『でもその曲ってセックスが題材の曲なんでしょ?』

え、知らなかったよ。でもいいの。それでも好きだから。

母が仕事へ向かう前に部屋にやってきて、『行ってくるね』と言う。私のお昼の薬と水を持ってやってくる。

「私もどこか行きたい」とどうしようもないことを呟いてみたけど、言ってみて気づいたけど私はどこかに行きたいわけでなく、『行かなきゃいけない場所が欲しい』んだよね。現在ニートの私にはそんな場所はない。その割には職業訓練の面接が今から既に恐ろしすぎ

もっとみる
さては見返りを求めてるな?
4

#24『銀河鉄道の夜』を聴き比べ

テスト期間真っ最中の平凡大学生です。
明日締切かと思っていたレポートが先週の月曜日で締め切られていたことを知り、絶望しています。
そんな絶望している中、呑気にnoteを書いていこうと思います。

銀河鉄道の夜とは?

2001年にGOING STEADYが発表した曲です。
高校生の頃に知った曲ですが、自分が生まれた年に発表されてたのですね・・・・・・。
その後、GOING STEADYは2003年

もっとみる

スペイン流クリスマスのプレゼント。レコードのひばりくんと少年少女。

今年の私のクリスマスプレゼントは銀杏BOYZのレコードでした。
ずっと欲しかった『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』のレコード。

去年RECORD STORE DAY JAPAN 2020の限定アイテムとして再発盤されているのを知ってどうしても欲しくて、早々に用意し、子供たちに見つからないようにずっとクローゼットの奥にしまってありました。

スペインのクリスマスは期間が長く、一番重要な日は1月6

もっとみる
Muchas gracias! グラシアス!
1

【銀杏BOYZと私】熱くて綺麗でダサい

『〇〇と私』っていうのは、有名人だから価値が出るわけで、こんなよくわかんないやつの個人的な話なんてどうでもいいだろって思うんだけど書いてしまった。

くりぃむのANNが僕に銀杏BOYZを教えてくれた。

『熱くて綺麗でダサい』 峯田の熱量、どこまでも素直で純情な歌詞、シュッとしたロックではなく、自己表現のパンクのダサいところ。全部大好きだ。僕は、ロックもパンクも詳しくない。そもそも音楽自体詳しくな

もっとみる
励みになります。ありがとうございます!
2

小さな革命を、筆箱の中で

俺の特技は、空気をよむことだ。
怒るよりは、笑うことが多い。
人からは、優しいと言われることが多い。

うちの会社はちょっと変なので、入社後にいわゆるパーソナリティタイプ診断的なものを何個も実施している。
会社がお金をかけて実施したテストだが、だいたい上記の内容と相違ない結果となる。

高校生のとき、無印良品の筆箱を使っていた。

箱型じゃない、普通のナイロンっぽいペンケースである。

その筆箱の

もっとみる

ちゃんと飯食ってるか?byソルジャ

あけましておめでとうございます。
前回の更新から半年以上の月日が経ち、過去記事に何を書いたかも全て忘れました。

トップ画像は Googleストリートビューに写っている実家です。

後ろ姿の人は”もののけ姫”に出てくるゴンザのモデルとなったと言われている私の祖母の後ろ姿です。どっしり根を張って地球に生きてる彼女、素敵でしょ?
永遠に更新されないで欲しいな。

元気?

めちゃめちゃ元気です。少し痩

もっとみる

2020年ベストオンラインライブ

これはやはり指標として残しておくべきだろうと思い書いてみた。とはいえ、オンラインライブも様々な形態があるので、ここでは「オンラインならではの工夫・演出部門」と「シンプルに良いライブ部門」の2つに分けてそれぞれ10公演ずつ選出してみた。100弱の公演を観てきた中での上位20公演。

「オンラインならではの工夫・演出部門」

10位 5.15,17「森、道、市場をお茶の間で」
有料オンラインイベント創

もっとみる
スースキスキ
22

ねえみんな大好きだよ

津野米咲が死んだ。

昼過ぎに起きてベッドから手を伸ばす。
iPhoneを開いて見た第一報はそれだった。

気づいたらぼくは、
フジファブリックを聴いていた。

違う。いまはこれじゃなかったな。

「バウムクーヘン」を数分間聴きながら、一通りのニュースを見て状況を把握する。
そしてミュージックアプリを開いた。

赤い公園のアルバム「THE PARK」の8曲目
「夜の公園」をApple Musicか

もっとみる

2021/1/6

ちょっとこわかった。

こわくなった。

病気が。死が。

久しぶりに死の不安の感覚。

録画した紅白を見ようと思ってテレビをつけた。その時ついたチャンネルが、がんのバンドマンさんを追った番組。イノマーさんという方。もう亡くなってしまったみたい。私の好きな銀杏BOYZと、氣志團も出てきて。がんが再発、転移してしまったと、細かい場所は違うけど、私がなったのと同じ、口腔がん。舌を切ってたって。私もそう

もっとみる

銀杏BOYZ「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」の本当の凄さ

【クソ汚い青春を唄う】

まぁ何も日本以外も、でもやはりこの国は青春に対して過剰に美化しているような気がしている。んで、「就職してからは大人なんだから夢とか持つな、現実だけ見て毎日休まず働けよ」って世間がそう言ってくるんだよ、きっと。
とはいえ青春って、そんなキレイなものだろうか?ましてや年頃の男子高校生の脳内がそんなはずない。むしろ真逆。恋する相手への恋愛感情の行く先なんて99.98%セックスし

もっとみる