直視

好きなもの①

目。
眼。
瞳。
eye.
👁。
👀。

見るのが好き。
好きすぎてなかなかジッと見続けるのがツライくらいに。それくらい好き。

誰のでも良いというわけでもない。
そこにはピュアさが必要要素にある。澄んでれば澄んでるほど良い。

心まで届いてるような澄んだ目。
だから気恥ずかしくもなる。好きだけど背けたくなる。そんな存在。

対して、澄んでなくても、どういう心?
と思うような人生を感じさせる目

もっとみる

結果を得て、学び、反省し、向上していくことこそが「成功」である

「すごいね!」

長女が学校で100点をとったり、
次女が保育園でお絵かきをしたり、

それを見せてくれるたびに
かけてあげる言葉です。

ちょっと前までは、

「結果」に対する
「すごいね!」でした。

最近は意識して、

「プロセス」に対して
「すごいね!」

というようになりました。

■100点がすごいのではなく、

「がんばって漢字を覚えたこと」を
「すごい!」

絵を描いたことがすごい

もっとみる
ありがとうございます!もしよろしければシェアもお願いします!
91

パチスロ小ネタ

〜はじめに〜

1game てつの妖回胴中記 90話で出てた目押しの種類のお話。
別媒体に『直視はできるけどビタは苦手』という方がいたので、それも踏まえての内容です。

〜目押しの種類〜

①:色押し
色の塊で図柄を判別して枠内に収める押し方。

②:タイミング押し
3連図柄通過後に押す、などの体感的なやり方。

③:直視
各図柄を見分けて押すやり方。

今回は③の直視話です。

〜直視=ビタ高精

もっとみる

ヘタレとして生きる超現実珍談士

テビレでキョーフを感じて
シマニュエル夫人である。
ものまね芸人をしている方の
私生活を垣間見る番組だった。
もう何日も飯を食っておらず
電気も携帯も止められていると言っていた。
10代で上京したばかりの
バンドマンとか俳優とかなら
そういうものかーと思えるのだが
その方は40代であった。
過去に売れた時期があったらしく
その時は羽振りが良かったとも言っていた。
そしてさらなるキョーフが私を襲った

もっとみる
放屁芸術の極みっ!
9

【詩】雨

一月後には骨になっているかもしれないという可能性を知るのと同時に、核が消えていった。
霧雨でも輪郭を浮かばせるなら、僕の愚かさにもしっかり器が与えられて、直視すると神様になったような気がする。
そういう手頃な寂しさに、爪を切って傷つけないように触れるのが精一杯で、他者への配慮を履き違えているのに気づいていながら、別にいいやと思っている。
さあ、音も光も、すべて他人のせいにするときだ。そうやって僕は

もっとみる

すぐに読めないnoteに出会うと #感想note

ココロの準備ができないと、読めないnoteやコトバがあります。本気で想いをぶつけているコトバには、本気でわたしも向き合いたいと思うのです。

ゆうこさんに言われて
この記事書いたの思い出した。
最後にコトバに対する
思いがあるから読んでみて。

まだ私と出会う前に綴った、昔の記事を教えてくれたヒトがいます。嬉しかったからすぐに「読みます」って返事をした。だけど、そのページを開いた瞬間、今は読めない

もっとみる
私もスキですよっヾ(・ε・*)ノ
13

「直視する勇気」

今日のブログはこちら!

では、本題。

広瀬隆著・「日本近代史入門 黒い人脈と金脈」を再読した。

歴史やノンフィクション作品を数多く執筆する著書が書くこの本は、タイトルの通り明治から現代日本の歴史をしっかりと抑えることができる。

ボリュームはあるけど濃い内容になっているから、日本の歴史を知りたいなら必読。

俺はこの本を読んで、事実を直視する勇気って必要だなと思った。

というのも、この本で

もっとみる

台風のエネルギーは引き込むに限る。

※本ブログは3度繰り返して読んでいただくと情報が有益なレベルにまで浸透します。

世の中が一斉に気象状況によって休んだり、ストップしたりするのは実に良い傾向である。そうやってみんなが一旦ただ自然の力に抗わずに過ごすことで整理されること、浄化されることが沢山ある。

小さな地域や人間の単位で見ればタイミングが悪く見える諸々の出来事も、台風によって浄化リセットされればそれだけその後が楽になる。

私が

もっとみる

直視

「自分で自分の現状を直視出来ないヤツのことを、“才能が無い”って言うんじゃない?」

って言う煽り文句を思いついたので、良かったら皆さん使ってみて下さい。

結果がどうなっても知りません。

Sharpener

シズル感という言葉があるそうです。主に広告業界で使われるのでしょうか。デザインとか広告に携わる仕事をしている人が書いた本を読んで、ぼくはこの言葉を知りました。

つまり、「そのものらしさ」というようなことらしいです。「シズル感」の意味。

これってけっこう、奥深いようなシンプルなような。「見たまんま」こそがシズル感なのかもしれませんが、個人の持つ偏見が「まんまを見ること」を阻んでしまって、案外

もっとみる