IT人材

137 成長を阻害する保守的な組織体制

Insight Tech アイタスクラウド営業担当です。 金融機関(銀行・証券・保険の大手24社)のDXによる業務量削減の効果が、2023年度までに約4万人分の見込みであることが日経の調査で分かったようです。 業務見直しの対象は、事務、管理、支店、コールセンターが中心となる見込みで、浮いた人手は営業部門等へ配置転換するとのこと。海外に比べ解雇の条件が厳しい日本においては、業務を切り離して人員を調整するなどの見直しができないため、今後デジタル人材の育成に注力していく構えのよう

スキ
7

IT人材の育成に苦労していませんか?~実践的な「プロジェクトマネジメント人材育成トレーニング」~

前回の記事では、当社が今年の6月に実施したDXサーベイの調査結果についてご紹介しました。 改めて調査結果についてお伝えすると、DXに成功している企業は共通して以下3つの取り組みを実施している、ということが分かりました。 ・ DXに適切な組織をつくる ・ DXの計画をしっかりマネジメントする ・ DXに必要な人材を育成・確保する (前回記事→「DXに成功している」企業が行っていること) DXサーベイの調査結果を受け、9月27日~29日に実施したウェビナーでも、この3つの取

スキ
4

東南アジアよりこんにちは🌞 今はミャンマーもリモートワークが 一般的ですが、 ITの仕事に就くエンジニアは 女性が8割とIT業界は女性中心の仕事😳 写真はとある日系IT企業のオフィス風景。 かなり狭い場所で多くの人が働いています。 IT人材はだんだんと増加中😆

スキ
24

先ずIT人材の人件費より始めよ

デジタル庁の発足に伴い、有識者と言われるお偉いさん方が集まって行われるデジタル庁社会構想会議の第1回が先月実施されました。 驚いたのですが、楽天の三木谷氏が日本のデジタル化、IT活用が遅れている状況への対策として、IT人材不足解消のために移民を導入すべきと言っていることです。 アメリカ合衆国では移民やその子孫によって世界に冠たる巨大IT企業が作られた、あるいはCEOをやっているという説明をしていますが、そもそもアメリカはIT以前に建国からずっとあらゆる業種で移民を受け入れ

スキ
3

海外人材、遠隔でIT業務

海外に住んだまま、日本の企業にリモート勤務する働き方が普及してきています。 日本企業はDXをおこなうにも「IT人材不足」が深刻であり、インドやベトナムにいるIT人材の確保が策としてあがっていますね。 今や日本中で「IT人材」は引っ張り凧であり、中小企業にとってはより確保が難しいのです。 人材大手パソナは、リモート勤務の外国人IT人材を中小企業へ紹介して労務管理等も全て対応するサービスをはじめます。 ようは、パソナに在籍させて企業に派遣する「リモート外国人派遣事業」です

スキ
21

【ニュース】IT分野からSDGsに貢献!!ゆいまーるのシステム事業“Itoop”が、共同通信PRワイヤーにてプレスリリースを配信しました!

みなさん、こんにちは! ゆいまーる広報部です♪ 共同通信が運営するウェブメディア「PRWire」に"Itoop"を紹介しました! 記事はこちらから☆ そもそも"Itoop"とは?Itoopとは、弊社代表島袋尚美が展開する事業の一つで、ホームページ作成やシステムコンサルティングなどを行っています☆ 「一人ひとりが自力をつけ、自分で自分を幸せにする人であふれた豊かな社会をつくる」という理念に基づき、SDGs達成に力を入れているとのこと! そのためにも、社会人インターン

スキ
6

確かに安すぎるIT人材の給与…

日本のIT人材が少ないことは、色々なところで囁かれている。 でも正直、その割に給料を上げたとか働く条件が良くなったなどの情報は、これっぽっちも出てこない有様… 未だに中小でIT人材と言っても、ひとり情シス的な業務用PCで困ったことがあったら聞いて応えてくれる人材だったりするし、ちょっとパソコンに詳しいレベルだったりもする… まあそもそも昨今の企業経営において、案件の発注だったり、経理だったり、給与計算だったり、色々なものがシステム化されている状態にも関わらず、組織内の情報

スキ
12

2021/09/23の一本

本日に取り上げるのはビジネス面からこちらの記事。 内容は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を支えるIT人材の争奪戦が激化していること、そしてIT人材がIT業界からも流れていことを記載している。 この記事を取り上げた理由は、IT人材としての価値をしっかり上げる重要性を感じたためだ。 というのも、私は現在、ITコンサルタントとして務めており、こここで言うIT人材に該当すると考えている。 その一方でITコンサルタントとしてしっかりバリューを発揮できているかは疑問が残

スキ
1

日本のIT業界の課題を知ると、ますます子どもにプログラミングを学ばせたくなるワケ

こんにちは! アルゴリズミクス世田谷です。 今回は、日本のIT業界の課題を考えながら、子どもとプログラミングについて改めて考えてみたいと思います。 きっかけは先日目にしたこのブログです: このブログをもとに、いくつか考えていきましょう。 IT業界のベンダー比重高の日本が抱える問題点日本ではプログラマーを含むIT関連の人材の実に72%が、「ベンダー企業(=技術を提供する組織)」に属しているそうです。一方、米国では「65%」がソフトウエアを利用する「ユーザー企業」に属して

スキ
1

「DXに成功している」企業が行っていること

この度開催するウェビナー「次世代ITリーダーが直面しているDX推進課題と解決の糸口」(9月27・28・29日開催)では、当社が今年の6月に実施したDXサーベイの調査結果に基づき設定したテーマをお話します。 DXサーベイは、DXの意思決定に関与したことがある回答者に限定し、DX の取り組み実態を把握し、DX の成功と失敗の分岐点が何かを明らかにすることを目的に実施しました。 DXサーベイから見えたものDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みテーマは、「新規事業の創出

スキ
9