+32

Jリーグ2021イケユニ備忘録

今年も早いものでもう年の瀬です。今年はシーズン初めに「Jリーグユニフォームがアツい!どこもイケてる!」と興奮した史上稀に見るイケユニフォーム合戦のシーズンでもありました。そんな記憶を風化させぬべくこの年末にまとめたいと思います。サッカーもデザインも専門家ではありませんのでテキトーです。僕とユニフォームのお喋りしたいやつだけあつまれ! Here We Go!! 横浜Fマリノス お家騒動もあり注目を集めていた日産のリブランディング。サカオタ脳的にはすぐさまマリノスのユニフォー

+3

相模原戦レビュー~終戦とリスタートにむけて~

運命の1戦。というには少々崖っぷちがすぎたかもしれない。 例えこの試合で勝ったとしてもゲームオーバーの可能性もある中で、得られた勝ち点は1のみ。同点弾自体には気持ちや意地を感じたが「遅すぎた」という他ないだろう。膠着する試合展開の中で先にゴールを奪える"期待値"は山雅の方が高かった。にも関わらず、先にゴールを奪ったのは勝ち点でも優位に立っている相模原。 いい時間帯に点を奪い切れず、より少ないチャンスを生かされて沈む。大枠の『敗因』は非常にシンプルである。 ●愛媛戦(17

スキ
9
+4

大津祐樹選手のつぶやきへの返信

(まずは初回の投稿から約8ヵ月の月日が経過してしまったことについてお詫びいたします。今後は頻度を上げてリーグの取り組みを中心にお伝えしていきます)  先日、明治安田生命J2リーグを制しチャンピオンの栄誉に輝いたジュビロ磐田の大津祐樹選手からこんなtweetが発信されました。 優勝してシャーレを掲げる時、その試合の18人しか入れないって制度。 怪我や累積が重なると参加できない。 18人だけではなくチーム全員でこの瞬間を共有したい。 優勝する為にチームみんなで掴み取ったタイト

スキ
234
+1

極寒の公開トレーニング

応援しているギラヴァンツ北九州の公開トレーニングに行ってきた。 思えば見学に当選したのは練習公開が解禁されて1回目と今回の2回のみ。そしてあと1試合でシーズンが終わることを考えると、今のメンバーを全員見れるのもこれで最後。 なんだか感慨深い・・・と思っていたのは会場に着くまで。 朝から凍てつく風が吹き荒れており、会場は極寒だった。 前日までは「この目にしっかりと選手の動きを焼き付けて来る!」などと意気込んでいたが、あまりの寒さに途中から「もう早く終わってくんねえかな・

+43

酒本 憲幸選手 、おつかれさま!シャケちゃんの引退セレモニー ~ 鹿児島ユナイテッドFC ホーム最終戦。

⚽ 私の大好きなJリーグのサッカー選手、シャケちゃんこと 酒本 憲幸選手(セレッソ大阪→鹿児島ユナイテッドFC)が2021シーズン限りで現役を引退します。 2021 J3リーグ第29節 AC長野パルセイロ戦の後、鹿児島ユナイテッドFCのホーム 「白波スタジアム」で酒本選手の現役引退セレモニーが行われました。 私、シャケちゃんの雄姿を見るために鹿児島 桜島の近くにある 「白波スタジアム」へ行ってきました。 鹿児島ユナイテッドFC の試合へは 伊丹空港からのフライトでした。

スキ
14

誰かの人生を乗せて戦うということ

想像力とモチベーション。 この二つは密接に関わり合っているように感じています。 「こうだったら嬉しいな」とか、「こうなったら盛り上がるな」などというような想像が、自分自身の気持ちを高めてくれることが多々あるように思います。 今日は、最近想像したシチュエーションとそれによって再認識したことについて、少しお話させて下さい。 少し前のことなのですが、試合前日に、ふとこんなことを考えていました。 「そういえば僕は、誰かや何かのファンになったことがないな...。」 僕には、自

スキ
360

毒舌は愛の裏返し。頼れる10番は、”クラブ史上初”の補強選手だった。

高木和正との4年間。 「補強」とは、実力のある選手を加えてチームを強くすることだと思っている。その観点から言えば、高木和正は栃木SC史上初の補強選手だったと言える。 栃木はJ2に加入したものの、JFLとのステージの違いに大きく戸惑い、苦しんだ。あらゆる手を尽くしたが勝利は遠かった。一例を挙げれば、何度も必勝祈願をしたが、ついぞサッカーの神様は微笑んでくれなかった。 歓喜の味が薄かったJ2初年度、対戦した相手チームでインパクトを残したのが、FC岐阜の高木だった。とにかく、

スキ
3
有料
100
+2

【忖度なき採点&寸評】宇佐美貴史のゴラッソに胸躍るも…緩んだ王者にボコられる。これが現実。

【前書き】王者との力の差。 これがはっきりと出た試合でした。 0-0の時間を長くして、少ないチャンスを待つ。 そんなわかり切ったプランを開始直後の2失点でぶち壊され。 宇佐美のスーパーゴールで1点を返したことも、 宇佐美曰く 「自分たちが良くなったというよりは、相手が2点を奪って、状況的にも川崎Fが優勝も決めているので、少し相手の勢いが止まったところで自分たちが持ち返した感じかなと」 つまり、なめられていたと感じていたのでしょう。 悔しいですが、現実です。

スキ
31
+4

#13ジョエルと考えるキャリアメイク

皆さんこんばんは🌠 (J1からJ2へ)4チーム降格という厳しいレギュレーションの中、既に前節、3チームの降格が決定しました。 僕たちはFC東京に勝利(2-0)することができ、個人的にも2ヶ月ぶりにメンバーに入ることができました😊 そして今回は、ジョエル(#13藤田譲瑠チマ)選手に登場してもらいました〜👏 東京ヴェルディ生え抜きの彼が、キャリアの歩みについても話してくれましたので、ファン・サポーターに限らずこれからサッカー選手を目指す学生にも見てもらえたらと思います😎

スキ
66
有料
200

寂しい季節がやってくる

昔は3月でした。 次の学年に進級して仲良しのクラスメートと離れたり、学校を卒業し親友や恋人と別々の進路へ進んだり。寂しい季節はいつも3月でした。 それがプロになってからというもの、まだ少し仲間との時間を残していたはずの12月が、なんだか少し憂鬱な季節へと変わってしまいました。 ファンやサポーターの皆さんも同じ想いを抱いていると思います。思い入れのある選手がクラブを離れたり、引退を決意したり。そんな悲しいニュースが毎日のように目に飛び込んでくる時期が始まりつつあります。

スキ
138