お題

#スキしてみて

スキボタンを押してくれた読者に対して、文言だけでなく画像でもメッセージを伝えることができます。あなたのとっておきのnoteに「#スキしてみて」のハッシュタグをつけて参加してみてください! 詳しくはこちら

急上昇の記事一覧

私のこだわり

これは切り絵の裏面です 一枚の紙全体像 そして よいしょっと 固定は周りだけなので このように切る部分は固定されていません ちなみに表から切っています そして都度裏返して切り口を確認していきます で 整える また作業中こまめに切った紙などの掃除をします これが私のこだわりですね

スキ
9

暑い日のそうめんはいいぞ

お家に、そうめんが沢山ある&サッパリでちょっと満足感が欲しい時のご飯ならこれ! そうめん3束分(写真は1束) 《小松菜ナムル》 小松菜は2束を耐熱ボウルに入れる。      鶏ガラ   蜂蜜   醤油   …各小さじ1   電子レンジで600W2分かけて混ぜる。 checkpoint! ナムルは完成後、冷やした方が美味しい。 《豆腐ハンバーグの肉味噌》   家で冷凍しておいた 2:8(ひき肉:豆腐)の豆腐ハンバーグを1つ用意。    解凍後、フライパンに崩す。  

5秒だけがんばる!

こんにちわ! 今日はいつもより15分早起き出来ました! 気分爽快です♪ (目覚ましが鳴ったらスヌーズ) (チラッとnoteを開いて二度寝) 最近はそんな日々が続いてしまったので あれを発動させました! 5秒だけがんばるシステムを!! システムは簡単! 眠いけど5秒がんばるだけ! 朝の支度とか仕事の事とか考えなくて良い! 5秒…、それは立ち上がるほどの時間。 それだけする事だけ考える。 いや、立ち上がる事さえ考えない方が良いかもしれない。 5秒がんばったら、あとはオ

スキ
14

外出先に『どこでもドア』があったから使ってみた。 皆さんは、どこに行きたいですか?

スキ
32

あっさりと夢をあきらめてしまい 後になってそれを後悔する人が多い 生計を立てる仕事に打ち込むことは重要だけど   自分が情熱を感じる対象を捨てる必要はない このやり方を続けていると 何のための人生だったかと必ず後悔する 自分の好きなことに大切な時間を使っていこう💕

スキ
63

【RUN】口外することのメリット

趣味とは言っても初めは、自分にとって チャレンジを伴うもの、負荷のかかるもの、 筆頭にランニングや筋力トレーニングなどは 継続するってなかなか難しいですよね。 私はウォーキングから始めてやっとランニングに移行し、今は生活のルーティンの一部と なりましたが、何度かの停滞期を経て、ここまで安定して!苦を伴わずに!生活の一部となるのに3年はかかったと思います。 そこで継続するためのコツみたいなものを記したいと思います。 これから、始めるぞ〜って方の参考になったら幸いです❤️ 人

スキ
7

吹き出物の跡ってホントにイヤ!ケアの仕方は?

吹き出物の跡ってホントにイヤ!ケアの仕方は? どうしてもにきびの跡というのは、これからできる吹き出物と比べて治すのに長い期間が掛かりますからゆっくり進めます。 しかし消えない跡と言われても、不精をしなければ、きっと大変良い肌にする事も不可能じゃないのです。焦らずに対応する事です。 でこぼこが完治しないのは、その以前のニキビの時点で潰す、触るなどをしたのが原因です。 しかし、サボらずにケアをしたとしてもどうしても跡になる場合はあると聞きますのです。それが残るかは肌質が決

スキ
28

ただ単純に言いたかったのよ

何年前の画像だろう 私は自分で撮ったこの画像が大好き♡ 記事を書くためによく見てみると気がついたの 彼らを見てみると統一感がまるでないよね(笑) 自由‼︎  勿論わかっていますとも ここは海じゃない 水槽だから広さに限界がありますよね それから言うと自由じゃない でもその限られた彼らの世界の中で 各々は自由に泳ぎ回っていて 私たちみたいに きちんと並ぼうね 決まりは守ろうね 今ここでそれは良くないよ なぁんてまるでない 自由って環境・身が置かれた場というか置いた

スキ
5

【家庭菜園2022】私は庭で無敵になる

最近、植物の水やりやお世話をしていると、 「かゆい…」 えっ⁈ もう蚊が出始める時期だったかな?と。 いつの年だったか、 蚊が出始める→庭に出たくない→植物枯れる という負のスパイラルになり、その年は蚊除け対策に奮起。 ハーブをしこたま植えたりするなど、植物に無害な方法で試しましたが、蚊除けに全く効果なく、ただ育てる植物が増えただけでした。 手っ取り早い蚊取り線香は、ご近所さんの洗濯物に臭いが付いたり影響がありそうで使えなかったり。 今年こそは‼︎ わたしには負け

スキ
4

最近の双眼鏡はすごいなぁ☺️

ちと前から、双眼鏡が無性にほしくなっておりまして。 特に普段に何かをみるわけでもないのですが、旅行で遠くの景色を眺めたり星空をみたりしたいなぁとか妄想してます。 双眼鏡との出会い僕と双眼鏡の出会いは、たしか小学生の五年生くらいの時、兄弟で一つずつ双眼鏡を買ってもらったのが最初。 結構ちゃんとしたビクセンの双眼鏡で、親戚に中学校の理科の先生がいたので多分その人のおすすめもあったんだと思います。 当時オペラグラスしか見たことがなかった僕は、本格的な双眼鏡越しにみえる鮮明な拡大

スキ
22