偶然の出会いが待っている街・豪徳寺

シリーズとして物語の舞台を紹介してみようかと思います。
第一弾は、まず自作から。
今公開している『アポロンに出会ったら』は、豪徳寺にあるシェアハウスの住人たちが登場する物語です。豪徳寺は個人的に思い入れのある場所で、一時期は毎日のように足を運んでいました。楽しさと苦しさ、喜びと悲しみの両方が無数の思い出になっている街です。

そのシェアハウスは豪徳寺の駅に近い一軒家だ。オーナーの長男と長女が暮らし

もっとみる
あなたのワンクリックが励みになりました。
9

本嫌いだけど完読した #2

皆さんこんにちは。

私は本が苦手です。

唐突で申し訳ないのですが、本が苦手なのです。

生涯読んだ本は指で数えられるほどと言っても過言ではありません。

語彙力のなさは本嫌いから来たのかもしれませんね。(責任転嫁)

そんな私、、

なんと一日で本を読み切りました!!

本当に驚きです。

苦もなくスラスラとテンポよく読むことが出来ました。

ここまで本のタイトルを言っていなかったので言います

もっとみる

読書のモチベーションを上げてくれる本4選

こんにちは。エンジニアとして働いているぴーやまと申します。
以前下記記事でちらっと触れましたが、読書を習慣付けるには、読書の良さが書かれている本を読むのも一つの手と書きました。

今日は読書の良さが書かれていて、モチベーションを上げてくれる本を紹介したいと思います。

大人のための読書の全技術

明治大学教授斎藤孝先生の本です。
大学教授だけでなく、多くのテレビ番組にも出演し、本も沢山出版されてい

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
9

敏感すぎる大人

今日はnoteを徘徊していたらSunao_HSPさんの記事に辿り着きました。

題名にも書きました“敏感すぎる大人“=HSPさんに関する記事など多岐に渡って書かれています。

“HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれて

もっとみる
大切な人に感謝の気持ちを送ろう🦄💐
11

アウトプットVol3|植物はなぜ香りを作るのか③

連続でお届けしてきた本のアウトプット記事。

今日が最終のお届けになります。

アロマの資格を持っている方やアロマや植物に興味がある方の少しでもお役に立てたら嬉しです^^

では、今日のアウトプット始めましょう。

植物が子孫を残すために行っていること。

③繁殖戦略

風媒花

後代を残す生殖活動のために、花粉を飛ばして他の花に運ぶ

虫媒花

昆虫を引き寄せて花粉を他の花に運んで受粉を助けても

もっとみる

おすすめ本紹介 PART8 「うつせみ屋奇譚」

TAGAの助手をしているYMです。
本日オススメするのは、遠藤由実子のうつせみ屋奇譚になります。

あらすじ
---------------------
浮世絵から消えた絵を追い、少女が辿り着いたのは…民俗学ライトミステリー。調布は深大寺の近く――武蔵野の自然が残るその地には、子どもにしか視えない宿屋がある。幽霊や妖怪など<人でないモノ>が泊まる宿屋、「うつせみ屋」。人間は、〈特別な用〉がなければ

もっとみる
ありがとうございます!フォローしていただければ必ずお返しします。
28

A Meaning-order Approach to Pedagogical Grammar

『「意味順」だからできる! 絵と図でよくわかる 小学生のための中学英文法入門』や『「意味順」だからできる! 小学生のための英文法ドリル』のようなJリサーチの本が売れているようです.「意味順」という学習英文法モデルというのは,既存の英文法モデルを与えられる前の学習者のほうが受け入れやすいのかもしれません.

ただ,ぼく自身は,かならずしも子供でなければいけないとは思ってはいません.特に年齢が関係ある

もっとみる

【読書】〈女子大生会計士の事件簿〉世界一感動する会計の本です【簿記・経理入門】

「人類史上最高の教養人とも言われるドイツの文豪ゲーテは、『簿記は最高の芸術である」としるしたらしいわ。」(女子大生会計士・萌)

 本書は感動するかどうかは別として、寓話形式で学べる簿記の入門書です。
 はじまりは、公認会計士試験に落ちてしまった青年が、受験専門学校が主催するセミナーに参加したことから始まります。
 そのセミナーの名前は「ああ残念でした!一からやり直しましょうセミナー」という名前で

もっとみる
スキありがとうございます!
4

【本#5】 エッセンシャル思考

おはようございます。

来月、大学の健康診断があるのですが、検尿に怯えている乾川です。

というのも、尿のタンパク質の値が高かったら笑われる 男子特有のアレありますよね。

毎朝体内を測っているのですが、体内タンパク質値だけ 異常に振り切ってまして、グラフがそれ以上 上にいかないところまで きてしまっています。 #プロテイン飲みすぎ問題

他の友人と一緒であれば、笑いになるので問題ないのですが、な

もっとみる

1人でも多くの人に。一冊の本を。

私が尊敬する人の1人に長倉顕太さんがいらっしゃいます。

長倉さんは、出版会社の元編集長。今は独立され複数の事業をされており、ちょっとアウトローで、モノの見方が面白く、そして鋭い方だ。読書量が半端じゃ無い。だからこそ思慮深く、言葉選びが恐ろしいほどに美しい。初めて知った時、魅力の塊だと思った。

その長倉さんがコロナが広まる約2年前からに着手されていた本を今日は紹介させて頂きます!

それが、、、

もっとみる
読んでくださって感謝します(*゚∀゚*)