私の勝負曲 光と影

#私の勝負曲
誰かに私の歌を披露するための勝負曲という名目で話をさせていただくと、そもそも人前で歌を歌う場面というのは限られてくるのではと思います。
歌手でもない限り大勢の人前で歌うことは無く、せいぜいカラオケで友人や家族を相手にして歌うことぐらいしかないのではないでしょうか。
とは言いつつも、ひとカラが主な私にとってはそんな場面すら稀だったりします。
好きな歌はたくさんありますが、人前で胸を張っ

もっとみる

東京パフォーマンスドール「Starship Flight」

いつだったか、メンバーが「今までやってきた中で振り付け一番難しい曲」と言っていた記憶がある。「足の動きが大変」とも。難しいフォーメーションがあるわけではないとは思うのだが、体の動かし方としてよほど難しいだろう。ハロプロから流れてくるファンが多いくらい、パフォーマンスには間違いないものがあるTPDをして難しいと言わしめるとは相当な難易度と思われる。

前回のオンラインライブではこの曲が披露されたが、

もっとみる
励みになります!ありがとうございます

JUDY AND MARY「クラシック」

今まで気にも留めていなかった曲を、ふとしたことをきっかけに好きになることがある。それまでも目にし、耳に入れていたはずなのにある時から急に違って聴こえる。価値観なんてそう変わるはずもないのに不思議なものである。僕にとって、その象徴が「クラシック」だった。

以前に書いたゴダイゴ「ガンダーラ」が僕の中での名曲第一位だとしたら、「クラシック」は二番目にランクインする。勝手なランキングだが。

もともと、

もっとみる
励みになります!ありがとうございます

【31位】マーサ&ザ・ヴァンデラスの1曲―夏のダンスは路上で。革命の季節のなかで

「ダンシング・イン・ザ・ストリート」マーサ&ザ・ヴァンデラス(1964年7月/Gordy/米)

Genre: R&B, Soul
Dancing in the Street - Martha and the Vandellas (July, 64) Gordy, US
(Marvin Gaye • William "Mickey" Stevenson • Ivy Jo Hunter) Produ

もっとみる
アランちゃんも喜んでいます!
13

名曲:香水 タロの助アレンジ

別にき~み~を求めてないけど🎵
しりので~かさを~見て思い出す🎵

君のし~りのあ~なに垂れ下がったそのソーメンのせいだよ🎵

べつにき~みをま~た好きになる🎵

くらいき~みは素敵な人だよ🎵

でもまた同じことの繰りかえ~しで🎵

ニラとかぶら下がるんだ🎵

HEY‼️‼️‼️

よっしゃー!!感謝です!!
67

瑛人さんの名曲"香水",のイントロのギター/アコギのコード進行と弾き方/アレンジを大解説! ~この一年,超話題の名曲!アコギの良さが最大限に生かされる!~ @瑛人 @創弾き語り OHORI123 ​

OHORI123の「アコギのすゝめ」 第578回目!!今回は,OHORI123としては,意外な楽曲を取り上げます!!

この一年で大変話題の,瑛人さんの"香水"の,イントロに於けるコード進行/弾き方,そして,アレンジのレクチャー!!

アコースティック・ギターが大いにフューチャーされている楽曲であるだけに,基本的かつシンプルな奏法が目白押し!! アルペジオ中心のフィンガー・ピッキング/指弾きや,近
もっとみる

東京パフォーマンスドール「DREAM TRIGGER」

夢の引き金をひく、そんなタイトルに負けていない力強い曲である。僕にとっての東京パフォーマンスドール(TPD)のイメージは、「BRAND NEW STORY」とこれが代表格である。
デビュー作「BRAND NEW STORY」をひっさげ、新生TPDの第二弾シングルとしてリリースされたこの曲は、当時のTPDの楽曲の指針を示したような位置づけの曲になっていただろう。ライブを見ても、メンバーが横に並び、訴

もっとみる
励みになります!ありがとうございます

キンモクセイ-二人のアカボシ LIVE Rec 2020

なんとも懐かしい曲が一カ月ほど前に上がっていた。
子供のころ、家族で遠出をすると、必ず夜の高速を走っている間にラジオで流れていた。
当時は飽きるほどに流れすぎていたが、今では夜景・高速・ドライブなどのキーワードを耳にするとこの曲を思い出す。とても好きな曲です。

ありがとうございます!励みになります。
3

ポートオブノーツ「more than paradise」

#私の勝負曲。まさに名曲。彼等の代名詞と言っても過言ではありません。
パーカッションのリズムに乗り、温かみのあるギターのイントロが…そして哀愁漂う歌声が聴こえた瞬間、あなたの部屋が南国リゾートに一変。このエキゾチックな雰囲気が堪りません。

バックコーラスの真城めぐみさんは、過去に何度かご一緒させて頂きましたが、声が枯れるまでテイクを重ねたレコーディングがあり、その節は大変申し訳ありませんでした。

Follow me❤
28