WWDC20

iOS14のiPadOSに向けてiPad Pro を購入した

今日は4日ですが、7月1日に日付が変わった瞬間にiPad Pro 11インチを購入しました。

購入したものは
- iPad Pro wifi + cellular モデル 256BG のスペースグレイ
- Magic Keyboard
- Apple Pencil
の3点セットである。

合計17万円弱の出費でした。

前回のミラコスタホテルの予約といい、今月の出費は燃え上がりそうである。ただ、

もっとみる

シンガポール夜景写真集。

今、どんどん発展していっているシンガポールの美しい夜景を写真集にして投稿します。癒されますよ〜!

ここからはiPhoneSE(第1世代)で撮影したものです↓

終わり。

もっとみる
ありがとうございます!😍
46

WWDC2020から感じるAppleデザインの変化。そこから得たデザイナーとしての学び。

こんにちは、株式会社アイデミー デザイナーの浅本です。

先日行われた、AppleのWWDC2020の発表は皆さん見られましたでしょうか?
私はたまたま起きていたのでBGMのような感じで聞いておりました!

私自身、スマートフォンやガジェットが趣味ということもあり、新しくなったデザインはもちろんのこと、Apple Siliconなどデザイン以外の部分についても熱く語りたい心境ですが、
今回はデザイ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもお願いいたします。
6

WWDC20:忙しい人向けの Visually edit SwiftUI views

作成する View

こんなビューを作っていく。

出てくるショートカット

・ライブラリ表示(Cmd + Shift + L)
・要素の複製(Cmd + D)
・コンテキストメニュー表示(Cmd + クリック)
・インスペクタ表示(Cmd + Option + クリック)

Xcode Previews

ライブラリ(Cmd + Shift + L)から、コントロールやモディファイアを Prev

もっとみる

WWDC20:忙しい人向けの Data Essentials in SwiftUI - Part 2

パフォーマンス

SwiftUI は View の Identity とライフタイムを管理する。View は軽量かつ安価である必要がある。

SwiftUI の全体のライフサイクルはこのようになる。イベントが Source of Truth を変更させ、それを契機に View がコピーされ再レンダリングされる。

このサイクルのどこかに遅い処理があると、パフォーマンスに影響が出る。

View の

もっとみる

WWDC20:忙しい人向けの Data Essentials in SwiftUI - Part 1

データ設計

SwiftUI で View を作るときに3つの質問が役立つ。

・必要としているデータは何か?
・どのようにデータを操作するか?
・データはどこから来るのか(Source of Truth)

データモデルの設計において、最後の質問がもっとも重要。

データを操作しない View は状態を let プロパティで宣言でき、Source of Truth は親ビューが BookCard

もっとみる

2020年6月第4週 音声メディア関連ニュースまとめ~各社のコミュニティ戦略【ラジオ#132】

2020年6月第4週(6月22日~6月28日)に見つけた音声メディア関連ニュースのまとめです。

★注目ピックアップ

現在Anchorでは、明確に「米国のみです」と書かれ、広告は利用できないですが、これで日本での広告利用が促進されることを期待したいですね。

Spotifyが「Spotify for Brands PARTNER」制度をスタート|スポティファイジャパン株式会社のプレスリリース
h

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。がんばるぞ!
13

Apple Pencilユーザー朗報!iPad OS14の注目機能まとめ 【WWDC20】

WWDC20で発表されたiPad OS14の新機能、注目機能についてまとめました。スクリブルで日本語認識できるならApple Pencilの利用シーンがますます広がりそうで楽しみです!

今週のxRトレンドウォッチ! (2020.06.29)

ほぼ週でアップフロンティアが気になった記事を紹介していく連載になります!

大きく3つのアップデートが公開された「ARKit 4」

今週はアプリ開発業界では避けては通れない、Apple社のイベント「WWDC 2020」でしたね。今年も ARKit の情報が出てきました。

ARKit 4 では新しく
・Location Anchors:街をARCloud化
・Depth API:LiDARの距離

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4

iOS14で登場する@AppStorageのバックポートライブラリを作った

iOS14から@AppStorageというクラスが登場します。今回はこのAppStorageをiOS13でも使えるようにするバックポートライブラリを開発しました。

@AppStorageは@Stateと同様の挙動をしつつ、代入された値を永続化することの出来るPropertyWrapperクラスです。

AppStorageの挙動について

もっとみる