事務SOLマン(ジムソルマン)/中小企業の皆様にお役に立てる情報を発信しています!

事務SOLマン(ジムソルマン)は、中小企業を倒産させない(潰れない会社を作る)ために開…

事務SOLマン(ジムソルマン)/中小企業の皆様にお役に立てる情報を発信しています!

事務SOLマン(ジムソルマン)は、中小企業を倒産させない(潰れない会社を作る)ために開発された1ユーザー無料で利用できる中小企業向けERP「事務SOL」の普及と中小企業の皆様にお役に立てる情報を発信しています。 ・事務SOLHP→https://www.jimusol.net/

最近の記事

  • 固定された記事

平成の悪夢の再来が、DXと名を変えてやってきた!

生成AIはお使いいただいていますか? 思い通りに使いこなせればとてもいいものですね。 第一秘書として採用です。 さて、最近ノーコードツール※が流行っていますが平成の悪夢を経験している方々は戦々恐々ではないでしょうか。 なぜなら、昔も同じようにエクセルでマクロを組んでエンドユーザーコンピューティングと名乗り、野良システムが氾濫して崩壊した時期がありました。 ※主なノーコードツール:RPA、キントーン 自己満足で出来栄えはいいですが、その担当者が異動や退職した際には、引き

    • 求職者に選ばれる企業になる方法!

      今はご存知の通り、売り手市場です。 求職者が、企業を選びます。 そして当然ですが、選ばれる企業と選ばれない企業が出てきます。 やはり選ばれる企業でいたいものです。 そこで今回は、パーソル総合研究所が就活者の内定辞退について調査したところ、「内定応諾」に至る企業と「内定辞退」に終わってしまう企業の違いが浮かび上がったという記事がありましたので、ご紹介させていただきます。 ― 内定を承諾した「決め手」とは ―   パーソル総研が23年11月に、内定・内々定を受けて就活を

      • テレワークの実態調査!

        国土交通省が令和5年度 テレワーク人口実態調査の調査結果の概要を発表しました。 ▽実施率▽ 全国的に令和3年、4年と徐々に減少していますが、令和1年よりは高い水準を維持しています。  より戻しが見られるものの、コロナ禍よりは依然高い水準でテレワークが実施されている状況です。 令和1年 14.8% 令和3年 21.4% 令和4年 18.8% 令和5年 16.1% 今後、コロナ禍以前と同じ水準まで下がるのか注目です。 ▽実施頻度▽ 一週間あたりのテレワークの平

        • 年収アップシリーズ第2弾!全てのものに目を通せ!

          ニュースサイトを見ていると同じようなジャンルのニュースばかりが出てきて面白くない。 最近のシステムのアルゴリズムのせいか、一度見たものが勝手に嗜好品に登録されているのか甚だ迷惑だ。 情報収集の偏りが、思考にも影響を与えてしまう。 昔のスマートフォンがまだない時代は、沢山のアナログの広告やチラシが目に飛び込んできた。 ここで、人生の岐路に立たされていることにも気付かずに広告やチラシを捨ててしまっていた。 とても残念なことだと気付かされたのは、とある会社の社長さん。 山になっ

          入社1年目の社員6割は会社を辞めたい!

          人材難といわれ、新卒の初任給が40万円の企業が出てきました。 この金額を提示したのは、アパレル企業のTOKYO BASEという会社です。 ネットで話題になっていたので、ご存知の方も多いかと思います。 十分な宣伝効果があったのではないでしょうか。 40万ほどではありませんが、他社の初任給も上がっています。 NECは大卒初任給を現行水準に比べ、1万8900円増の28万円。 日本製鉄は大卒で26万5000円、高卒で21万円に初任給を改定、引き上げ率はそれぞれ18.3%、

          社会人の意識に関する調査!

          楽天インサイト株式会社が転職経験など社会人の意識に関する実態を調査しました。 ▽調査概要▽ 調査期間:2024年2月5日~2月7日 調査対象:全国の 20~49歳男女 有効回答:1,000人       ▽仕事は楽しい 4割▽ 現在の仕事について聞いたところ、楽しい派は約4割の40.1%、楽しくない派は59.9%となりました。 自分に合っていて、楽しいと感じる …………… 31.9% 自分に合っていないが、楽しいとは感じる …… 8.1% 自分に合っているが、楽しい

          月曜日に会社に行きたくなる会社!

          採用が難しいご時世ですが、さらに転職者が増えてしまっては、目も当てられません。 そこで今回は、転職理由ランキングがありましたので、ご紹介させていただきます。 ― 「給与が低い・昇給が見込めない」が1位 ― 「doda(デューダ)」は、「転職理由ランキング最新版」を発表した。 1位:給与が低い・昇給が見込めない 36.9% 2位:社内の雰囲気が悪い 26.9% 3位:人間関係が悪い/うまくいかない 26.6% 4位:尊敬できる人がいない 24.7% 5位:会社の

          職場の花見 9割が開催なし!

          今年はコロナが5類に移行してから初めてのお花見シーズンを迎えます。 そこで、Job総研が今年の職場のお花見について調査を行いました。 ▽調査概要▽ 調査期間:2024年2月21日~2月26日 調査対象:全国の 20~50代社会人男女 有効回答:606人       ▽今年のお花見 9割が開催なし▽ 今年の職場のお花見の実施有無を聞いたところ、「開催なし」が「開催あり」を大きく上回る88.7%でした。 開催あり … 11.3% 開催なし … 88.7% これは未定

          本当の業務効率化になるDXとは!

          最近、飲食店に出かけてもフロアの人が少ないなと思いオーダーしたものはまだかなとイライラしないで我慢することが増えました。 飲食店に限らず、オフィスでも人手不足でやることが多くてイライラしていませんか? イライラは健康によくないですし、作業のミスにも繋がります。 会社の決定権者に相談して仕事環境を整備してもらいましょう。 そこで、間違った環境整備DXは更に状況を悪化させます。 良くないDXの順位は以下の通りです。 1位:単品ソフトを使う   ※例)給与計算ソフト、販売管

          トヨタ純利益4兆円の秘密!

          先月ですが、トヨタが24年3月期の連結純利益見通しが、前期比で84%増の4兆5000億円になる見込みと発表しました。 純利益4兆円台は、トヨタとして初めてで、2年ぶりに最高益を更新するとのことです。 やはりトヨタはすごいですね。 それもこれも全部、下請けい○めで、材料費が上がり苦しんでいる中小企業の方々にコストダウンを強要したからでしょうか・・・ 申し訳ございません、下請けい○めは○産でした。 ○産は下請法の違反を認め、下請け業者の方々に減額分を支払っているとのことで

          業務効率の革命!企業間受発注SNS!

          今回は、弊社が開発した中小企業向けERP「事務SOL(ジムソル)」の新機能について、発表させていただきます。 トップの画像やキャッチは大げさではなく、経営・事務作業に「革命」的に業務効率化・作業時間の短縮を実現いたします。 ですので、経営者の方はもちろん、営業・事務の方も非常にお喜びいただけると思います。 しかも、そのような「革命」的な機能でも1アカウントでしたら、全機能を無料でご利用いただけます。 ※アカウントの追加も安価にてご利用いただけます。 それでは、新機能に

          中堅社員の実態調査!

          ALL DIFFERENT(オールディファレント)株式会社とラーニングイノベーション総合研究所は、中堅社員に対し2023年9月に直面している困難やその乗り越え方に関して意識調査を行いました。 ▽調査概要▽ 調査期間:2023年9月28日~9月29日 調査対象:社会人5年目~11年目以降の管理職未満の600人       ▽職場の雰囲気や文化は成長に役立つ▽ 「自分の成長に役に立ったと感じる会社の良いところ」を聞いたところ、トップは「職場の雰囲気・文化」で27.5%でし

          社員が現場で「シャドーIT」になっている!

          なかなか対策が難しい「シャドーIT」。 ご苦労されている企業が多いようです。 ― 約9割の企業がシャドーIT対策に課題 ― アシュアードは24年2月29日、会社の許可なく従業員が使用しているシャドーITへの対策実態に関する調査結果を発表した。 調査の結果、シャドーIT対策を講じた企業の約9割が対策に課題を抱えていたことが分かった。 主な課題として 利用サービスが可視化できていない:35.9% 検出したサービスをどのように扱うかのポリシーやルールが定められていない

          パワハラの実態調査!

          株式会社アシロは、ポータルサイト「ベンナビ労働問題」にてパワハラに関するアンケート調査を行いました。 ▽調査概要▽ 調査期間:2024年2月5日~2月8日 調査対象:18~69歳の社会人3,000人       ▽パワハラ被害 約6割▽ 調査対象者全員に「自身がパワハラを受けた」もしくは「他の人がパワハラを受けているのを見たことがある」か尋ねました。 その結果、全体の約6割もの人がパワハラ被害を経験、もしくは見たことがあることが分かりました。 【パワハラ被害】

          今、注目されている新卒採用サービス!

          弊社が24年卒採用に奮闘する中、25年春に卒業予定の大学生らを対象とした企業説明会が3/1日に解禁されました。 人手不足が深刻になる中、すでに内定率は3割を超え、初任給を上げている企業が相次いでいるとのことです。 ― 企業の7割が「厳しくなる」と予想 ― 「マイナビ」の調査によると、25年卒の新卒採用について、文系、理系ともに7割近い企業が難航すると予想していることが分かった。 採用予定数は前年並みだが、前年より「非常に厳しくなる」「厳しくなる」と回答が20ポイント近

          転職防止には、明確なキャリアパスの提示!

          前回、「悩む新人!気が付かない上司!」というタイトルで、入社直後に転職サイトに登録する新人が急増しているという内容をお送りさせていただきましたが、・・・実は 勤続3~5年の社員も転職を考えている方が多いようです。 ― 勤続3~5年社員の4割が早く転職したい ― 人事向けサービスを展開する調査会社のアスマークが24年1月26日に発表したリポート「勤続年数と転職意向の関係調査」によると、勤続3~5年社員の約4割が「1年以内に転職したい」と考えている。 ― 転職すると年収ア