Dr. Kano

京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻・教授. クアドリティクス株式会社・共同創業者. ロードバイク RIDLAY FENIX SL 2016 に乗ってます.

Dr. Kano

京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻・教授. クアドリティクス株式会社・共同創業者. ロードバイク RIDLAY FENIX SL 2016 に乗ってます.

    マガジン

    • 本の紹介・読書の記録

    • 自転車・ロードバイクでサイクリング

    • 大学・大学院・教育・研究のあれこれ

    • 技術・アプリ・ガジェットとか

      • 本の紹介・読書の記録

      • 自転車・ロードバイクでサイクリング

      • 大学・大学院・教育・研究のあれこれ

      • 技術・アプリ・ガジェットとか

    最近の記事

    固定された記事

    学生/技術者/研究者向けアドバイス一覧(随時更新)

    noteに書き連ねてきた記事の中から,私自身が有用だと思うアドバイスらしきものを集めて,ここに整理しておきます. 進学・キャリアのアドバイス大学新入生に伝えた(い)こと 大学の講義は面白くない? 機会を見送る人と活かす人 大学院入試に向けた活動指針 ー 他大学も視野に 博士課程進学という決断:青年の大成 - 学生に読んでおいて欲しい本 人生最適化の目的関数と制約条件 勉強のアドバイス20歳代が学問する絶好機 大学や大学院で身に付けておきたい力 素直に学ぶこと

    スキ
    240
      • 三体のアイディアが詰まる劉慈欣短篇集「円」で久しぶりのSFを楽しむ

        タイトルの通り.久しぶりにSF小説を読んだ.計13の短編が収録されていて,その中には印象に残った作品も残っていない作品もあるが,総じて,発想が凄いなと思う. とりわけ吹っ飛んでいるのは「郷村教師」か.貧しい村の名もなき小学校教師による「最後の授業」が銀河炭素生命連邦艦隊の行動を左右するとか. 円円みたいに,何かに熱中し続けて,自由に熱く生きるのもいいなと思った. 「円」は最後の作品のタイトルだが,円周率の円だった.不死を求めた秦の始皇帝と円周率がこんな風に結びつくとは.

        スキ
        3
        • 自転車生活初のパワーペダルが面白い

          パワーペダルシステム POWERLINK ZERO DUAL(Wahoo Fitness)を購入して使ってみた.これはパワーメーターの一種で,自転車のペダルを踏み込む力をリアルタイムに測定できる.POWERLINK ZEROにはデュアルとシングルがあり,デュアルでは左右両側のペダルにパワーメータが仕込まれていて,右と左を独立に測定できる.このため,ペダルを踏み込む力の左右バランスも把握できる.一方,シングルでは測定値を2倍してパワーとするため,正確さに欠け,左右バランスもわか

          スキ
          8
          • 2040年「仕事とキャリア」年表を見て,人生のビジョンについて思案する

            リンダ・グラットンの「ワーク・シフト」には,これからの時代には「働き方をシフトする」ことが必要だと書かれている.それは特定の国で必要になるということではなく,世界的にそうなるということだ.本書では,対象を日本に絞り込み,先進国(特にアメリカ)と比較して日本の特殊性を指摘しつつ,これからの時代を生きていかなければならない日本人がどのように仕事をしていくべきか,どのようなキャリアを考えるべきかについて,国際経営コンサルタントでありかつ弁護士でもある著者の見解を述べている. 成長

            スキ
            7
            • 三体のアイディアが詰まる劉慈欣短篇集「円」で久しぶりのSFを楽しむ

              スキ
              3
              9日前
              • 自転車生活初のパワーペダルが面白い

                スキ
                8
                2週間前
                • 2040年「仕事とキャリア」年表を見て,人生のビジョンについて思案する

                  スキ
                  7
                  2週間前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 本の紹介・読書の記録

                  • 109本
                • 自転車・ロードバイクでサイクリング

                  • 49本
                • 大学・大学院・教育・研究のあれこれ

                  • 99本
                • 技術・アプリ・ガジェットとか

                  • 17本
                • 本の紹介・読書の記録

                  • 109本
                • 自転車・ロードバイクでサイクリング

                  • 49本
                • 大学・大学院・教育・研究のあれこれ

                  • 99本
                • 技術・アプリ・ガジェットとか

                  • 17本

                記事

                記事をすべて見る
                  • 「命日占い」で故人との繋がりを知る

                    2022年の春に妹が亡くなった.当時,なかなか心の整理がつかないということを「妹の四十九日」に綴ったところ,それを読んだ友人が「悲しみの秘義」という本を紹介してくれた.最近読んだ本の中でこれが一番自分の心に響いたと言って.「悲しみの秘義」は深く心に染み入った.死者と生きるということ,悲しむということなど.そんなことを書いたところ,別の友人から「命日占い」を勧めてもらった. 占いにはまったく興味がなく,普段は見向きもしない.しかし,この本はいわゆる占いの本ではない.著者は以下

                    スキ
                    2
                    • 注意喚起:嵯峨から神明峠に行けません

                      実家に集合して,高級肉のすき焼きを食べて,純米大吟醸の飲み比べをした翌日の話. 午前中のテレビで今日は晴れるとか言ってたので,久しぶりにサイクリングに出掛けたんです.梅雨明け宣言の後,ずっと雨で走りに行けてなかったので.でも気温は高くなるらしいし,晴れると直射日光が強烈じゃないですか.だから山に行くことにしたんです.山に.山なら木陰がいっぱいだし,気温も低くて涼しいし,ちょうど渋峠(国道最高地点)に行く計画があるので,登坂の練習にもなると思って. それで,化野(嵯峨の化野

                      スキ
                      3
                      • こんなときだから「物語 ウクライナの歴史」に学ぶ

                        偽情報が溢れる世界の中で何が正しいかを知りたければ,とりあえず歴史を知るくらいはしないといけない.プーチン大統領は2021年7月に発表した論文の中でロシアとウクライナ人は同じ民族だと主張したが,果たしてそうなのか.そもそもロシアとウクライナの関係はどのようなものなのか.これらを学ぶために,本書「物語 ウクライナの歴史」を読むことにした. 本書は,今回のロシアによるウクライナ侵攻の10年前に書かれたものだ.著者の黒川祐次氏は外務省にて駐ウクライナ大使と駐モルドバ大使を兼務した

                        スキ
                        13
                        • 「人生の合い言葉」に奮い立つ

                          いわゆる自己啓発系の本は多い.自己啓発本に批判的な人も含めて,誰しも何冊かは読んだことがあるだろう(読んでいないなら批判はできない).その中には,感銘を受けた人もいるだろう.そして,ごく一部の人は何かしらの行動に移しただろう.それで人生が変わった人もいるだろう.しかし,行動が伴わないなら,1000冊読んでも恐らく何の意味もない. 本書「人生の合い言葉」もそういう類いの本である.たくさん読んでも意味がないとは言うものの,時々,このような本を読んで自分を奮い立たせることは,人に

                          スキ
                          3
                          • 「クララとお日さま」を読んで心について考える

                            とても良かった.多くの人に本書を読んで色々と感じたり考えたりして欲しいので,あらすじを紹介したりはしない. 自分には「心」がある.それを疑うこともなく生きてきたけど,心って何なのだろう.誰かに心があると感じるのはなぜだろう.精巧な人工知能を搭載したヒューマノイドロボットに接したとき,ヒトはロボットが心を持っていると思うだろうか.先入観を除けば,そう思わない理由はないように思われる.では,将棋やチェスなどで人類を凌駕するに至った人工知能は,ある特定の人物の心を持つ(まったく同

                            スキ
                            5
                            • 「史上最強の哲学入門」で哲学者たちの論点と足跡を学ぶ

                              西洋哲学の入門書.強い哲学者が「オレはこう考える!」と論じれば,「そうではない!正しいのはこちらだ!」と反論する強い哲学者が現れる.紀元前から人間の一部はそのようにして真理を追究してきた. 本書は,真理,国家,神様,存在の4つのテーマについて,真理を探究し,新しい考え方(世界の見方)を提示してきた哲学者32名を,哲学界でバトルを繰り広げる闘士になぞらえて得意技と共に紹介している.後世の哲学者が有利に決まっているだろと思うが,それはともかく,わかりやすく論点が整理されており,

                              スキ
                              5
                              • やまなみハイウェイ・サイクリング3日目:内牧温泉→草千里・阿蘇山上→阿蘇熊本空港

                                サイクリング3日目は阿蘇を走る.阿蘇内牧温泉「蘇山郷」から出発し,阿蘇神社を参拝した後,阿蘇パノラマラインで,米塚,草千里ヶ浜,阿蘇山上へとヒルクライムし,白川水源などに立ち寄り,新阿蘇大橋を渡り,阿蘇カルデラの決壊地点を通って阿蘇熊本空港を目指す. サイクリング最終日も阿蘇山上まではひたすら登坂だ.ただ,やまなみハイウェイと同様,激坂はなく,6-7%ほどの上り坂が続く.それでも草千里ヶ浜の手前の登坂はきつかった.つらかった. 阿蘇神社と門前町商店街阿蘇内牧温泉「蘇山郷」

                                スキ
                                6
                                • 弱虫ペダルの聖地「阿蘇内牧温泉 蘇山郷」で食と温泉を満喫する

                                  やまなみハイウェイを走るサイクリングの2日目.湯布院から阿蘇まで,牧ノ戸峠を越えて絶景ロードを走り抜け,宿泊地の「阿蘇内牧温泉 蘇山郷」に辿り着いた.与謝野鉄幹・晶子夫妻が滞在した宿とのことだが,それよりもむしろ,ロードバイク乗りの間では「劇場版 弱虫ペダル」で総北高校が宿泊した宿として知られている.玄関にサイクルラックがあるのが嬉しい. 事前にロードバイクで行きますとお伝えしていたので,到着してサイクルラックに自転車を掛けていると,「加納様ですか.お待ちしていました.後ほ

                                  スキ
                                  13
                                  • やまなみハイウェイ・サイクリング2日目:湯布院→阿蘇内牧温泉

                                    サイクリング2日目は,いよいよ湯布院から阿蘇まで,「やまなみハイウェイ」を走る.湯布院温泉「四季彩ホテル」から阿蘇内牧温泉「蘇山郷」まで,九重夢大吊橋に立ち寄り,長者原の絶景道を抜け,やまなみハイウェイ最高地点の牧ノ戸峠(標高1330m)を越え,阿蘇の大観望,ミルクロードへ. 大分空港から杵築城下町と別府を経由して,由布岳を見上げながら湯布院温泉まで走った1日目の続きとなる. 湯布院から水分峠を経て朝日台展望台へ標高500mにある湯布院の温泉街を後にして,やまなみハイウェ

                                    スキ
                                    5
                                    • 「湯布院別荘 四季彩ホテル」でサイクリングの疲れを癒やす

                                      やまなみハイウェイを走るサイクリングの初日.5月19日は湯布院の「湯布院別荘 四季彩ホテル」に宿泊した.湯布院の中心部から少し坂を上がったところにある. チェックインの際にロードバイクで来たことを伝えると,保管場所はないが客室に持ち込んでもいいと言っていただいた.とても有り難い. 洋室の部屋はとても広く,快適に過ごすことができた. 夕食では,海の幸と山の幸,それに地酒を,とても美味しくいただき,お腹いっぱいになった. 夕食の前に露天風呂でサイクリング(特に登坂)の疲

                                      スキ
                                      12
                                      • やまなみハイウェイ・サイクリング1日目:大分空港→別府→湯布院

                                        湯布院と阿蘇を結ぶ「やまなみハイウェイ」にサイクリングに行ってきた.九州では一番,日本でもトップクラスの絶景ロードとして大人気の道だ.由布岳,九重連山,阿蘇山と坂道山盛りのコースで,九重夢大吊橋,長者原,大観望,草千里ヶ浜などの景観に期待して走る.もちろん温泉も楽しむ. 今回,5月19〜21日の2泊3日で,湯布院温泉「四季彩ホテル」と内牧温泉「蘇山郷」に宿泊して,大分空港から熊本空港までを走破した.まずはサイクリング1日目,大分空港から別府を経由して湯布院温泉までの自転車旅

                                        スキ
                                        7
                                        • 「憲法と国家―同時代を問う」で比較憲法を学ぶ

                                          憲法記念日にあわせて,憲法の勉強でもしてみようかと,たまたま図書館で手に取った本書を読んでみることにした.時節柄,図書館の企画コーナーには他にも多くの憲法関連書籍が並べられていたが,それらが日本国憲法を中学生でも理解できるように易しく解説しますといった本ばかりだったのに対して,本書「憲法と国家―同時代を問う」は比較憲法の解説書である.まったく趣旨が違う.そして,これまであまり考えてこなかったことを考えさせられた.難しかったけれども. 不勉強なので,「比較憲法」という研究分野