蔵の街

2019夏の旅【関東編】その7

往路の電車は、上信電鉄創立120周年とぐんまちゃんのキャラクターでいっぱいだったのに、復路の車両はノーマルなもの。
このまま行きと同じ経路で帰りますが、それでも宿到着予定は17時くらいです。

盆地のせいか、酷暑のせいか、はたまたその両方か。暑さが半端ないです。早速シャワーを浴びてスッキリすると、少しずつチェアウトの準備も。
宿の周りを改めてよく見ると、橋一つにも細かい魚の模様があったりします。

もっとみる

2019夏の旅【関東編】その4

中央前橋から赤城駅まで戻ると、いよいよ関東ナンバー1の総距離を誇る東武鉄道乗りつぶしも終盤です。
赤城駅は、関東では少なくなった、昔懐かしい構内踏切のある駅です。

赤城からは桐生線で太田駅への20.3キロ。その後に伊勢崎線の太田-伊勢崎間19.8キロを乗車。これで東武鉄道全線制覇!これだけでも長かった〜。
栃木駅へ戻って、この日と明日の連泊する宿、ゲストハウス蔵の街へ。
マップ検索では、栃木駅か

もっとみる

『風鈴花火』Tropfennotiz

先日公開しました新曲『風鈴花火』のMVもアップしました。
川越氷川神社の画像、映像を中心に作ってみました。

また来てね。
6

風鈴花火

Tropfennotiz

00:00 | 00:30

レジャーやイベント、夏祭りも中止や自粛が相次いだ今年、皆さんはどんな夏
をお過ごしでしたか?
過去の想い出や未来に思いを馳せ、ある意味特別な想いで過ごされた方も多い
のではないでしょうか。

5枚目のアルバムリリースに向けた準備を進める中で、ここにはない曲を作ろ
うと思い、辿りついたのが、自分らしい曲をとの原点回帰でした。

行く夏を惜しむ、寂しさや切なさを表現出来ていたらと思います。
関東近県の

もっとみる
.゚+.(・∀・)゚+.゚
8

川越の田園風景

春泥よ、わたしも地球生まれかな

川越蔵の街からすこしだけ歩けば、田んぼや畑の風景が広がる地域へ。春の風景に癒されます。「春泥」春の雨などでぬかるんだ景色のことです。寒い中ではなく、これから生き物たちが目覚めて活性化するような希望も感じる季語です。

川越市の土地利用の約36%は田んぼと畑。平成25年の資料でしたので現在はもっと減っているかもしれません。

近所の犬のお散歩や買い物帰りの方もまばら

もっとみる

日本の街並みの展示場/地道な努力で人気観光地に/川越市

★都道府県 埼玉県
★城郭 川越城

 最近、川越が国内だけでなく、海外からの観光客にも人気だ。それは川越に、様々な日本的街歩きスポットがギュッと詰まっているからだ。
 具体的に言えば、お城、大きな神社、大きなお寺、土蔵造りの街並み、大正レトロな街並み、昭和っぽい商店街。これらがすべて徒歩圏にあり、しかも土地が平坦。都心から最短で30分。これなら観光客が集まらない方がおかしい。
 東京に近い観光の

もっとみる
作家・江戸歩き案内人の黒田涼です。気にいっていただき嬉しいです。
1

歴史の断片とレトロ可愛い町 in 栃木市嘉右衛門町

とちぎ未来大使、栃木市出身の義達祐未です。

今回は、とちぎヘルメットかぶり隊(仮)から飛び出して、一人でロケへ行ってきました。急いでこの町の魅力を伝えなければ!そんなことを思わせられ、導かれるように訪れたその場所は、栃木市の嘉右衛門町。

栃木市ってどこ?

栃木市はこちらです。

栃木市は人口約16万人。栃木県内人口は宇都宮市、小山市に次ぐ第3位なんです。

栃木市は大きく3エリアに分かれてい

もっとみる
よかったらシェアもしてくださいね
6

栃木市探訪【3/12】

3/12の出来事を今更ですが綴りたいと思います。

私の故郷、栃木県。 私はとにかく生まれ育った栃木県が大好きです。

2012年に県庁より「とちぎ未来大使」の委嘱を受けてこれまで栃木県のPR活動を続けてきましたが、去年あたりからふつふつと「もっと栃木県の役に立ちたい」という思いがより強くなっていって今に至っています。

色々とご縁と身近な方々の心配りのおかげで、ここ一年くらいはたくさんの栃木PR

もっとみる
よかったらシェアもしてくださいね
4