が(に)アプロ

                          スキ
                          120
                          • 図解!インボイス入門⑧ 

                             シリーズ『図解!インボイス入門』第8回目です。前回(第5回目~7回目)までは、非常に情報量が増加していましたが、今回からトーンダウンします。すぐに知っておかなければいけない内容ではないものの、今まで触れられていない比較的重要な内容について説明していきます。今回は「制度の内容?(What)」について、課税事業者になった場合の消費税の計算規定について見ていきましょう。  2023年10月から導入されるインボイス制度。その具体的な制度内容について見てきましょう。インボイス制度(

                            スキ
                            110
                            • 図解!インボイス入門⑦

                               シリーズ『図解!インボイス入門』第7回目です。このシリーズは各回、「制度の内容?(What)」「どのように進める?(How)」「誰が(に)アプローチ?(Who/Whom)」のどちらかの視点に立ち、順序立てて積み上げ式に何度も説明していきます。いわば”スパイラル(螺旋)”のイメージで積み上げ学習していく訳です。  今回から3回転目。「どのように進める?(How)」について1・2回転目で見てきた知識をベースに実践的な内容を見ていきましょう。なお、シリーズ『図解!インボイス入門』

                              スキ
                              102
                              • 図解!インボイス入門⑥

                                 シリーズ『図解!インボイス入門』第6回目です。このシリーズは各回、「制度の内容?(What)」「どのように進める?(How)」「誰が(に)アプローチ?(Who/Whom)」のどちらかの視点に立ち、順序立てて積み上げ式に何度も説明していきます。いわば”スパイラル(螺旋)”のイメージで積み上げ学習していく訳です。  第3回目までは1回転目の説明でしたが、第4回目以降は2回転目の説明となっています。第4回目、5回目は各々「制度の内容?(What)」「どのように進める?(How)」

                                スキ
                                111
                                • 図解!インボイス入門⑤

                                   シリーズ『図解!インボイス入門』第5回目です。前回、第4回目は「制度の内容?(What)」の視点から、制度趣旨を説明したうえで、インボイスの様式、さらには「適格請求書発行事業者登録制度」を見てきました。今回は「どのように進める?(How)」との視点より、「適格請求書発行事業者の登録申請書」の手続き面等について見ていきしょう。今回から第7回目までが情報量が多く大変だと思いますが、”山場”だと思って一気に読み切って頂ければ、と思います。  第3回目と同様に、売主としての事前準

                                  スキ
                                  132