生活の出来事:漫画アプリに一万円課金してしまう。

4連勤した後の動けない日。漫画アプリに一万円くらい課金してしまうこの間4連勤をした後の朝、ベッドから出ることが出来なかった。仕事終わりの夜までは元気だったのだが休日の朝にベッドから起きられずごそごそベッドでケータイをいじっていると漫画のアプリを開いていた。 色々と漫画を読んでいるとある大作にハマってしまった。一話30円。まあ一エピソードくらい読んでから起きようと思っていたのだが 気が付くと20巻分くらい読んでいた。 最初の方の1000円分の課金ならまだ大丈夫かなと思って

スキ
3

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?で学んだ普段の小さな節約より大きな買い物の時の節約(簡単まとめ)

100万円の物を99万円で買うのと1000円の物を800円で買う場合割引率より金額を重視する15年くらい前に読んだのですが1万円以下の買い物は気にせず、車や家など大きな買い物をするときにはしっかりやるみたいなことだったと思います。 結婚式だからといって無駄金使うことなく必要なプランだけにしたりとかお色直しを1回減らすことがそんだけでも何万も違います。 日々の節約では10円、20円のために頑張るのに大きなお金になると途端に気が大きくなります。これが著者はダメだという話です。

スキ
13
+1

老兵は、ただ静かに、去り行くのみ

少子高齢化社会をひた走る日本。 2016年9月に放映されたこのNHKスペシャルだったかは記憶が曖昧だが 「世界でも”最先端”を突き進む日本の動向を、世界中が注目している」 という感じで終わる最後のナレーションは、私のこころに深く刺さった。 このときは「そんな”最先端”の社会を、その内側で経験するのも悪くないかも」と思ってはいたのだが今は逆。 年寄りに最適化された社会から飛び出した方がいいのではないか…? (年寄り自身が) 特に今、国民の平均年齢が20代の国におります

スキ
9
+6

【キャッシュレス(電子決済)サービス|カンボジアでの使用は?】 カンボジア不動産はアンナアドバイザーズ

こんにちは、アンナアドバイザーズの荒木杏奈です。  今回はカンボジアの『キャッシュレス(電子決済)サービス』についてお届けします。 日本では、PayPayをはじめとした電子決済が普及してきていますが、カンボジアでもここ数年で電子決済サービスが普及してきています。 カンボジア人が銀行口座を持つようになってきたのも10年くらい前からでしょうか。比較的最近になります。 特に最近では、新型コロナの影響で、紙幣による感染リスクを避けるため、カンボジアでは電子決済サービスに注目が集ま

スキ
5
+12

買い物祭り もう始まったの?ダイソンVS中華製掃除機いろいろ

11月11日は独身の日 13年前の独身の為にアリババグループが オンラインショップでセールを始めた そして1年間で一番大金が動く日にまで成長した 11月11日の買い物祭り 本来は11日の24時間限定で盛り上がっていたけど 去年は1日~始まり11日まで となり日ごとに安い商品もでたりしていた 決して全て安い訳じゃないので 無理やり買う必要もないけど ついつい周りに触発されて買ってしまいがち 何が安いとか これを買った!とか そんな話題が多く聞こえる! ってか仕事しろ

スキ
30

人生初の電子決済をした。 会計終わるまでスマホ握りしめ過ぎて べっちゃべちゃに手が滑りまくりスマホでどじょうすくいをしたわw #初体験 #電子決済 #以外と簡単だった

+3

ハロウィーンどころじゃない!もうすぐあの祭りが始まるよ!

ハロウィーン終わった?? まだ やってます? 終わりましたか? じゃそろそろ・・・ 人民14億を熱狂させるイベント!が 今年もやってきます 11月11日は中国では独身の日 13年前にアリババグループが初めた 独身の日セールイベントが年々 大きくなり もうヤバイくらいお祭りになる だからみんな ハロウィーンに意識が行ってない人民達+僕 10月の国慶節休暇が終わり仕事も再開し 次のイベントと言えば 11月11日独身祭りが今の中国の定番 年々売上が上がってて 2019年

スキ
31

ショートショート 電子決済

お世話になった方の、お通夜に来ていた。 「もう始まってるじゃないか」 それと慌てて出掛けたので、香典を忘れてきた。 「参ったなぁ」 「どうなさいました?」 受け付けの方が尋ねる。 「香典を忘れまして」 「申し訳ないですが、後日お持ち致します」 と、言った。 「電子決済でも、いけますが?」 「本当ですか、助かります」 私は、スマートホンを差し出した。 PayPay♪ 静寂を破り、葬儀場に明るいトーンで響き渡る。 周りの空気が一転したのは、言うまでもな

スキ
10

遂に、WAONもApple Pay対応するようです。 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2110/21/news166.html