こんな夜は良き思い出がよみがえる / エンヤ 「On My Way Home」

凍てついた冬の夜。帰り道を急ぐ。ふと見上げると、途切れることなく雪が降り注いでくる。

あたりはすっかり雪に包まれて。夜の闇の中、雪はしんしんと降り積もっていく。

音の無い世界

こんな夜は、ちょっと昔のことを考えて心が懐かしさに満たされてしまったり。

家につくころには、雪も止みかけて。しだいに星が、月が姿を見せてくれる。

何故だろう、心の中も、少し晴れやかに。我が家はもうすぐだ。

I h

もっとみる
ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
41

人生の100枚、デフ・レパード、アリソン・クラウス、ノラ・ジョーンズ、ジョン・レノン「イマジン」など / オールタイムベストアルバムのご紹介Ver.14

生まれて初めて手にしたアルバムから、2020年までに聞いたアルバムの中で、オールタイムベストなアルバムを100枚ピックアップしてみようと思います。

ジャンルはとわず、一生聞いていくだろうなあというものをご紹介します。

毎回5枚ほどご紹介してみます。なので、全20回。。適度に、期間を空けて更新してみます。いつ終わるやらですが、お楽しみに!

というわけで、第14回はこちらです。

★順不同です→

もっとみる
ありがとうございます!ごゆっくりどうぞ!
60

ハードロックバンドのバラードベスト10 / その4、Extreme 「More Than Words」

ファンク寄りの音に、ハードロックらしいメロディを散りばめたバンドで、バラードの質が高かった。

このバンドも3作目で実験的な方向に歩み出し、あとはシュリンクしていってしまいましたが2作目は歴史に残る作品です。

ボーカルはのちに、ヴァン・ヘイレンに加入してました。

この曲は、アコースティックギターを始めた方は最初の方でトライする曲かもしれませんね。

歌詞は、

はっきり具体的に言わなくても、そ

もっとみる
ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
67

いつまでも聴き継がれてほしい楽曲 / 「満月の夕(ゆうべ)」 ソウルフラワーユニオン

1995年は日本国内がさまざまな事件で大きく揺れた年。まさにミスチルの歌詞でいうところの、

何が起きても変じゃ無い、そんな時代さ覚悟はできてる

というのが具現化されていた年。

もしかすると日本人である我々のこれまでの、戦後からの歩みや生き方を一度、振り返ってみて、反省し、評価することが必要なタイミングだったのかもしれません。

個人的には、たまたま大学1年になり、上京した年ですから、ミスチル

もっとみる
ありがとうございます⭐️!お時間ある時にゆっくりご覧ください。
81

「僕らの七日間戦争」 / 「Seven Days War」 TM Network

「僕らの七日間戦争」という日本映画がありました。80年代後半でしたか、、当時の宮沢りえも出演していました。

いわゆる反体制がテーマなんですが、暴力に走るわけでもなく、無論、彼ら自体が不良ということもなく。

いたって普通の少年少女が、彼らの世代の心で感じてしまった大人社会への疑問や疑念、そういったものに対して、是正を求めるよりも、まずは自分たちの世代の想いをきちんと聞いてほしい、、そう言う観点か

もっとみる
ありがとうございます!ごゆっくりどうぞ!
69

キューバの音楽シーンを辿る旅 ver.2 / キューバ革命から、ブエナビスタソシアルクラブ〜現代を生きるキューバ由来のアーチスト

前回はこちらです。

6、アメリカとキューバの国交回復

2015年
オバマ大統領の時代、歴史は、まさに歴史的な出来事を用意していました。54年ぶりに、キューバとアメリカの国交が回復されました。

革命以降、キューバはアメリカとの干渉の戦いの中でその歴史を刻んできました。

この54年という年月がもたらした芸術面への影響はどんなものだったか。

キューバ革命からのキューバの文化・芸術、特に音楽的側

もっとみる
ありがとうございます⭐️!お時間ある時にゆっくりご覧ください。
125

ハードロックバンドのバラードベスト10 / その3、Winger 「Miles Away」

BURRN!誌の購読経験がある方なら、おそらくご存じの、知る人ぞ知るアメリカンハードロックバンドです。

このバンドも2枚目までは傑作でしたが、3枚目でピークダウン。

スキッドロウも、このバンドも、ミスタービッグも、3枚目がかなり地味なのは世相とリンクしています。

(あとは、ヴァンヘイレンがアルバム出さなくなったり、ボン・ジョヴィの95年のアルバムが彼らにしてはダークだったりしたのも同じ理由)

もっとみる
ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
66

「スカイレストラン」 ハイ・ファイ・セット

都会のビルディングに夕闇が迫っている。見下ろす景色は一面、藍がかった薄紫とほのかな桃色に染まっている。

しだいに闇があたりを支配し始める。

わたしの心にも諦めに似た暗闇がせまってくる。この先の展開を全て見通しているかのように。出掛けに洗った髪はすでに乾き、心は滋養を求めて嘆き始める。

明日には。新しい光がわたしの人生にも灯り始めるだろう。夜明けと共に。夜は必ず朝を、夜明けを連れてくるから。

もっとみる
ありがとうございます⭐️!お時間ある時にゆっくりご覧ください。
84

今週の音楽コラム  2021年1月3週

こんにちは!

こちらのコラムでは、私が毎週仕入れてきた音楽/アーティストを紹介するマガジンです。
私自身バンドやDJ経験もある中で、幼少期から音楽に触れてきました。

最近では私のリミックスしたプレイリストが、ショップのBGMなどでも使われていたり。

またSNSでも反響の大きいものでした。
「お気に入りのアーティストが増えた」や「この曲かっこいい!」など色んな人から嬉しいお言葉をいただけるよう

もっとみる
感謝しております!ありがとうございます
4

人生の100枚、アラニス・モリセット、サイモン&ガーファンクル、中島みゆき「East Asia」など / オールタイムベストアルバムのご紹介Ver.13

生まれて初めて手にしたアルバムから、2020年までに聞いたアルバムの中で、オールタイムベストなアルバムを100枚ピックアップしてみようと思います。

ジャンルはとわず、一生聞いていくだろうなあというものをご紹介します。

毎回5枚ほどご紹介してみます。なので、全20回。。適度に、期間を空けて更新してみます。いつ終わるやらですが、お楽しみに!

というわけで、第13回はこちらです。

★順不同です→

もっとみる
ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
81