高千穂

51/365 【清浄化】 神話の国、高千穂

2020年、感情noteを始めます。心が震えたお芝居や映画や本、訪れた場所といったコト録も続けますが、それらは言わばハレの日。その合間にある「普通」の毎日を、も少し書いてみたいのです。でも、何でも良いってなると、ちょっぴりハードルが高いんです。

その点、感情は毎日動くもの。喜怒哀楽のようにパッキリしたものもあるけれど、その隙間にある色とりどりのあわいも見つめてみる。良くも悪くも、なんかもやっとし

もっとみる
嬉しいです〜!
5

「笑い」のパワー

小さい頃から母に、

「いつもニコニコせんといけんよ」

「ぶすっとしたらいけんよ」

と言われていました。

そりゃあそうだろうなと表面的には理解しつつも、

やっぱり、

笑えない状況だってあるし、

無理してまで笑う必要なんてある?

と、本音としては、どこか腑に落ちないところも正直ありました。

ところで、天の岩戸開きの神話は、皆さんも何とな〜くご存知かと思います。

高千穂が舞台のお話で

もっとみる

開運ごはん‼️元気の源は食べること‼️

2020年2月2日‼️

並んでますね。そしていつの間に2月に…(・∀・)

ポンコツ鑑定師のいやさかねえさんです。 下書きが溜まって、結局そのまま破棄になりがち、人生ネタだらけなのにって感じです(笑)

ところで昨日は朔日でしたので、もちろん朔日詣りに行きました。

↑ 高千穂町 二上神社 2時間居て宮司さん夫婦とお話してましたww

わたくしは食べることが好きなので、神社にお詣りに行く時も「あ

もっとみる
天晴いやさか〜♪
7

どん底から聖なる地・高千穂へ

2019年、8月半ば。

私を人生のどん底に突き落とすかのような出来事が起こりました。

当たり前だった日常が、当たり前ではなくなった。

目の前は真っ白になり、後ろを振り返れば崖っぷちのような状態。

心の痛みと共に、涙が出るときも。

今思うと、あの頃は、心がとても疲弊していました。

そんな状態の私を救ってくれた存在の一つに神社やお寺があります。
神様に縋るような気持ちだったのかもしれません

もっとみる
ありがとう💖
11

神話のイベントやりまーす!

新たなコラボ企画、詳細が決まりましたー!!
神話のことを語りだしたら止まらない語り部が宮崎からやってきます!(笑)

詳細はこちら。
気になる方は3rd place college さんのLINE@からお申し込みください。1番下にリンクあります♪

【宮崎の神話 ~神々のふる里から~】

宮崎が神々のふる里って言われてるのはご存知ですか?
特に高千穂はまさに神話のふる里。
とっても素敵なところで

もっとみる
ありがとうございます♪あなたにも幸あれ☆
1

Bringing More Love into Your Life

私にとって新しく頂きました
自然界よりのメッセージを
大切に育んで行き、生きることを
この良き日に繋げてくださり
心より感謝御礼申し上げます。
忠実・解放・感受性・専念、没頭・知恵
私のカルマの浄化と共に
その種で花咲かせるよう精進させていただきます。
心の奥底から感謝溢れ
ナミダというカタチで、溢れています。
感謝

なんと美しく力強い言葉で表現される方なのだろう。
魂の波動が広がる波の

もっとみる

お久しぶりです。
きらほしです。

だいぶんラジオの投稿ができずにいました。
私は元気ですw

今回はほんとに久々の投稿ということで、こんぺいとうラジオは(仮)運営でお送りしておりますww
イラストも(仮)営業です。

またクリスマス前にもう1個上げられたらうれしいなぁ…
上げられなかったら年末に、また雑談ラジオあげますね。

お聴きくださった方、ありがとうございました~。


音楽
https:

もっとみる
これからも、きらほしをよろしくです( `ー´)ノ
9

水神祭り

私の地区本組は神代川が流れています。

石棺、土器等も発見されているので、水も豊富で昔から生活しやすかったのではないでしょうか?

本組と言われるだけあって、三田井地区一帯の発祥の地と言っても過言ではないのではと思います。

12月8日、水神祭がありました。

ここは天眞名井。

説明はこちらをご覧ください。

https://note.mu/kucky918/n/nde6b547d6b5f

もっとみる

間が空いたので最近の生活について

ちょっと時間がかかってしまうことは後回しにしてしまう私、noteへのアウトプットという課題をほっぽらかしにしたままで、協力隊着任から3か月が経過しました。

これまでにやってきたことといっても、取り立てて大きなことはまだやってません。
ただここに住むことでインバウンドとしてはここどうにかしたほうがいいとか、これは改善の余地あるとか、こうすればみんながハッピーになれるかもとか、そういった気づきは多々

もっとみる

御番所をめぐって

延岡藩有馬時代に始まったという「御番所」

その中で有馬氏が設置したのは領内11カ所。

その内、高千穂郷内では高千穂で2カ所、五ヶ瀬に3カ所となる。

そもそも番所とは、警備や見張りの為に設置された番人が詰めていた施設であり、重要な地点に設けられ、通行人の荷物の検査、徴税などを行ったとされている。

高千穂は肥後、豊後との国境になる場所であるから、常に10人内外は番士として役人が務めていたという

もっとみる