6回目のパレスチナ

36

クリスチャンの町、タイべ

アラブと言えば、イスラム。パレスチナと言うと、聖地を含んでいるところでイスラム教とユダヤ教が争っていると思っている人も多いと思う。争っている内容はさておき、ここパレスチナの人口約495万人の92パーセントがイスラム教徒であるため見かける殆どはイスラム教徒と言っていいだろう。残り7パーセントがキリスト教徒で1パーセントがその他ということになる。
その7パーセントのクリスチャンは点在しているが、首都機

もっとみる

立ち寄ろう、わざわざね。

訪問教会というところがある。場所はエルサレムの西側の郊外エン・カレムだ。聖母マリアはイエスを身ごもり、いとこのエリサベトを洗礼者ヨハネを身ごもっていた時にこの場所に立ち寄ったという話がある。
わたしは身ごもりもしていないが、わざわざ足を伸ばして立ち寄ってみよう。実際は立ち寄るというよりも連れて行ってもらうのだが。

エルサレム新市街を通り抜ける。アラブ風なヨーロッパがあったり、新しいものがあったり

もっとみる
嬉しいです!シェアもしてくれるともっと嬉しいです!!
6

チェックポイント

Nadimは日本では見かけないくらい砂塵で曇っている車に乗り込む。その助手席に座る。

砂の舞う細い道を抜けて幹線道路に向かう。右に行けばヘブロン。左折する。道路は渋滞している。ゆっくりと走っていると右前方に舞台と見物の人たち。渋滞はこのせいだろう。

あれなに?難民キャンプの入り口でしょ?なにがあるんだろう。

あー、あれはイスラエル兵に殺された人を弔うイベントだよ。今夜それがあるんだろうね。今

もっとみる
Shukuran!!Thank you!!
8

ファミリーツリー

ランチを食べおわるとおもむろにNadimはベランダに出た。まだ陽は沈んでおらずかといって、暑すぎることもない。周りは大きな木々があり日陰を作っている。ベランダには小さなテーブルセットがあり、カゴの吊り下げられそこには2羽の鳥がいる。

ベランダにおいでよ。アレギーラ(シーシャ・水たばこ)でも吸おうよ。ゆっくりしよう。シャーイ(お茶)がいい?カフア(コーヒー)にする?

シャーイにしようかな。

もっとみる
嬉しいです!シェアもしてくれるともっと嬉しいです!!
6

さあ!ランチの時間だ

Nadimの家は幹線道路から少し入ったところにある。この幹線道路はベツレヘムからヘブロンにつながるもので道路沿いにはパレスチナ西岸地区最大の難民キャンプデヘイシェがある。

ママー、ただいま。帰って来たよ。

おかえり!Azusa, welcome!!よく来てくれたわね。さあ、お腹空いているでしょ?入って。Nadim、テーブルの上片付けて!

ママの大歓迎を受け静かな自宅に入っていった。幹線道路が

もっとみる
嬉しいです!シェアもしてくれるともっと嬉しいです!!
6

ショッピング2

観光地の生誕教会から2キロメートほど離れた場所。人もまばらな市道のような車がやっとすれ違うことができるくらいの道を歩く。

道路沿いにある商店はなんてない食器や箒とちりとり、懐中電灯も売っている。観光客が欲しいものは何もないと見える。

サラームアレイコム。友達を連れてきたよ。

Nadimはこの商店の店主にわたしを紹介してくれた。

店舗は路面沿いの1階と中地下のような10段くらいの階段を降りた

もっとみる
Shukuran!!Thank you!!
1

お買い物1

さあ、行こうか!

そう言って店の電気を消して戸締りをする。外に出ると重いシャッターを下ろし鍵をかける。

まずは、スパイス!スークにお気に入りの店があるから。紹介するよ。このすぐ近くだから。

広場を突っ切って教会を背にして右側のスークに向かう。スークはすごい人混みでみんな犠牲祭のためにお買い物をしている。案の定、スパイス屋さんも満員御礼という感じ。大声でアラビア語の単語が飛び交っているけど理解

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
6

再会はいつも嬉し楽し!

ハビービー!久しぶりね!

マルハバン!ウェルカム!もう教会には行ってきた?メラミーエ?それともコーヒーにする?

メラミーエはこの地方のセージのお茶のことだ。

メラミーエにする。ありがとう。さっき、お祈りしてきたよ。あの厳かな感じがやっぱり好きだなー。

Nadimは”そうだねー”と言いながら、わたしを店に残して外へ出て行った。店にはわたし一人。この緩さって・・・
そしてしばらくすると大きな体

もっとみる
ありがとう!
2

生誕教会、イエスキリスト生誕の地

Nadimのお土産屋に向かう。生誕教会向かって右の角っこにあるのがそれだ。久しぶりのベツレヘムなのでまずは教会でお祈りをしよう。クリスチャンでもムスリムでもない、典型的な日本人のわたしは全くと言っていいほど信仰心はないが神聖な場所は好き。それは美しいから。

小さな、屈まないと潜れない教会の入り口を抜ける。今もなお改装中のこの教会は外も中も聖地なの?と疑いたくなるほど普通に工事中だ。

入ると抜け

もっとみる
❤️好きの一番乗り嬉しいです!エルサレムより愛を込めて
6

イエスの街を歩く

Beit Jalaにバスが着く。目の前には大きな看板が付いている信号機がある。バスを降りると多くの客引きがバンクシーの絵のある分離壁、周囲の観光地に勧誘する大きな声がある。毎度のことながら熱気がすごい。

もう勝手知ったる道、眼を瞑っていても生誕教会までたどり着ける気がする。本当にやってしまうとこの交通量の多い道、間違いなく交通事故。

進行方向にまっすぐ行けばヘブロンに向かい、その途中には古い難

もっとみる
Shukuran!!Thank you!!
5