機内の様子と日本入国

機内の様子と日本入国

2021年7月15日タイ航空にて、タイのスワンナプーム空港から名古屋のセントレア(中部国際空港)に入国しました。 機内の様子や日本入国時の空港でのことをこちらでは紹介させて頂きます。 ◆タイ航空の機内の様子 搭乗者数も少ないためか、遅れもなくスムーズに搭乗できました。 事前に知人から聞いていた通り、機内はガラガラで私を含めて15〜20人程度でした。 ある意味ソーシャルディスタンスを十分に取れるので安心しました。 離陸してしばらくすると、紙袋に入ったスナックとブランケ

3
駐夫グループのnoteを立ち上げました

駐夫グループのnoteを立ち上げました

 駐夫から、元駐夫になりました。久々のnote投稿になります。  今春、3年あまりの在米生活を終えて、本帰国しました。  この間、駐夫グループをfbで立ち上げたのですが、グループとしての発信を強めようということで、新たなnoteアカウントを作りました。  最初の紹介・案内記事は私が書きましたが、以後は、グループを主宰した一人として、その一員となり運営していきます。  こちらの個人noteも、もう少しこまめに書いていこうと思っています。  下に貼り付けたグループnot

1
本帰国後のインターネット回線はどうする?

本帰国後のインターネット回線はどうする?

海外から本帰国をして困るのがインターネット回線だと思います。 本帰国直後、筆者がいろいろと試行錯誤をした結果、一番お安いと考えている方法を紹介したいと思います。 通信量が無制限に近いのは、楽天モバイルとUQ WiMAXになるので、この2つの回線に関して検討します。 1.楽天モバイルの検討まず、検討する価値があるのが楽天モバイル。 月額が最大でも2,980円+税です。(最初の3ヶ月は無料) 最近では、提供エリアも拡大しており、東京23区をはじめとする大都市圏では、屋外

2
当日のスワンナプーム空港までの移動と空港内の様子

当日のスワンナプーム空港までの移動と空港内の様子

タイの新型コロナウイルス感染状況もどんどん悪化の一途を辿っており、ワクチン接種での一時帰国や本帰国、母子帰国など色々な状況での帰国を予定されている方がいらっしゃると思います。 私は2021年7月15日の日付が変わった0時過ぎのタイ航空の深夜便で、スワンナプーム空港から中部国際空港(セントレア・名古屋)に帰国しました。 こちらの記事では、当日の空港までの移動手段、スワンナプーム空港内の様子をお伝えさせて頂きます。 ◆空港までの移動手段 私は現地採用としてタイに滞在していた

6
帰国日直前&帰国日当日にやったこと

帰国日直前&帰国日当日にやったこと

いよいよ帰国直前。 リスト化して着実にこなしていたはずなのに、いざとなったらトラブル続き。 実際に帰国日直前、当日に私が行ったこと、そしてそこで経験して役立ったことをこちらではご紹介します。 ◆銀行やお金関連 タイから帰国する際、口座をそのまま残すか、解約して全てバーツから円に換金するかとても迷いました。 6月末には1バーツ3.5円をマークしていましたが、私が帰国する2021年7月には大暴落。。。 こんなはずじゃ…。 当初の予定では、日本ですぐに仕事もみつけられな

6
コロナ、 マイ  エブリデー  ビア  by こんぶ

コロナ、 マイ エブリデー ビア by こんぶ

今回のテーマ : コロナ生活 1年数ヶ月前まで”コロナ”と言えば、”あれ”ではなく、私のエブリデービアだった。アパート近くの通りの角に小さなグロッサリーストアがあって、私はそこでほぼ6日に1度、コロナビールの6本パックを買っていた。その店は近所に住むスペイン語を話す人たちでけっこう繁盛していたが、アジア人のお客は1度も見かけたことがなかった。 中南米からの移民とおぼしき40〜50代の夫婦が営む店で、なぜだか店の名前は「カリフォルニアデリ」。9年前に引っ越してきたとき、コロ

1
本帰国1ヶ月前から始めたこと

本帰国1ヶ月前から始めたこと

インドネシア、マレーシアに続き、タイの新型コロナウイルス感染者数も爆発し、もうすぐ1万人に到達しそうな見込み。 コロナの抑え込みが比較的優秀だった東南アジアも、今回の変異株には今のところ打つ手がなさそうです。。。 今、タイの日系企業では本帰国、退去命令、一時帰国、母子帰国、ワクチン接種帰国など様々な理由でたくさんの方が日本への帰国を急がれていると聞きます。 私は2021年7月15日に日本へ本帰国しました。 その1ヶ月前の6月15日には本帰国を決意し、やんわりと動き始めまし

15
第16話:終わりはいつだって、何かのはじまり

第16話:終わりはいつだって、何かのはじまり

いよいよ日本への帰国まで一ヶ月をきっていた。 その頃には「本当にこれでよかったんだろうか…」なんて おセンチになる暇もなく、慌ただしく過ごしていたんだよね。 『泣いてばかりだった私が、運命の人に愛されるようになるまで』 元彼にネズミ呼ばわりされていた、尽くしタイプ依存症ダメ女から、どうやって運命の人(フランス人)に出会い、ありのままの自分で愛されるようになったのか?実際に起きたリアルなマイストーリーを綴ってきます。 >>> ここまでの話 第1話:アラサーどん底負け組

4
日本へ帰ろう 7

日本へ帰ろう 7

アパート探しの巻ー1 帰国してからあっという間に1ヶ月半が過ぎた。羽田からハイヤーでウイークリーマンションに直行。それから14日間の待機期間は本当に長くて退屈で不愉快だったが、その間にネットでアパート探しを開始した。 およその目星をつけ、喪(待機期間)が明けるとさっそく不動産屋巡り。数えてみたら12カ所の不動産屋に足を運び、10カ所のマンション(という名のアパート)を見て回った。 絶対外せない条件は広さ。最低でも45平米は欲しい。自宅で仕事をするので1LDKか2DK。や

2
香港からの本帰国 2ヶ月前編

香港からの本帰国 2ヶ月前編

突然帰国のタイミングが早まりました(o_o) 生活資金などを日本に動かすべく海外送金をすることに。香港でHSBCのアカウントをお持ちの人ならインターネットバンキングが必須ということはもうわかっていても海外送金したことがない人は多いのでは… 普通に国内送金と限りなく同じ作業でした(^^)  日本側に同じ為替の口座がないといけないので外貨分は日本のインターネットバンキングで口座開設しました。 日本側はかなりチェックが厳しいので電話がかかってきます。なんのお金ですか、なんの

1