自分にしかできない仕事の価値について考える

久しぶりに世間では成果主義や実力主義が、大きな話題になっている。
(この2つは、ほぼ同じ意味なので、以下、成果主義とする)

今更と言う感は無くはないが、
働き方の見直しに、コロナ禍で拍車がかかった今、今回こそは本質的な改革が必要だと思っている。

コロナ禍の前、日本では働き方改革と言う錦の御旗の下に、仕事のやり方を変えよう、働く時間を少なくしよう。それがひいては日本の生産性の向上につながると喧伝

もっとみる

グローバリストの能力主義とカール・マルクスの能力主義

副島隆彦さんや田中宇さんのご指摘とおり、
大統領選後に米国は分裂しそう。

東洋経済にも書かれております。

https://toyokeizai.net/articles/-/386814

選挙自体に興味はないんだが、シャドー
ガバメントの方を興味本位で気にしております。

トランプの抗議でディープステート(シャドー
ガバメント)の存在が、日本でも常識化される
でしょうか?

・・が、確か集計

もっとみる
スキありがとうございます!

能力主義と自己責任論

本日はこちらの記事。

「正義」に関する研究・講義でお馴染みのマイケル・サンデル氏のインタビュー記事。

大統領選挙に関する話はさておき、「メリトクラシー(能力主義)」がもたらした社会の変化に関する話が面白かったので取り上げようと思います。

能力主義と格差拡大

サンデル氏は現状の社会についてこのように語っています。

サンデルに言わせると、革新派の政治家がグローバル化に対応するにあたってメリト

もっとみる
スキありがとうございます!
12

ハイパー・メリトクラシーの話

以前大学のジェンダーの授業で「女子力」を取り扱った回があった。その中で教授が言及していたことで興味深かったのは「女子力」は「日本社会全体がハイパー・メリトクラシー化しつつある影響の現れ」という考察だった。

この考察はなるほどと思ったのだが、この時の私は「女子力」よりもその言葉が流行した背景にある「ハイパー・メリトクラシー」という単語の方に注意を惹かれたのだ。

私はこの講義を受講した時に初めて「

もっとみる
感謝、感謝、感謝。
4

「やまゆり園事件」に見る排他的教育

皆さんは「やまゆり園事件」をご存知でしょうか。
神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設で起きた事件で、元職員だった植松聖が施設内にいた人々を次々と襲い、入所者19人を刺殺、入所者・職員26人に重軽症を負わせたという事件です。

この事件に関する本を読もうと思ったきっかけは、これまでnoteにも書いてきた「ユニセフの幸福度レポート」の結果にありました。
ランキングで見ればその順位だけが印象に残りますが

もっとみる
多くの"スキ"に支えられています、ありがとうございます!
13

女性の社会進出に必要なもの

あんたも「女性の社会進出」ってキーワードを目にすることがあるかい?

これって深く考えていないと結構な頻度で「○○が悪いから日本は!」みたいな議論になりがちだよな。

でもちょっと考えると、スゴイ色んな要素が絡まりまくっているキーワードだとも思う。

今回はこの「女性の社会進出」ってキーワードにまつわる様々なテーマについて整理をしてみようって回だ。

結構、出口のないテーマかもしれないけれど、ちっ

もっとみる
「スキ」を糧に生きてます。感謝!
9

『暴走する能力主義ー教育と現代社会の病理』

 今回紹介するのは

『暴走する能力主義ー教育と現代社会の病理』(ちくま新書)

です。著者は東京大学大学院教育学研究科の教授である,中村高康先生です。

 能力主義とは,"meritocracy" の訳語です。"-cracy" とは,「…主義」や「…支配」という意味です。例を挙げれば,

 aristocracy 貴族政治
 democracy 民主主義
 autocracy 独裁政治
 th

もっとみる
ありがとうございます!他の記事もぜひ!!
3

僕の通ってた高校ー勉強するとはー

突然ですが、僕は関西のとある中高一貫の私立高校に通ってました。それも学年の半分が東大に行く超進学校です。「平均取れたら、東大に行けちゃう」と言いかえると、そのすごさに驚いちゃいますよね(他人事)

僕にとってその高校は、「誇り」でもあるし、「一生背負う十字架」でもあります。実際、高校を出て2年半がたちましたが、その肩書に助けられたこともあるし、心がちくちくすることもありました。これからもゆっくりと

もっとみる
よろしければシェアもお願いします
23

能力主義の終焉は近い

あなたの会社にもトップセールスは必ず何人かいることだろう。営業部門だけでなく、それぞれの部署に優秀層と呼ばれる人材がいるはずだ。そして、彼らや彼女たちは業績に貢献した功績者として、高い評価と報酬をもって遇されているに違いない。

頑張った人には頑張っただけの見返りを与えなければ。

多くの経営者がそのように言う。公平で、正当で、まっとうだ。頑張った人が増えれば増えるほど、会社としての成果は大きくな

もっとみる
うれしいです!
15

成果主義と能力主義

ふだん仕事をしていて思うことがある。

ある仕事(量も質も同じ)を2人の人間にそれぞれ任せる。

任せたタイミングは同じで、始業時刻に呼ばれて仕事の概要の説明を、同じ場所で同じ時間、受けた。

任された2人は、どちらもふだんもらっている給料は同じだ(控除前の金額)。

1人は、その日の終業時刻にきっちり終わらせた。仕事の成果も、合格点である。

もう1人は、時間がかかったために、定時で終われなかっ

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
2