初乗船に持っていくとよいもの

みなさん、こんにちは。初乗船も間近に迫り、そわそわしている船乗りさんたちも多いのではないでしょうか。

先輩に知った人がいる訳ではなく、練習船とも勝手が違うだろうから何を持っていけばいいのか分からない!と困っている方もいるかもしれませんね。

そんな訳で今回は、『初乗船で持っていくとよいもの』を独断と偏見でご紹介いたします。

1.仕事関連

①身に付ける仕事道具
ここでいう身に付ける仕事道具は、

もっとみる

世界青年の船 2次選考 対策

お久しぶりです!!そーちゃんです!

コロナの影響でたくさんの行事に影響が出ていますが、来年の世界青年の船に影響が出ないことを願っているばかりです・・

今回の記事では、大阪・東京で6月ごろに行われた2次選考について書いていきます!!

いつ・どこでやるの?

今年の予定は、大阪会場では6/13 (土)に行われるみたいです。東京会場は2日間あり、6/13~14に行われると思います。

大阪会場の場

もっとみる

後悔しない生き方

やらぬ後悔 より やる後悔 ( Do not regrets without take actions )

不安定な世の中、コロナでみんな精神が

ピリピリしている。

そんな時こそ、家族や愛する人達と

一緒にハッピ〜になることを

考え、幸せのベクトルを思いっきり

フル活動させてしまう

のーもんだい な アンジェ です。

このご時世、社会•家庭の中では、

弱い立場の人が

もっとみる
沢山のnoteから拝読下さり、ありがとうございます!励みになります。
10

人魚のブリュンヒルデの歌 第7話「ブレン少年兵」

「ブレン」という名前は炎を意味する。海で津波に飲まれて亡くなった祖父はそう言った。
自分の名前の由来を聞いて以来、何事にも自信の無かった心に灯が出来たように暖かくなったことを今でも覚えている。
 ブレン・フィッシャーは暗い廊下を歩く為に手にしたランプの灯りを見つめながら、幼い頃の思い出を回想していた。
 船内の誰よりも小柄な体で、大きな瞳にそばかすが浮くほど白い肌。
髪なんて少女のように柔らかい。

もっとみる
ありがとうございます!
3

進水という名の未来。

大きな船と小さなひと。

果てしなく広い宇宙と、目にも見えない小さなウイルス。

そのあいだの奇跡の隙間で、奇跡の日常があったのかもしれない。

生きていくのに苦労が多かった昔の人は、

命のありがたさを深く知っていたのかもしれないと、

今思うのは・・

成人式、結婚式、お葬式、そして進水式。

節目を大事にする習慣を今に残してくれたから。

形式でなくて、式典の重みに、命と時間の重みまで感じた

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
5

#8 泡

甲板から海を見る。

海の表面は、船が進むたびに泡が出る。

ひとつひとつの泡は小さいが、小さな泡がいくつも現れ、集結し、広い面積の泡の集合体を形成する。

泡が別の泡と結合することを先天的に教えこまれているかのように次々と結合する。

偶発的に生まれ、他者と結合することのみが課された泡。
しばらく経つと、役目を終え、儚く消える泡。

今私が見ているのは、そんな泡の生涯。
#船 #泡 #美し

もっとみる

【DIY無人島航海計画変更のお知らせ】

【DIY無人島航海計画変更のお知らせ】

みなさんこんにちは、スピリット・オブ・セイラーズのカイです。
新型肺炎のウィルスが世界中で猛威を振るっている中、僕らの航海計画も話し合いを重ねた結果、
参加してくれているみなさんの感染リスクを考えると、今のまま続けるのは最善を尽くしているとは言えないと判断し、
今後の日程と計画の変更をすることにしました。

無人島航海計画はオープンエアな野外で行われ、人数

もっとみる
Y E S !!!⚓️
5

【中学生向け】現役船員が語る、商船高専体験記

みなさま初めまして。私は商船高専を卒業し、現在三等機関士として内航船で働いています。

 今回は船員になるための船員養成学校である商船高専について、私の実体験に基づいてご紹介したいと思います。

特に商船高専への進学を検討している・悩んでいる方にとって、『商船高専で学ぶってこんな感じなのか』とざっくり理解する一助になれば幸いです。

1.商船高専とは?

「商船高専」は簡単にいうと「船員になること

もっとみる

憧憬

ニュージーランド、アイルランド、ポーランド、フィンランド
すべてのランドが良い所ならいいなあ
世界中の船乗りがそう思っているころ、光雄も例外ではなかった
光雄は数えで十五歳
まだろくに海図も読めなければ機器も扱えない
あだ名はペロ、幼少の頃からそう呼ばれているが
周囲にはその由来を覚えている者も少なくなった
光雄は決して船乗りではない
けれど世界中の船乗りがそのあだ名の由来を知っていて
光雄を見る

もっとみる
ありがとう!何度もありがとう!
18