見出し画像

ものがたり屋 参 総合ページ

 うっかり閉め忘れた襖の影、街灯の届かないひっそりとした暗がり、朽ちかけている家の裏庭、築地塀に空いた穴の奥。
 気づかなかった身のまわりにある、隙間のような闇に、もしかしたらなにかが潜んでいるかもしれない……。
「ものがたり屋 参」は好評をいただいた「ものがたり屋 」シリーズの第三弾です。執筆と同時進行で公開をしています。漢字一文字をそれだれのタイトルとして選んで、それにちなんだ物語を紡いでいます。
 気づかなかった身のまわりにある、隙間のような闇に潜む怪しくてそしてとても不思議な物語をどうぞ堪能してください。

●聲

 ねえ、
 ここだよ、ここにいるよ。
 聞こえる?
 こっちだよ。
 届いてるかな、ぼくの声は……。
 だから、ここだよ。
 こっちにおいでよ……。

「なんだかね、真っ暗なの。ただ、その声だけが頭の中で反響しているみたいで、眼を醒ましてもいつまでも反芻しちゃうの」
 潮風で乱れた髪を右手でかき上げると御津橋耀子はグラスに挿し入れられたストローに口をつけた。
 八月のそろそろ半ばになろうかという逗子海岸。建ち並んだ海の家の一角で本城麻美は耀子と向かい合って座っていた。海で戯れる多くの人たちの喚声が響き渡り、ときおり吹いてくる潮風と綯い交ぜになって、麻美を気怠い気持ちにさせていた。
つづく

●隂

 鬼はだれ?
 影を踏まれたら、つぎに鬼になるんだよ。
 さぁ、逃げて。どこまでも。
 影を踏まれたら、鬼になっちゃうよ……。

「ねぇ、とっても綺麗」
 成瀬はるかはそう呟くとその顔を横にいる添田仁志の肩にもたれ掛かるようにして埋めた。
 仁志は黙って頷くとその左腕ではるかの肩を抱き寄せた。
「なんだか夕陽が大きく見える」
 逗子湾の遙か向こうに見える山々の連なりの上に夕陽があった。紅くあたりの雲を色づけながら、陽はゆっくりと沈みはじめていた。
つづく

●凮

その風は裂け目から吹き込んでくる。
 そよそよそよそよ。
 まるでだれかの息吹のように。
 まとわりつくように、微かに吹く風。
 そよそよそよそよ。
 そこにあるのは、この世の裂け目……。
 そこにいるのは、だれ?

 どこにでもいるごくごく普通の人間。
 とくに目立つところもなく、高校でも特別なエピソードもなく、入学して、そしてそのままなにごともなく卒業した。大学もまったく同じだ。入学して、そしていまに至っている。
 高校ではまわりにカップルがいたけど、ぼく自身はだれかと特別な関係になったことはなかった。だれかの噂になることもなかったし、だれかから告白されるなんてこともまったくなかった。もちろん自分から告白することも……。
つづく

●藏

そやつは闇に棲み、邪気を食む。
 瘴気を吐き、血潮を呑む。
 人を掠い、その命をも奪う。
 冥府を彷徨い、現し世を脅かす。
 その禍々しいものを、人は鬼と呼ぶ。

 まだ陽が昇りはじめてからさほど間もないというのに、蝉時雨が降りしきる。
 麻美は住宅地の合間の道をゆっくりと歩いていた。車がやっと通れるほどの細さの道が緩い上り道へとなっていく。やがて海へと繋がるその道を中程で右手に折れた。
 披露山の山裾にあたるあたりから木々が増えていく。すぐに目の前に鳥居が見えてきた。さらに左へと続く参道をほどなくいくとそこに社があった。
 宮司を務める結人の父にいわせれば猫の額の広さなのだそうだ。確かに、広さを感じさせるスペースではなかったが、ぽっかりと開いたその空間が、麻美は好きだった。こぢんまりとした社の周りを古木が囲む。
つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとう。これからも心に触れるような作品を作っていきます。
2
夕焼けフォトグラファー / 物書き / デジタルコンテンツデザイナーの癌サバイバー、竹井義彦です。 逗子の海の写真や、オリジナルの小説をメインに公開しています。よろしくお願いします。 逗子の「いま」を伝える https://www.op-studio.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。