マーケティング・セールス

6
ノート

相手の課題を引き出すための上手な質問の仕方

こんにちは。

早速ですが、相手の本質的な課題を知る有効な手段は“質問”です。

でもこれが意外と難しいんですよね。

というのも”何かお困り事はありませんか”と聞いたってなかなか答えてもらえないからです。

その理由は”あなたがまだ十分に信頼されていないから”かもしれませんが、意外と多いのが”相手も何が自分の課題かよくわかっていないから”というもの。

ふだん何かに困っていても、それを突き詰めて

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!いい1日になりますように!😊
16

ちょっとしたココロの習慣で、生きるのがラクになる。営業の成果も上がる。

「だからおまえはダメなんだ!」などという辛辣な言葉を浴びて、落ち込んだ経験は誰にでもあるでしょう。

でも本当は落ち込まなくたっていい話。

なぜならそれはそういう言葉を発したAさんの解釈。別のBさんにとっては、あなたのその点こそが「素敵」かもしれないのです。

つまり「事実」をどう捉えるかは「解釈」の問題。そしてそれは人によって大きく異なる。また同一人物であっても、時と場合によって異なる時もある

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!いい1日になりますように!😊
12

役に立つより心に寄り添う

その会社のコーチングを申し込むつもりはありませんでした。どういうセミナーをやっているのか、ただ勉強のつもりだったんですよね。

でもセミナーが終わって講師と名刺交換をした時の数分のやりとりで、私は「この人のコーチングを受けたい!」と心から思いました。

私が心の奥で何を思っているのか、理解しようとしてくれる。言いにくいことは言いにくいだろうと察し、深く突っ込んで来ないけれども、話を進める上で確

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!いい1日になりますように!😊
8

接客で感動した出来事。

バブル全盛期ですから、もうずいぶん前の話です。

メンズ・ビギ(Men’s Bigi)というファッション・ブランドが好きで、よく買いに行きました。

ブリティッシュテイストのセンスはもちろん、「ビギ」の響きがカッコいい。

当時はデザイナーを全面に打ち出したブランディングが主流でした。

菊池武夫、それを引き継いだ今西祐次の風貌もカッコよかった。そう、私カタチから入るタイプですw

そのメンズ・ビ

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!いい1日になりますように!😊
8

焦点は、相手に合わせて

「なぜその商品・サービスを買ってくれたのか」を聞いていくと「欲しかったから」の先に「困っていたから」「問題を解決するために」「もっとよくなると思ったから」といった答えに行き着きます。

穴とドリルの例え話が有名です。お客さんは必ずしもドリルそのものが欲しいわけではないんですね。穴を開けたい。

それを購入することで、解決したい問題、叶えたい欲求がある。

穴を開けたいにもいろいろあるわけです。大き

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!いい1日になりますように!😊
10

インサイドセールスのユーザ会で学んだ3つのこと

ベルフェイス(株)主催のユーザ会にウェビナー(オンライン)参加しました。 

ユーザー会ではインサイドセールスのノウハウはもちろん、ビジネスをする上で汎用性が高い話も多く聴けて有意義でした。

今回はその点に絞り、簡単にご紹介します。

ベルフェイスとは

今回主催のベルフェイス(株)ですが、こちらは「インサイドセールス」をサポートするデジタルツールの提供会社です。ユニークかつOnlyOneのサー

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!いい1日になりますように!😊
8