この一曲(Living In The Heart Of Love / The Rolling Stones)

この一曲(Living In The Heart Of Love / The Rolling Stones)

Living in the heart of love Living in the heart of love Living in the heart of love Living in the heart of love Take me there, I've been freed Today I get a crazy seize Then I saw her, yes outside Tomorrow I'l be there, ain't that nice Li

あの名曲を超完璧に歌ってみた
再生

あの名曲を超完璧に歌ってみた

上手に歌えましたよ~(^^)/

週末になるとオッサンの頭に流れてくる曲 その2

週末になるとオッサンの頭に流れてくる曲 その2

勤め人の定めどうしても金曜日になると、土日は休み…と思う学生時代からの習慣が抜けません(苦笑)。 そんな中、以前はこちらを紹介しましたが↓ 今回はこちらの2曲。 一つ目は、南里沙様の演奏で↓ 二つ目は久石譲様の公式から↓ NNN系列で流れるので、どうしてもジ◯リとか、ル◯ン三世とかを思い出すのですが、有料放送や動画配信がここまで普及していなかった時代にテレビでコンテンツが楽しめる…というのは、今はオッサンになった私にとって、ちょっとした楽しみな時間だった…そんなファ

スキ
19
イントロ長すぎるよ「You Could Be Mine」

イントロ長すぎるよ「You Could Be Mine」

前回はガンズのNovember Rainを紹介したので、今回はその対になっているアルバムから1曲紹介します。 You Could Be Mineでございます。 映画「ターミーネーター2」でも使われたこの曲。いちおうシングルカットもされていて、ビルボードチャートの最高位は29位。メロディーが美しいタイプの名曲ではありませんが、ロックとしてはかなりかっこいい部類の曲です。 僕が初めてバンド単位で演奏したのはこの曲だったので、強烈な思い入れがあります。 ドラムは台湾からの留学

大空と大地の中で/松山千春 Coverd by Satona
再生

大空と大地の中で/松山千春 Coverd by Satona

初めての松山千春さんのカバー。 勇気づけられる言葉が たくさん散りばめられていました。 "歩き出そう 明日の日に" "いつの日か 幸せを 自分の腕でつかむよう" そう、野花のように 大空と大地の中で/松山千春

毎年11月に絶対に聴きたくなる曲「November Rain」

毎年11月に絶対に聴きたくなる曲「November Rain」

ガンズアンドローゼズ、通称ガンズ。 そのNovember Rainが名曲すぎるので紹介させてください。 ちなみに僕が初めて買った洋楽CDはガンズでした。 November Rainの簡単な曲紹介ガンズはどこからどう見てもハードロックバンド。耐性のない人にはかなり騒々しいロックです。ですが、今回紹介するNovember Rainはバラード。ロックが苦手な人も聞けるアレンジです。 1991年に2枚同時発売された「Use Your Illusion」の1枚目(黄色いジャケッ

スキ
1
この一曲(Don't Ever Change / Brinsley Schwarz)

この一曲(Don't Ever Change / Brinsley Schwarz)

You never wear a stitch of lace Your powder's never on your face You're always wearing jeans except on Sunday So please, don't ever change Now don't you ever change I kinda like you just the way you are You don't know the latest dance But

スキ
2
くじけそうな君へ 起き方を教えてくれる「つまずいて転んですりむく」ラルク、フジファブリック、BUMPの名曲たち
+1

くじけそうな君へ 起き方を教えてくれる「つまずいて転んですりむく」ラルク、フジファブリック、BUMPの名曲たち

今月、新聞に掲載してもらった「若者のすべて」に関する文章の中で、私は「転んですりむいたとしても」という言葉を何気なく書いていた。諸事情でそこは「挫折をしたとしても」という言葉に変更となったが、なぜその言葉を選んで書いてしまったのか、後から考えてみると、《躓いて転んだ時は 教えるよ 起き方を知っている事》という歌詞のあるBUMPの「なないろ」を聴きまくっているためかもしれないと気付いた。 もちろん「若者のすべて」の中にも《すりむいたまま 僕はそっと歩き出して》という歌詞があり

スキ
2
或る雨上がりの散文
+1

或る雨上がりの散文

こんばんは、今日もおつかれさまです。 最近、曲を書けなくなってきたと言ったな… あれは嘘だ。 鬼のように、神のような名曲を書き始めました。 以前、音楽は数式というようなことを言っていましたが、人と環境が変われば、奏でる音も変わると思います。 その時々の名曲というのは、その時、そのメンバーで最高のものが作れた時に、そうなるんだなと気づきました。 もちろん世の中には、誰が聴いても名曲だという曲もあるでしょうが、そういうのとはちょっと違う意味での名曲です。 言葉で書いても伝

インドダンスポップ最高傑作 - Tunak Tunak Tun - Daler Mehndi

インドダンスポップ最高傑作 - Tunak Tunak Tun - Daler Mehndi

昔、インドへ行ったときに流れていて即買いした思い出深い曲。デブったおっさん声でトゥルットゥルットゥーというフレーズがキャッチーすぎる。