70年代の音楽シーンを辿る旅 Ver.2 (HM/HR視点から) / ブルーズの英国流解釈〜レッド・ツェッペリンの衝撃〜そしてディープ・パープルの様式美へ
見出し画像

70年代の音楽シーンを辿る旅 Ver.2 (HM/HR視点から) / ブルーズの英国流解釈〜レッド・ツェッペリンの衝撃〜そしてディープ・パープルの様式美へ

✴️70年代ver.1はこちらから

✴️70年代ver.3はこちらから
✴️80年代はこちらから
✴️90年代はこちらから

1970年代も喪失から始まった

1970年代は、80年代や90年代がそうであったように、あまりにも大きな喪失から始まります。

ジミ・ヘンドリクス

画像2

ストーンズのリーダーだったブライアン・ジョーンズ、ドアーズのボーカルでリーダーのジム・モリスン

画像3

あらゆる女性アーチストの原型とも言えるジャニス・ジョップリンも70年代を待たず世を去ります。

画像1

サイモン&ガーファンクルも、そしてあのビートルズも、、、、、解散を迎えます。

こんな、70年代の喪失の代わりに、とある、2つのアーチスト群がきらびやかに登場します。この2つの潮流はビートルズをチャートから蹴落として新たな時代の幕上げを宣言するわけです。

1970年代に現れた2つの潮流

70年代の始まりには、後に80年代に隆盛を極めるハードロック/ヘヴィメタル(HM/HR)の原型が登場します。

1)、ブルーズを主体としたいわば古典的な音楽を英国流に進歩させたアーチスト群。

メタルファンにはお馴染み、コージー・パウエルがドラムです。

2)、クラシック音楽やジャズを主体とした音楽を演奏技術と音楽理論で構築させて進歩させたいわば前衛的ともいえるアーチスト群です。これは、プログレッシブ・ロックとも呼ばれます。

単純にかっこいいです。音楽好きなら必聴。気にいると思います。

プログレは⬇︎にて紹介しています。

この続きをみるには

この続き: 4,534文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
長めのまとめ記事をまとめている、まとめマガジンです。 随時更新していきます。 有料記事を集めています。個別にご購入いただくより、効率的になります!

60年代など各年代の世界の音楽シーンや、ハードロック、アーチスト情報など、まとめ記事を集約しています。 アルバムレビューの有料記事も掲載し…

または、記事単体で購入する

70年代の音楽シーンを辿る旅 Ver.2 (HM/HR視点から) / ブルーズの英国流解釈〜レッド・ツェッペリンの衝撃〜そしてディープ・パープルの様式美へ

hisataroh358

300円

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hisataroh358

いつも読んで下さってありがとうございます。頂いたサポートはいろんな音楽などを聴いてご紹介するチカラになります。あなたに読んでいただき、新たな出会いを楽しんでいただけるよう、大切に使わせて頂きます。よろしくお願いします!

ありがとうございます!ごゆっくりどうぞ!
いつもの日常に流れていた音楽♬、芸術作品🎞や映画🎨を思い出と共にご紹介しています💫🍀よろしくお願いいたします。🤗