見出し画像

AppleのWWDC22の基調講演で、最も私に刺さったのはCarPlay!!これが何を意味するのか?!

Singularity Society

日本の基幹産業である自動車業界に電気自動車という波が襲ってきている今!さらなる波にのまれてしまうのか?!それとも上手に乗って行くことが出来るのか?!これらを大きく左右するかもしれない発表が、AppleのWWDC22の基調講演で行われたようです。それが意味するものは!


AppleのWWDC22の基調講演で、最も私に刺さったのはCarPlay。長年自動車業界にソフトウェアを提供して来た経験から、これが何を意味するかについて語ってみる

まず第一に、スピードメーターとかタコメーターのあるインストルメント・クラスターのUIまでAppleがやってしまうというのは本当に画期的。私も会社もプロトまで作って提案したけど、どうしても通らなかった。

通らなかった一番の理由はベンダーの壁。自動車メーカーは、カーナビはパナソニック、クラスターはデンソー、みたいに複数のベンダーから部品を調達して車を作るので、その垣根を乗り超えるのがもの凄く難しい。

さらに、クラスター(※)までAppleのソフトを使うということは、ユーザー体験をほぼApple任せにしてしまうことを意味する。メーカー独自のユーザー体験を提供できなくなってしまう。

にも関わらず、これだけの数の自動車メーカーがCarPlayの全面採用に踏み切ったのは、お尻に火がついているから。Teslaが加速したEVシフトが、自動車を「走るコンピューター」に進化させてしまったのだ。

これまでソフトウェア作りをハードウェアメーカーに丸投げして来た自動車メーカーには、ソフトウェア・エンジニアはおろか、ソフトウェアが分かる経営者もいない。このままでは、Teslaどころか中国の自動車メーカーに負けてしまう。

そこに手を差し伸べたのがApple。Appleであれば、Googleのように広告でユーザー体験を台無しにすることもないし、プライバーシーの面でも安心。

Microsoftは WindowsCEとWindows Mobileの失敗で組み込み系からは撤退してしまったし、現時点では Apple の CarPlay より魅力的なソフトウェアを提供できる会社は存在しない。

さらに詳しいことは、来週のメルマガに書いたのでそちらをご覧ください。ここまで読んで気がついたと思いますが、これは「ついつい最後まで読んでしまう宣伝」という新たなマーケティング手法の実験でもあります

メルマガ 週刊 Life is beautiful 

(※)クラスター・・・メータークラスターは、スピードメーターや走行距離計など走行時に必要となる各種メーターをまとめたもので、通常はハンドルの向こう側にある計器類一帯のパネルを指す。関連して、カーナビやオーディオなどが収まったパネルはセンタークラスターという。


おわりに
シンギュラリティ・ソサエティでは、テクノロジーがどのように社会に影響を与えるか、様々な議論をしています。 DAOなどに代表されるブロックチェーンやスマートコントラクトのテクノロジーは、社会や経済の仕組みをコード化し、透明且つ効率に仕組みに刷新する可能性を秘めています。
現在、シンギュラリティ・ソサエティでは、DAOやDeFi、Smart Contractなどの勉強や開発、NounsDAOへのプロポーザルプロジェクトなど、Web3の活動も行っています。今後もこれらに関する記事を発信していきますのでお楽しみに!

https://note.com/singsoc/n/nbf93baae3d8f


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!