本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

1992年花王入社、デジタル・マーケティングを牽引。以後、コンサルタントとしてマーケティングのデジタル化を支援。ビジネスブレークスルー大学講師、東京大学大学院数理科学研究科客員教授、事業構想大学院大学客員教授 マーケティングサイエンスラボ(mslabo.org)所長

本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

1992年花王入社、デジタル・マーケティングを牽引。以後、コンサルタントとしてマーケティングのデジタル化を支援。ビジネスブレークスルー大学講師、東京大学大学院数理科学研究科客員教授、事業構想大学院大学客員教授 マーケティングサイエンスラボ(mslabo.org)所長

    マガジン

    • 日経COMEMO

      • 11,238本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • 日経新聞の記事と真剣に考えるDX

      デジタル・トランスフォーメーションを考えるヒントは、日常に溢れています。日経新聞の記事を参考にして、デジタル・トランスフォーメーションを考えてみましょう。

    • データサイエンス入門

      数学者の私が、日経新聞の記事から考えられる、データサイエンスの重要性や、簡単な取り組み方について説明します。実は、データサイエンスは、探索的な手法で、高度な統計は、あまり必要としません。文系の方も取り組めるので、ぜひ参考にしてみてください。

    最近の記事

    • 固定された記事

    私のNoteの連載記事の目次

     日経COMEMOの連載のnoteを書き始めてから、かなりの記事になってきました。ありがたいことに、「マーケターにお勧めのnoteアカウント58選!」などにも推薦いただき、本当に感謝です。そして、なにより読んでくださっている皆さんに感謝です。  記事も増えてきたので、私のNoteの中の連載記事の目次を、外部のサイトに作りましたので、そちらも参照ください。   泳げデータの世紀は、日経新聞の「データの世紀」に関連した、連載です。データ活用をビジネスでどのように行うのか、アイ

      • デジタルトランスフォーメーションをWeb3フレームワークで考えよう

        デジタルトランスフォーメーションを、「トランスフォーメーション・ファースト」で取り組む 多くの企業で、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが盛んです。企業の成長のためには、デジタルトランスフォーメーションが必要だからです。  ところで、このデジタルトランスフォーメーションは、「デジタル」と「トランスフォーメーション」の2つの単語から出来上がっていますが、みなさんは、どちらの単語に強く焦点を当てているでしょうか。つまり、「デジタル」と「トランスフォーメーション」の

        • 会議の文字おこしソフトを、会議の質の向上のために使ってみよう。

          音声の文字起こしソフトが増えてきた ここ数年、Video会議がビジネスの場面で増えてきました。そして、多くのVideo会議ソフトには、録画機能があり、会議に参加できなかった人のために、または会議の記録として、活用している方も多いでしょう。20年前には、カセット・テープで会議を録音していたことから、考えると隔世の感です。  そして、人の欲求は高くなり、今度は議事録を自動で生成できるツールを求め始めます。そして、実際に、会議の文字おこしソフトが登場しています。  会議を文字でお

          • ビジネスパーソンも「文理融合」の視点を持ちたいですね。

            久しぶりに「文理融合」という言葉に触れたかも 以下の、池上彰さんの講演の記事に、「文理融合」という言葉が登場します。私にとっては、とても懐かしい言葉でもあり、今も頭の片隅に置いてある言葉です。 記事の中に とあります。このことは、今の時代のビジネスのシーンにも当てはまるのではないでしょうか。ビジネスでも、AIの活用も必須ですし、当然世の中の変化に合わせることは重要です。  このことは、私がビジネスの場面で行う「データサイエンス」では、実行していることです。多くのデータサ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 日経COMEMO
            日経COMEMO公式 他
          • 日経新聞の記事と真剣に考えるDX
            本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問
          • データサイエンス入門
            本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            メタバースを活用するのではなく、メタバースの技術を活用しないと、ビジネスに結びつかない!

            学生時代に遊んだ「シムシティ」! 「シムシティ」というゲームをご存じだろうか。空想の都市を自分で開発して、遊ぶゲームである。 自分の好きな都市開発を行える、一種のシミュレーション・ゲームである。都市のインフラを整え、都市が潤えば、都市の開発予算が増える。しかし、時々都市には、ゴジラが訪れ、都市が破壊され、復興を行う必要がある。  今から20年以上前のゲームである。ゲーム登場時には、とても人気だったが、今このゲームを行っている人は少ないだろう。しかし、このような「シミュレーシ

            日本でDXが進まないのでは、自ら実践しないからでは

            デジタルトランスフォーメーション(DX)は、日本の経済成長には必須 デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が、普通の単語になった。しかし、日本ではデジタルトランスフォーメーション(DX)の良いビジネス事例が少ない。多くの企業や、組織でデジタルトランスフォーメーション(DX)の検討は進んでいるのだが。  私は、日本の経済成長には、デジタルトランスフォーメーション(DX)は必須だと思う。その理由は、これからの経済の成長は、設備投資よりも、付加価値の高い「出力」が重要で

            対面授業とオンライン授業は、全く別物!授業をトランスフォーメーションしよう。

            オンライン授業を行い始めて、3年目 2020年に、コロナ感染症との生活が始まり、早くも3年目になります。私も、さまざまな大学、大学院で授業を行いますが、2020年4月からは、オンラインの授業と、対面授業が、混在しました。コロナの前では、対面授業しかなかったことを考えると、学びの場の変化は、とても大きいものです。  先生方との会話では、「早く対面授業に戻らないかな」とおっしゃる方と、「オンラインは移動がなくて楽」などとおっしゃる方がいます。ところで、今回考えたいのは、「対面授業

            みんなで、デジタル教科書を、デジタル・トランスフォーメーションしてみよう!

            「デジタル教科書」って、言葉を変に思わないのですか? 私は、やや人と思考回路が異なるのだろうか?理由は、以下のデジタル教科書の記事に、かなりの違和感を覚えたからである。  もちろん、文章に間違いもないし、文部科学省が行なっていることも理解できる。でも、「デジタル教科書」って、「紙の教科書」を、タブレットやパソコンなどデジタル・デバイスに載せ替えることなのでしょうか?  もちろん、デジタル・デバイスに教科書を移行することで、デジタルならでは表現力が活用できて、図やアニメなど、

            マーケティングで、「バーチャル」という単語は、一つの意味か?

            カンヌクリエイティブフェスティバルで注目された「飲めないビール」あなたは、ビールを飲む理由をきちんと言えますか?    夏とビールは、なぜこんなに相性が良いのでしょう。ビールが冷たいから。ビールの適度な酸味がよいから。いやいや実際には、あまり理由を考えずビールを準備して、飲んでからやっぱりビールだと「思う」のである。  この思考は、とてもマーケティングに重要な視点です。多くの消費者は、消費時に明確な理由がないという視点を、みなさんは考えたことがあるだろうか。。消費活動には

            新しいVOD広告の世界。利用者はすぐに利用するが、広告主は理解できないか?

            コロナ禍になり、家でビデオを見る時間が増えましたね コロナになり、在宅時間が増えて、皆さんはテレビで、Netflixや、Amazon Prime ビデオなどを接続してみていますか?私は、時々テレビで、そして、外出時にタブレットで動画配信サービスを見ることが増えました。とても、便利ですよね。しかし、有料・無料のものがあり、有料のサブスクリプションの動画配信サービスは、競争が激化しています。  この記事にもあるように、ここにきて、さまざまな物価があがり、今までのように、有料動画

            KDDIの通信障害から、利用者が学んだこと

            通信障害は、再発する さて、KDDIの通信障害、被害にあわれた方も実に多かったし、期間も長いことから、問題だと思っている方も多いでしょう。確かに、このような通信障害は、起きないに越したことはない。 しかし、私もエンジニアの世界にいたことがあるので、少し擁護するようなことを話すが、人が行う以上、ミスは必ず起こるのです。事実、他のキャリアでも通信障害は起きています。  むしろ、私たちは今回の通信障害から、「何か」を学び、今後に生かすことが重要なのでしょう。少しこのような「障害

            労働者、新契約時代

            人は「今が、未来永劫続くと考える」が。 みなさんは、「絶滅危惧動作」という言葉をご存じだろうか。私は、時々「電話して」というジェスチャーを、黒い自宅の電話機のダイヤルを回す動作をする。しかし、令和生まれの方たちには、全く通じないジェスチャーだろう。  「人」は、時代を歩んでいて、自分も「時代」を創造しているのに、自分のいる場所や環境では時間が止まっていると誤解することが多い。極端に言えば、「今という時間が、今後も永遠に続く」と考えることが多いのだ。 労働という「働き方」も

            With コロナの大学の授業と社会での支援

            まだ、対面授業に踏み込めない大学 コロナと向き合って、3回目の春が終わろうとしている。2020年、2021年、2022年と、今年で3度目の4月、5月が終了したのだ。私のように、シニアな生活での3年は、全人生に対する濃度が高くないが、これが若者であれば、状況は全く異なる。  例えば、皆さんは自分が大学3年生だと想像してほしい。つまり、2020年の4月入学である。入学式はない、事業はオンラインだったり、登校だったり。この学生にとって、大学は大学の価値を提供できたのかという疑問があ

            地球温暖化で、あなたの家は残るか?そして、あなたの好きなスポーツはできるか?

            地球温暖化は、国際会議のテーマであり、自分に関係ない? 地球温暖化の問題は、よく報道されるテーマであり、さまざまな国際会議で議論されている。  今は、「パリ協定」という一つの目標に向かって、温暖化ガスの排出削減を、地球規模で行なっている。そして、国際機関から、今後地球の気温の上昇についても、予測されており、なんとなく、すごいことが起きそうなことを、私も含め、多くの地球人が知っている。  この問題の難しいところは、地球全体に起きていることで、地球全体で、叡智を結集して、取り

            コトラーの『マーケティング5.0』に学ぶ、社内のデジタル議論の進め方

            コトラの『マーケティング5.0』が出た 2022年4月30日に、多くのマーケターが待ち望んでいた、『コトラーのマーケティング5.0 デジタル・テクノロジー時代の革新戦略』(フィリップ・コトラー(著)、ヘルマワン・カルタジャヤ(著)、イワン・セティアワン(著)、音像直人(監訳)、藤井清美(訳))が、書店に並んだ。このコトラー氏のマーケティングの本は、『マーケティング3.0』『マーケティング4.0』に続く、書籍である。  私は、このゴールデンウイークに読みふけり、自分のマーケティ

            スポーツのデータ活用は、ビジネスのデータサイエンスの取り組みのヒントだ!

            セイバーメトリクスは、野球の標準「データサイエンス」 先週、今週と、日本プロ野球界は、ロッテの佐々木朗希選手のピッチングの話題が熱いですね。完全試合、奪三振数、連続無得点など、佐々木朗希選手のピッチングは、記録のパレードになっています。  このように、スポーツは、数字、つまりデータとの関係が強いです。野球のピッチングでも、球速、投球数、奪三振数など、さまざまなデータが登場します。そして、そのデータの多くは、私たちにも公開されています。  この野球の試合に関するデータを活用