データ活用で採用を「見える化」するソフトバンクの人事部門 <源田泰之さん vol.1>

データビークルの西内啓がデータ活用で成果をあげている組織のキーパーソンとデータサイエンスの現実について語り合う対談シリーズ。「ソフトバンク」人事総務統括 人事本部 副本部長の源田泰之さんに、データを活用した人事戦略についてお話をうかがいました。第1回目は、「データを活用して採用を見える化する取り組み」について迫ります。

営業職から「ソフトバンクアカデミア」での人材育成の業務へ

西内 源田さんの

もっとみる

不況下でも高い営業成果を上げることのできる営業手法「チャレンジャー・セールス・モデル」とは?

著:マシュー・ディクソン、ブレント・アダムソン

本書は、4年間に渡り90社6000人もの営業パーソンを調査することで見えてきた「不況下においても高い成果を上げることのできる営業手法」を体系的にまとめた良書です。コロナにより営業活動に逆風が吹く今こそ「チャレンジャー・セールス・モデル」の導入を検討してはいかがでしょうか。

どういった営業に向いているか

「チャレンジャー」型営業は、その全てを実行

もっとみる

デジタルマーケティングの定石 なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?

抽象的な概念と具体的なノウハウのちょうど間にあるようなマーケティングマネージャーからリーダーくらいにおすすめの書籍でした!

以下、今の自分のプロジェクトで使えそうなところを抜粋。自分や社内用メモです。その他にも参考になるところはたくさんあります!

見込み客の質を高めるのは営業
→インサイドセールスや営業のリソースが枯渇し、リードが捌ききれない状態なら、人事投資もしくはフォームの項目で質を測るた

もっとみる

B2BからD2Cへ

ジュエリー業界にとって、デジタル化を展開することは必然的でした。

オンラインショップの導入は店舗を持つ小売店だけでなく、製造卸メーカーも消費者に直接販売するために導入を始めています。果たしてオンラインショップがオフラインショップを終わらせてしまうのでしょうか?

*   *   *

Simon G. Jewelryはアメリカ有数の製造卸ジュエリーメーカーです。35年の歴史がある家族経営ブランド

もっとみる
ありがとうございます!
1

セミナーレポート【多言語SEO/Web広告を活用した海外向けプロモーションセミナー】8月28日(金)開催

8月28日(金)に弊社主催のオンラインセミナーを開催いたしました!
セミナーの概要から、第一部「アジアのグローバルSEO/Web広告プロモーション手法」、第ニ部「欧米/欧州のグローバルSEO/Web広告プロモーション手法」をまとめました。

セミナー概要

こちらのオンラインセミナーでは、以下のお客様を対象に、多言語SEO/Web広告プロモーションを中心に、海外のWebマーケティングのトレンドをお

もっとみる

B2Bでもブランドは創造できる

「ブランド」というと、やはり一般消費者に
知られているものを皆さん想起されるので、
「知っているブランドを挙げて!」と問えば
「ルイ・ヴィトン」
「エルメス」
「ロレックス」
「フェラーリ」
「アップル」
「トヨタ」
といった具合に、消費者が直接的に接する
ことの多い商品やサービスを扱うもの、
つまりはB2Cのブランドが上位を占める
だろう。

しかし、B2Bのブランドだって、有名に
なることは可

もっとみる

100人以上にインタビューを行い1年半かけてたどり着いた「新規リード獲得を支援する“OPTIO(オプティオ)”」の誕生秘話とは

■クロストレックス株式会社とは

 クロストレックスは2018年11月1日に、ネイティブ広告配信プラットフォームを提供するログリー株式会社と統合型PRソリューションを提供するビルコム株式会社の合弁会社として設立しました。

クロストレックスは両社の強みを活かしつつコンテンツマーケティング領域で新たなツール(SaaS)を開発し、お客様の課題解決を行い、結果的に「ツールを世に広めること」をミッションと

もっとみる

Amazon Web Services Users Email list

Acquire our Amazon Web Services Users Email List to connect with managers globally and Start closing deals with TargetNXT Amazon Web Services.

Amazon Web Services is a cloud- based platform service w

もっとみる

顧客経験価値仮説の視点での商品・事業戦略仮説

事業戦略大学(教員1名・生徒無限大)顧客経験価値のための商品企画開発の実践コース第12回

顧客経験価値仮説の視点とは、顧客の感覚、感情、思考、行動、共感(コミュニティ)など顧客の「行動変容」を新しくデザインすることです。新しい商品が購入され、それが使用され続けるということは、その商品の使用が切っ掛けとなり「顧客の行動が変わる」ということになります。「顧客の行動が変わる」と言うのは、顧客の望む感覚

もっとみる
嬉しい! そちらの記事も是非ご紹介ください。
9

コンピューターサイエンスを学んだ若者が能力を発揮できる場をつくる

西内啓の対談シリーズ。データビークル株式会社CEO油野達也の第3回目です。コンピューターサイエンスを学んできた若者がスキルを発揮できる場を提供したいと油野。そのような考えに至る背景について語りました。

プロダクトが日本のSIのビジネス構造を変える

西内 油野さんはSIとプロダクトベンダー両方で営業をされてきました。そこから、受託開発ではなくてプロダクトを売っていくことが大事だと感じたそうですが

もっとみる