スケジュールを管理するだけではなく見直してみた

私はスケジュール管理が苦手です。

日々の読書の記録をスケジュール帳に「何の本を何ページ読んだのか」を記載し、そのスケジュール帳で月に10冊読むことを記録しています。

今年は「自分でやると決めたことはやる」と強く決心したため1ヶ月の見開きに読んだ本が10冊以上になるように調整しています。

しかし最近のスケジュール帳を見ると月末に読む本が増えている傾向があります。私は夏休みの宿題を最終日にやるよ

もっとみる
あなたの好きが私の励みです^^
5

本と日記:『こころ』

7月11日土曜日

本を読んで、映画を観て、本を読んで、noteを書こうとした。

すこし前に読んだ本の話を書くのは、けっこうしんどいことだとわかった。けれどこれを書かないと、ただ読んでるだけになっちゃうなと思った。それは違う、それじゃ意味ない、って思った。

なんで意味ないかって言ったら、忘れてしまうから。どんどん忘れてしまうから。どれだけいい本でも、「いい」って声をあげる人がいないと、その良さ

もっとみる
Merci! フランスストラスブールの路面駅からの眺めをどうぞ
2

簡単なデモサイトを作ってみた

こんばんは

表題の通り、簡単なデモサイトを作ってみました。
本当に簡単なHTML・CSSのみを使って、これでもかと言わんばかりに物凄くシンプルな構造となっております(笑)
いちおレスポンシブル・SPの対応はしているのですが、あまり自信がなくPCで見て頂けますと幸いです。

http://salmonlion42.sakura.ne.jp/demo/index.html

吉祥寺にあるブックマンシ

もっとみる

いとおしい雨の日

今日、空ノココロさんが紹介してくれた詩集「世界はうつくしいと」を読みました。

詩集は心を落ち着けて静かな環境の中でないと読めないものだと思い込んでいましたが、読んでいるうちに自然と心が落ち着いてくるものなんだと感じます。

最近毎日雨続きで今日が何曜日か分からなくなる感覚に陥っていましたが、詩集を読んでいると短い言葉の中に様々な景色が鮮明に見えてきて、雨の景色を一変させてくれました。

言葉を「

もっとみる
ワッホイ🙌ありがとうございます♥️
2

本を消費してみる

「本は大切に扱いましょう」おそらくそのように意識してしまうのは、義務教育として、小中学生の図書館で貸出の本に触れてきたからではなかろうか。

 自分が手にとった本は自分だけでなく、他の誰かも手にとる本として、意識することは、マナーや、丁寧に扱うことを身につけるには、うってつけの機会でもある。

 貸出の本のほとんどは無料で、図書館という圧倒的な蔵書の数を前に、知の海を泳ぐ感覚はとても贅沢なひととき

もっとみる
ありがとうございます☺️
4

3行読書〜クリエイティブシンキング

過去のツイートからです。

「何もかも否定していたら、”変えるために変える”という無意味な行為に陥る危険性があります。」

(『佐藤可士和のクリエティブシンキング』
佐藤可士和)

「変えるために変える」ことが、ここでは良くないものとして論じられています。

それは、手段と目的を取り違えているから、ということになるでしょう。

「クリエイティブに考えるために、まずは現状を否定しよう」という教えがあ

もっとみる
嬉しくなんかないもん!😭
8

第17回 『古都』 川端康成著

こんばんは、JUNBUN太郎です!

 今夜も「読書はコスパ最高のコスプレです」のお時間がやってきました。本は自分以外の人間になりきる最も安あがりな道具。この番組では、リスナーのみなさんから寄せられる、読書体験ならぬコスプレ体験を、毎週ひとつご紹介していきます。
 ではさっそくリスナーからのお便りをご紹介しましょう。
 ラジオネーム、京トラベラーさん。

 JUNBUN太郎さん、こんばんは。
 い

もっとみる

泥酔とは何か。曰く、アルコールに抵抗しないことである。無抵抗に、あくまでもアルコールを吸収し、アルコールの川に身をまかせ、アルコールと一体化する。 2020/07/10

TGIF!神様ありがとう、今日は金曜日、てなわけで金曜日。伸ばしに伸ばしていた髪を切ったのだけど、刈り上げにはせずに、多少伸びた髪をそのまま活かしてもらったので、相変わらずちょっと長い。前回来たのは、、、昨年の9月と言われ、おいおい、マジかよ、と思ったのだけど、店の記録がそうなのであれば、正しいのだろう。確かに、その間、どうしても切りたくなって近所の美容院に行った気がしないでもないので、半年以上ぶ

もっとみる
ありがとうございます、嬉しい!
4

【読書】メジャー・ホワット・マターズ 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法OKR

やたら頑張っているのに、まったく成果をあげていない人があまりに多い。(アンディ・グローブ)

 本書はグーグルを始め、シリコンバレーの有名企業やゲイツ財団やU2のボノのONEキャンペーンで採用されている経営手法OKRをグーグルに投資し、まだ社会人経験のないグーグル創業者たちに伝授したジョン・ドーア氏によって書かれた本です。さらに本書の中ではそれらの有名企業や超巨大NGOの責任者自らがOKRをどう採

もっとみる
スキありがとうございます!
13