BtoBマーケ

デジタルマーケターならBtoBマーケティングを極めろ!

デジタルマーケターならBtoBマーケティングを極めろ!

あなたがマーケターだとしたら「BtoCマーケティング」と「BtoBマーケティング」のどちらに携わっているだろうか。この2つのマーケティングは根本的に違う手法だが、共通点も多い。これは持論だが、デジタルマーケターなら、BtoBマーケティングを極めるべきだ、との思いで、この記事を書いている。今、すでにデジタルマーケターのあなたも、これからデジタルマーケターになろうと思っているそこのあなたにもわかりやすく解説していこう。 「BtoCマーケティング」と「BtoBマーケティング」はま

スキ
6
LTVを爆増させるTheModel型組織は何をしているのか?
+2

LTVを爆増させるTheModel型組織は何をしているのか?

株式会社オンリーストーリーの竹中(たけなか)です。 決裁者マッチングサービスのマーケと営業を頑張ってます。 このnoteは、 LTV(ライフタイムバリュー)を、 プロダクトの秀逸さとかではなく、 「組織の力」で伸ばすために何をすれば良いのかについて、 つらつらと個人的な見解を書いていきます。 ・マーケティング ・インサイドセールス ・フィールドセールス ・カスタマーサクセス できれば、全部署の人に、このnoteを見ていただいて、 LTVを上げるために自分が何ができるか考

スキ
14
【Pardotフォーム拡張】バナー💈▷回遊🔄▷CV🎯|回遊しても流入ソースを保存する極小.jsライブラリを作った話
+2

【Pardotフォーム拡張】バナー💈▷回遊🔄▷CV🎯|回遊しても流入ソースを保存する極小.jsライブラリを作った話

こんにちは、Pardotとラーメン🍜をこよなく愛するツチヤと申します。 最近はPardotフォームを快適にする小ネタにハマっています。(こちらは過去記事です) ▷【保存版】Pardotフォーム埋め込みコード ▷ Pardotフォームで送信待ちアイコンを表示する 今回はフォーム拡張の第三弾記事です。 では、まずは背景から。 💈 バナー広告効果をキャンペーンに記録したいバナー広告を思い浮かべてください。利用者がバナーから自社サイトに来訪し、フォームに申し込み、プロスペクト化

スキ
10
社内でTwitterに全力で取り組んで3ヶ月でフォロワー総数4万人になった話
+8

社内でTwitterに全力で取り組んで3ヶ月でフォロワー総数4万人になった話

はじめに私が所属する株式会社リスティングプラスでは、今年の3月から5月までの3ヶ月間、社員30名で団結し、全力でTwitterに取り組んでみました。 その結果、5月末の時点で、社内のアカウントのフォロワーの総数は43,380人を記録し、Twitter経由でのセミナー参加人数や問い合わせ件数は25件ほど、採用イベントにはTwitterをきっかけに58人の方にご参加いただけました。 このnoteでは、どのように社員のTwitterを活性化していったのか、皆でTwitterを頑

スキ
27
ベルフェイス流ABM施策|コンテンツ×デリバリーのポイント
+2

ベルフェイス流ABM施策|コンテンツ×デリバリーのポイント

こんにちは。ベルフェイスでマーケティングをしている林です。 弊社のマーケティング組織(Marketing Division)は現在3チームから成っているのですが、そのうちのAccount Based Marketing Team(ABMチーム)とCustomer Marketing Team(CMチーム)の2チームでマネージャーをしています。 今期はABMチームを立ち上げ、いろいろやってきた半年だったのですが、そろそろ上期も終わりということで自分の中で振り返っていたら、「

スキ
26
BtoBマーケティングを極めるキャリアの築き方(『BtoBマーケの教科書』1-3)
+2

BtoBマーケティングを極めるキャリアの築き方(『BtoBマーケの教科書』1-3)

このnoteは僕が『BtoBマーケティングの教科書』と大げさな名前を付けて執筆しているシリーズの一部だ。 この記事で初めて僕のnoteをご覧になったという方は、ぜひ「はじめに&目次」を読んでほしい。 ということで本noteは第1章「BtoBマーケティング概論」の3、「BtoBマーケティングを極めるキャリアの築き方」について書いていこうと思う。 今回は大きく2つのことについて紹介する。この2つだ。 ・どうやってBtoBマーケターとしてのキャリアを歩み始めるのか ・Bto

スキ
12
BtoBマーケティングの現在地とあるべき姿(『BtoBマーケの教科書』1-2)
+2

BtoBマーケティングの現在地とあるべき姿(『BtoBマーケの教科書』1-2)

このnoteは僕が『BtoBマーケティングの教科書』と大げさな名前を付けて執筆しているシリーズの一部だ。 この記事で初めて僕のnoteをご覧になったという方は、ぜひ「はじめに&目次」を読んでほしい。 ということで本noteは第1章「BtoBマーケティング概論」の2、「BtoBマーケティングの現在地とあるべき姿」について書いていこうと思う。 BtoBサービスを提供する企業でも、数年前~10年前と比べて、マーケティング機能を持つ企業は圧倒的に増えてきた。 マーケティングの

スキ
7
BtoBマーケティングとは何か(『BtoBマーケの教科書』1-1)
+2

BtoBマーケティングとは何か(『BtoBマーケの教科書』1-1)

このnoteは僕が『BtoBマーケティングの教科書』と大げさな名前を付けて執筆しているシリーズの一部だ。 この記事で初めて僕のnoteをご覧になったという方は、ぜひ「はじめに&目次」を読んでほしい。 ということで本noteは第1章「BtoBマーケティング概論」の1、「BtoBマーケティングとは何か」について書いていこうと思う。 「法人向けにマーケティングをすることですね」の一言で済ませるならわざわざ1つのnoteにまとめるまでもない。この記事では、 ・そもそもマーケテ

スキ
21
BtoBマーケティングの教科書〜はじめに&目次〜

BtoBマーケティングの教科書〜はじめに&目次〜

本noteから始まる一連のnoteは「BtoBマーケティングの教科書」と題して書く、僕のこれまでのビジネス経験の集大成だ。 これからどれだけの時間をかけて執筆していくかわからないが、超大作になることは間違いないので、複数のnoteに分けてBtoBマーケティングの教科書を作っていく。もしお付き合いいただける方がいたらぜひ本アカウントをフォローして欲しい。 はじめにこれから、BtoBマーケティングの基本から応用まで、僕が持っている全ての知識やノウハウを網羅していく。 「お前

スキ
17
BtoBマーケのおすすめNote記事5選

BtoBマーケのおすすめNote記事5選

記事1:BtoB SaaSスタートアップからよく頂く、マーケティングに関する「戦略」「戦術」「採用」に関する質問に答えてし... ■おすすめポイント よくあるマーケティングのノウハウの記事ではなく、「BtoBマーケティングにおける考え方」が記載されている。 私は、マーケ施策は頻繁にそのタイミングそのタイミングで変わってしまうと考えています。ただ根本の考え方はノウハウよりは頻繁に変わらないと思っています。その根本の部分をボリューミーに学べるのでとてもおすすめ! 記事2:マー

スキ
9