民族自決

民族自決とは

民族自決とは

ウィキペディアによると「各民族集団が自らの意志に基づいて、その帰属や政治組織、政治的運命を決定し、他民族や他国家の干渉を認めないとする集団的権利」とされています。

日本の民族派は、現状の日本を民族自決が十分に果たされていないと考えています。

1945年以降、アメリカによる巧妙な支配が国の隅々までいきわたって麻痺している状態です。

これは中国による少数民族支配よりはうまいですが

もっとみる
ありがとうございます
1

親米保守という病

普通の国での2大対立軸は?

グローバリゼーション

ローカリゼーション
です。

アメリカを代表する、グローバリゼーション(改革と文化侵略)の波が、ローカルな文化を大切にする世界に襲いかかってくるイメージ

経済成長優先、自由競争主義、原発、王室否定、親米がセットで、

自然保護、農業保護、国歌斉唱、国旗掲揚、自主自立、民族自決、王室崇拝、民族意識高揚、反米がセットです。これが普通の国の民族派

もっとみる
よろしければシェアもお願いします
3