縄文ZINE_note

フリーペーパー縄文ZINEのnoteです。縄文の楽しい話を主に。 http://jom…

縄文ZINE_note

フリーペーパー縄文ZINEのnoteです。縄文の楽しい話を主に。 http://jomonzine.com https://twitter.com/jomonzine youtubeチャンネルもあるぜ

記事一覧

10年前の空き巣の話

(この話は縄文とは関係がありません) ちょうど10年前の話、ちょっと思い出したのでnoteに書いておきます。 その頃、僕の経営する渋谷区北参道のデザイン事務所では2匹…

縄文ZINE_note
1か月前
42

いつも行くあのコンビニの下は遺跡だよ

実はいつも行くあのコンビニの下が遺跡だったなんてもこともある。 いや、それどころか住んでいる場所、よく歩いている道、今いる場所も、もしかしたらそこは遺跡の可能性…

縄文ZINE_note
3か月前
227

[孤独の考古館]no.2 つがる市森田歴史民俗資料館

この民俗資料館に入る前から予感がしていた。古く、こじんまりした佇まい、時代に足並みをそろえず、どこか痩せ我慢をしているかのようなこのエントランスはある種の理想に…

縄文ZINE_note
5か月前
66

[孤独の考古館]no.1 三内丸山遺跡時遊館

私の名前は井石廻。しがないライターをしている。 ここ最近は地方をテーマにしたウェブマガジンを中心に仕事をしている、地域で流行っている定食屋や、面白い取り組み、特…

縄文ZINE_note
5か月前
78

私を通り過ぎた26本の石棒たち

石棒は日本では主に縄文時代の遺物で、その形状から男性器(男根)をモチーフにしているとされているモノだ。と、一口に言っても、その形状はさまざまで、どのように使われ…

縄文ZINE_note
5か月前
61
+20

写真で見る:2023年出会った忘れられない土偶や土器や石器たち50(4)

縄文ZINE_note
6か月前
40
+26

写真で見る:2023年出会った忘れられない土偶や土器や石器たち50(3)

縄文ZINE_note
6か月前
26
+26

写真で見る:2023年出会った忘れられない土偶や土器や石器たち50(2)

縄文ZINE_note
6か月前
29
+27

写真で見る:2023年出会った忘れられない土偶や土器や石器たち50(1)

縄文ZINE_note
6か月前
29

『土偶を読むを読む』出版後、四方山話

今年(2023年)4月28日に出版された『土偶を読むを読む』。皆さんお手にとって頂けたでしょうか? 検証・批判する元本『土偶を読む』の存在を前提としているため、普通に…

縄文ZINE_note
7か月前
250

十日町市でアートを見に行く(縄文巡り外伝)

旅に出ればいつも忙しなく考古館を巡ってしまう僕ですが、先日のお馴染みの十日町市の旅はちゃんとアートを見てきました。実は十日町市とそのエリアは2000年に始まった世界…

縄文ZINE_note
7か月前
129

国宝の火焔型土器の出土した笹山遺跡で実際に掘った人と語り合い、その後、国宝の火焔型土器を見に行って火焔型土器のクッション…

笹山遺跡 先日新潟県十日町市に伺い、こんな贅沢な体験をしてきました。 国宝の火焔型土器の遺跡、笹山遺跡で、その国宝の火焔型土器のNo.1(笹山の土器は全部で57点が国宝…

縄文ZINE_note
7か月前
78

シンポジウム「御所野遺跡が心配だ」12/9

世界遺産でもある岩手県一戸の御所野遺跡、御所野縄文博物館の運営体制が来年度からこれまで携わってきたいちのへ文化・芸術NPOから町営に変わることになりました。その通…

縄文ZINE_note
7か月前
39

「北の縄文世界と国宝」展、行ってきましたよ!

行って来ました北海道博物館「北の縄文世界と国宝」展。北海道に国宝の土偶たちと、世界遺産になった遺跡からたくさんの遺物がやってきています。これは絶対に見逃せない展…

縄文ZINE_note
10か月前
164

『土偶を読むを読む』2版が刷り上がりました。

『土偶を読むを読む』初版が出てひと月で重版が決まりました。やったー! 出足は悪くないのではないでしょうか。しかし、『土偶を読む』は3日で大幅重版と瞬足の出足を見せ…

78

『土偶を読むを読む』(裏)参考資料12

『土偶を読むを読む』ではもちろん、引用・参考文献を各章ごとに明記していますが、実はそれだけではなく陰に陽にさまざまな本や映画、音楽などを参考にし、時に勇気づけら…

61
10年前の空き巣の話

10年前の空き巣の話

(この話は縄文とは関係がありません)

ちょうど10年前の話、ちょっと思い出したのでnoteに書いておきます。

その頃、僕の経営する渋谷区北参道のデザイン事務所では2匹の事務所猫がいました。その頃といっても二匹は10年後の今でも健在で、ただしほぼ僕の自宅で元気にゴロゴロしています。
名前は「やつい」と「かたぎり」。好きな深夜ラジオのパーソナリティの名前を付けましたが、とくに深い意味はありません。

もっとみる
いつも行くあのコンビニの下は遺跡だよ

いつも行くあのコンビニの下は遺跡だよ

実はいつも行くあのコンビニの下が遺跡だったなんてもこともある。
いや、それどころか住んでいる場所、よく歩いている道、今いる場所も、もしかしたらそこは遺跡の可能性がある。
でもよく考えてみれば当たり前の話だ。僕たちの暮らしている場所はかつて誰かの暮らしていた場所で、僕たちが「いいな」と思う場所はかつての誰かにとっても「いいな」と思える場所だった可能性だってある。

先日、Twitterで井の頭公園の

もっとみる
[孤独の考古館]no.2 つがる市森田歴史民俗資料館

[孤独の考古館]no.2 つがる市森田歴史民俗資料館

この民俗資料館に入る前から予感がしていた。古く、こじんまりした佇まい、時代に足並みをそろえず、どこか痩せ我慢をしているかのようなこのエントランスはある種の理想に思える。くたびれた綿の素材のコートに似て、初めて訪れたのに懐かしさすら感じる。
三内丸山遺跡時遊館は三内丸山遺跡の資料を展示する考古館だったが、ここは、つがる市の石神遺跡の資料を展示する考古館でもある。

入り口のガラス戸には「開館中」と手

もっとみる
[孤独の考古館]no.1 三内丸山遺跡時遊館

[孤独の考古館]no.1 三内丸山遺跡時遊館

私の名前は井石廻。しがないライターをしている。

ここ最近は地方をテーマにしたウェブマガジンを中心に仕事をしている、地域で流行っている定食屋や、面白い取り組み、特有の文化、それについて取材して原稿を書いている。自分で言うのもなんだけど、仕事は早い方で締め切りは守る。クオリティはそこそこだけど、意外とページビューは稼ぐ。多少の良い評判もありいくつかの媒体では自分の名前でコラムも持っている。
この仕事

もっとみる
私を通り過ぎた26本の石棒たち

私を通り過ぎた26本の石棒たち

石棒は日本では主に縄文時代の遺物で、その形状から男性器(男根)をモチーフにしているとされているモノだ。と、一口に言っても、その形状はさまざまで、どのように使われたのかもよくわかっていない不思議なモノだ。
男根と決めつけてはいけないという意見もあるが、写実的な造形で男根としか言いようのないモノも多く、すべてとは言わないが「男根をモチーフにしている」という説明は間違いではないのだと思う。

前段で触れ

もっとみる
『土偶を読むを読む』出版後、四方山話

『土偶を読むを読む』出版後、四方山話

今年(2023年)4月28日に出版された『土偶を読むを読む』。皆さんお手にとって頂けたでしょうか?

検証・批判する元本『土偶を読む』の存在を前提としているため、普通に考えると、非常に間口の狭い書籍であるにも関わらず、6月に2版、11月に2版2刷、実質3刷となり、部数も1万部を越えることができました。ひとえに読んでいただき楽しんでいただいた皆さんのおかげです。もちろん部数だけで言えば『土偶を読む』

もっとみる
十日町市でアートを見に行く(縄文巡り外伝)

十日町市でアートを見に行く(縄文巡り外伝)

旅に出ればいつも忙しなく考古館を巡ってしまう僕ですが、先日のお馴染みの十日町市の旅はちゃんとアートを見てきました。実は十日町市とそのエリアは2000年に始まった世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭」の舞台。今までほとんど行ってなかったけど、十日町市のアートはすごい!

越後妻有里山現代美術館 MonET
まずは街中にある「越後妻有里山現代美術館 MonET」へ、駐車場から見える外壁には勝坂式の土器

もっとみる
国宝の火焔型土器の出土した笹山遺跡で実際に掘った人と語り合い、その後、国宝の火焔型土器を見に行って火焔型土器のクッションを物色して、〆に火焔型土器インスパイア系ラーメンを食べる火焔な1日

国宝の火焔型土器の出土した笹山遺跡で実際に掘った人と語り合い、その後、国宝の火焔型土器を見に行って火焔型土器のクッションを物色して、〆に火焔型土器インスパイア系ラーメンを食べる火焔な1日

笹山遺跡
先日新潟県十日町市に伺い、こんな贅沢な体験をしてきました。
国宝の火焔型土器の遺跡、笹山遺跡で、その国宝の火焔型土器のNo.1(笹山の土器は全部で57点が国宝と指定されているが、その中でも代表的なものとしてNo.1がある)を掘った担当者だった、現在は十日町市の教育長の渡辺さんと話をする機会をセッティングしてもらい。しばし色々な話を聞く。
場所は笹山遺跡の復元の竪穴住居。

結構有名な話だ

もっとみる
シンポジウム「御所野遺跡が心配だ」12/9

シンポジウム「御所野遺跡が心配だ」12/9

世界遺産でもある岩手県一戸の御所野遺跡、御所野縄文博物館の運営体制が来年度からこれまで携わってきたいちのへ文化・芸術NPOから町営に変わることになりました。その通達は突然で、急な体制変更に心配をする声が各所から上がりました。岩手県の新聞にも御所野遺跡が心配だという趣旨のコラムが掲載されました。
僕自身、御所野遺跡、御所野縄文博物館は何度も訪れ、場所と展示を楽しんで、すごく好きな場所で、また、何度も

もっとみる
「北の縄文世界と国宝」展、行ってきましたよ!

「北の縄文世界と国宝」展、行ってきましたよ!

行って来ました北海道博物館「北の縄文世界と国宝」展。北海道に国宝の土偶たちと、世界遺産になった遺跡からたくさんの遺物がやってきています。これは絶対に見逃せない展示です。
個人的にもいくつか見たかった資料があったのですが、やはり最初に今回のシンボル的土偶のカックウにご挨拶。場所が変わっても相変わらずの少し上向きの飄々とした表情…だがそこが良い。

何を隠そう「北の縄文世界と国宝展」で一番見たかったの

もっとみる
『土偶を読むを読む』2版が刷り上がりました。

『土偶を読むを読む』2版が刷り上がりました。

『土偶を読むを読む』初版が出てひと月で重版が決まりました。やったー!
出足は悪くないのではないでしょうか。しかし、『土偶を読む』は3日で大幅重版と瞬足の出足を見せていたので、このくらいで喜んではいけないと自戒を込めて自身に言い聞かせています。

また、通常の重版であれば1版2刷ということになるのですが、2刷ではなく、2版1刷ということになりました。というのもいくつか初版からいくつかの変更点があるか

もっとみる
『土偶を読むを読む』(裏)参考資料12

『土偶を読むを読む』(裏)参考資料12

『土偶を読むを読む』ではもちろん、引用・参考文献を各章ごとに明記していますが、実はそれだけではなく陰に陽にさまざまな本や映画、音楽などを参考にし、時に勇気づけられ、時に背中を押され、時に重大な警告、今後を占うための参考としています。
(表)の参考資料は『土偶を読むを読む』刊行記念フェアとして紀伊国屋書店さんのサイトで公開されていますが、

このnoteは『土偶を読むを読む』の引用・参考文献に載って

もっとみる