【本紹介】やり抜く人の9つの習慣

目標達成に必要なのは才能ではない。ある種の思考や行動パターンが成功へと導いている。120ページ程度の薄い本の中には、私のような凡人でも目標を達成し「成功者」となるために必要な方法が詰まっていた。

挫折してしまいがちな人だけでなく「自分を変えなければ」と思っている人にはぜひ手に取ってほしい一冊だ。通常の本の半分以下のページ数のため、読書すら挫折してしまう人にもおすすめである。

しかし、本を手に取

もっとみる

石田衣良『池袋ウエストゲートパーク』

今日はこの本を紹介する。

過去に池袋に住んでいた事がある。2013年くらいに。

その時にすでに「池袋ウエストゲートパーク」という言葉を知っていた。
窪塚洋介がそのドラマに出ていることも知っていた。

だから引っ越してすぐに、当てもなく池袋西口のあたりを歩いてみた。
チーマー同士の抗争の話だと思っていたのだが、西口はすでに再開発がされたのか清潔な広場と芸術劇場があるだけで、チーマーの面影はなかっ

もっとみる

【読書】頂きはどこにある?

山とは、自分が持っているものに感謝するとき。谷とは、失ったものを求めるとき。

 本書は大ベストセラー「チーズはどこへ消えた?」の著者による寓話形式の自己啓発本です。「チーズ」は、成功体験や無くなることがわかっている居場所にこだわり続けるよりも、重い腰をあげて動き出そう、その先には苦難もあるがチーズは必ず見つかるという物語でした。それに対して今作「頂きはどこにある?」は、人生や仕事において順調な時

もっとみる
スキありがとうございます!
5

はじめまして、(萌え)4コマ漫画好きです。

皆さんは普段、どんなマンガを読みますか?

電書リーダーが出て以降、特にスマートフォンの普及でより手軽に漫画が読めるようになりました。Twitterやnoteでも漫画が連載されたり、本当にいろいろなところで読むことができて幸せな時代です。

そんな漫画があふれる現代、僕はといえば未だに紙の本を買っていて、買っても買っても本棚が足りず......
蔵書が2,000冊を超えたあたりから数えていないので

もっとみる

おすすめ本 『ストーリーセラー』

有川浩先生が書いた「ストーリーセラー」という作品が大好きです。

そもそも有川先生が書いた本はほとんど読んでいて、どれも大好きなのですが、特に「ストーリーセラー」がお気に入りです。

本は一度読んだら何年経っていても読み返すということをほとんどしないのですが、この作品は4回ほど読みました。

そして毎回泣いています。

今回久しぶりに図書館で見つけたので、借りて、読んでみました。

開始1ページ目

もっとみる

天鵞絨書店・7月第3週

こんばんは、青井いんくです。天鵞絨書店、第26回です。

天鵞絨書店とは、
「題名を言わずに」
「140字以内で」
本を紹介するというものです。毎週水曜更新です。

では、本日の天鵞絨書店です。先週の分はその下にあります。

本日の天鵞絨書店

授業以外で近代文学を読んだことがないという方も、この一冊を読めばあの文豪の世界に浸れます。誰もが一度は読んだことがある名作から、マイナーな作品まで幅広く入

もっとみる
優勝です。
2

ご注文は教育学部生におすすめの本ですか?

収束の糸口をまだ見ぬコロナ禍。オンライン授業とそれに付随する課題に勤しむ全ての学生にエールを。どうもシュレディンガーのHmDです。タイトルもタイトル画像も完全にオタクやん。私が末だ。

 さて大学に自ら足を運び、自らの目と耳で見聞を広めることのできない今の状況だからこそ、一人でも行うことができる読書の意味合いは、平時より大きいのではないでしょうか。そこで今回の記事では、主に教育学部生向けにはなりま

もっとみる
ありがとうございます!よろしければフォローもお願いします。
4

時分の花、真の花

「おい、地味子。お前には花がねぇんだよ」
金色のコルダ3の攻略キャラ・東金千秋に言われる台詞である。
彼の言う「花」というのは、主人公・小日向かなでが本来持ち得ていたはずの輝きのこと。かなでは、幼少期持っていたはずの花が、いつしか失われてしまい、それでも音楽を諦められずに星奏学院に転校してまで、自分自身を変えようとする。
そんな彼女の本質を見抜いたうえで、突き放すように言う。
小日向かなでの持って

もっとみる
サンキューでーす。恩田陸先生の黒と茶の幻想面白いですよ。

🦍 差別は無知によるもの 🦍

皆さまおはようございます!GoriRadiです!!

なかなかどうして雨が凄いですね!ジメジメとカビっぽくて嫌ですな!

さて、昨日のメモ魔!

・評価経済→信用経済→キャラ経済
・メルマガではロイヤルカスタマーを作りやすい。
・これからはスマホがレジになる?
・差別とは、無知より生じるもの。

でございました!

もうちょっとアンテナを張っていきたいですね!

昨日のメモ中で、最も心に残っている

もっとみる
ウホッ!!
10

えんとつ町のプぺル にしのあきひろ

今回はビジネス書でもなく、サッカー書籍でもなく絵本です。

絵本界で桁違いのベストセラーになった

えんとつ町のプペル

ご紹介いたします。

「大人が絵本なんか読むかよ(笑)」

そんな事言ってられるの今のうちです。僕は、恥ずかしながら首までボロボロと涙が伝うほどにストーリーに感動しました。

ざっくりストーリーを紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーー

4,000mの崖に囲まれ、煙突だら

もっとみる