退職金制度は必要ですか

32歳SEの転職活動 ③転職の不安を解消

32歳SEの転職活動 ③転職の不安を解消

企業の中の雰囲気が分からない やっぱり転職するにあたって気になる企業の中の雰囲気を知りたいですよね。 というか知らないと怖くて転職なんてできません。 もちろん企業の中の雰囲気は働いている社員の人しか知ることができません。 ですがその社員の人の口コミで企業の実情を知ることはできます。 以下サイト群は転職を考える際にその人が在籍している(していた)会社の情報が多面的に書き込みができるサイトになっています。 対象の会社の社員の人の自分の会社に対しての評価が書かれています。

スキ
6
退職金からの展開

退職金からの展開

退職金制度を取り組む理由 実は、専門分野がいないのである。 本来は社会保険労務士だが職務範囲に入っていない。 お金の事は税理士だと勘違いしている。 税理士は退職金の事を何も知らない。 制度が次々と破綻している。 適格企業年金、厚生年金基金と破綻している。 厚生年金も危ない? 現在の制度はただ払っているだけで、将来の事はわからない。 例えば、既存の退職金制度を変えるには勝手に変更する事は出来ない。 変更するには社員の同意が必要である。 従業員退職金規定も変更しなければな

スキ
28
「退職金制度 見直し重要」【日経新聞連動テーマ企画】ご意見まとめました!

「退職金制度 見直し重要」【日経新聞連動テーマ企画】ご意見まとめました!

「勤続20年の壁」。同じ会社に正社員として20年以上勤務すると、退職金が税優遇される……。そんな制度があるのをご存じでしたか。日経朝刊21日付「働き方イノベーション」面は、そんな終身雇用を前提とした税制の存在と、それにメスを入れようとする政府・与党の動きを紹介しています。 退職金への課税は、勤続年数が長くなるともらったお金から差し引ける控除額が増え、税負担をさらに軽くする。終身雇用に有利な仕組みになっている。具体的には退職金を一時金で受け取ると、そこから「退職所得控除」を差

スキ
26
人事制度もDXできる。ヒントは、マーケティング(日本を強靭化するDX #2)

人事制度もDXできる。ヒントは、マーケティング(日本を強靭化するDX #2)

(1) マス・マーケティング時代の終焉  さて、前回から「日本を強靭化するDX(デジタル・トランスフォーメーション)」について考えています。この企画は、デジタル関係者にだけに焦点を当てているものではなく、すべてのビジネス・パーソン向けに議論をしようと思って、展開しています。今回は、少し私の専門領域である「マーケティング」から、デジタル・トランスフォーメーションを考えてみます。  まずは、2020年上期ヒット商品番付をご覧いただきたい。 皆さんは、どれだけの製品・サービス

スキ
15
「退職金」ってなんですか

「退職金」ってなんですか

本記事は日経新聞連動テーマ企画「#退職金制度は必要ですか」への寄稿です。 「退職金制度」と聞くと、なんとなく「会社を退職するときにまとまったお金がもらえる仕組み」というイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。これ、実は「退職金制度」の定義がわかりにくいために、話が噛み合わない場合があるんです。整理してみましょう。 私たちが一般的に思い描く退職金は、退職時にもらえるまとまったお金です。これは、上の図では青い点線で囲まれた部分にあたります。そのお金が出てくる元の仕組みは、

スキ
80
マネーリテラシーが向上しない理由を退職金制度から考える

マネーリテラシーが向上しない理由を退職金制度から考える

この記事は日経新聞連動テーマ企画「#退職金制度は必要ですか」への寄稿です。 「ビジネスマナーとして、聞かれたことには結論から答えましょう」、という話を今日したばかりなので結論から。 退職金制度は必要です。 結論をまず伝えたら、次はもちろんその理由ですね。 ということで以下説明します。 「あなたは退職年金を何で運用しているの?」 突然ですが、日本とオーストラリアの違いは何だと思いますか? 言語? 季節? コアラの数? 違います。 退職年金制度です。 約5年前、オーストラ

スキ
21
退職金制度は不必要であり廃止すべきだと思います

退職金制度は不必要であり廃止すべきだと思います

#COMEMO #退職金制度は必要ですか 50歳代後半の筆者は二回の転職を経験し、40歳代で現職についた時は退職金ありでした。50歳を過ぎたところで、退職金を含めた生涯賃金を変えない年俸制(退職金なし)を選択できるようになったのでそちらを選びました。お金を使う必要に迫られ、上手に使う能力が高いうちに現金がほしいと考えたためです。40-50歳代で必要になるさまざまな出費を住宅ローンや教育ローンで調達して退職金で返済するなら、ローン金利を払うための退職金になってしまいます。退職

とっとと次のステージに進んだ方が良いと思う。

とっとと次のステージに進んだ方が良いと思う。

今回のCOMEMOのテーマ企画は、こちら。 退職金制度というか資産形成制度が必要、というのが私の考え。 ただ、確定拠出年金のような個人により紐づいた形での 資産形成制度のさらなる強化がないと意味がない。 そして企業には、在職の長期・短期に関わらず、社員の資産形成に対して 積極的な関与をして欲しいし、そういった企業は好まれるようなると思う。 現行の退職金については、 COMEMO HUBの同志タナさんがしっかりとまとめているので、 このnoteを読んでもらうと、退職金制度に

スキ
17
退職金制度は労働市場の流動化を妨げる諸悪の根源

退職金制度は労働市場の流動化を妨げる諸悪の根源

#COMEMO #退職金制度は必要ですか 40代以降になると累増する退職金制度は何とかしてほしいものです。 同じ会社で長く働けば働くほど退職金の恩恵が大きくなる制度が、労働市場の流動化を妨げていると会社の同期と話していて実感します。 少なくとも私の印象では、40代以降になると、少しでも退職金を増やすために会社にしがみつく人が多いような気がします。 中年に冒険を促すためにも、年功序列賃金の更なる緩和や、40代以降になると累積的に増える日本の退職金制度を抜本的に変えるべき

スキ
17
「あなたの会社に」「その」退職金制度は必要ですか?

「あなたの会社に」「その」退職金制度は必要ですか?

日経COMEMO日経新聞連動企画のテーマが「#退職金制度は必要ですか」と人事労務管理を扱う法務パーソンの私にとって大変興味深いテーマでありましたので、今日はこのテーマについて法務パーソンの目線から思うところを書いていきたいと思います。 #COMEMO #退職金制度は必要ですか 1 「退職金制度は必要ですか?」 今回のテーマである「退職金制度は必要ですか?」という問いについては、その会社の人事戦略によって結論が左右されるべきであると考えています。そのため、その会社の人事戦

スキ
6