日本経済の問題点の指摘 #2

日本経済新聞朝刊一面記事 安いニッポンについて前回こちらの記事「日本経済の問題点の指摘」で書かせて頂きましたが、その続きになります。

いつもの如く後半に全記事を添付しておくが、記事の中で注意すべきポイントを以下の通りいくつか抜粋した。

まず1つ目は日本人労働者の新興諸国化だ。

かつて新興国の人々が「出稼ぎ先」として憧れた日本。その地盤沈下はデータが物語る。

システム開発マネジャーの場合、 

もっとみる
ありがとうございます。 記事を気に入って頂けたらシェアもお願いします。
3

新興国経済を見る上で重要な「国際収支の天井」という概念

色々な投資家を見ると、新興国経済は先進国経済と比べてGDP成長率が高いんだからバラ色の未来であると勘違いして、新興国投資に大きくポジションを傾けていたりする人がたまにいる。
しかし、新興国投資においてはGDP成長率を見るだけでは不十分であり、最も注意して見なければいけない国際収支の天井という概念を知っておく必要性がある。
この概念を知らずして新興国投資をするのは、ひと昔前の資源バブル時代はあまり気

もっとみる

【運用部コメント】世界的な景気悪化リスクと先進国の金利低下がもたらす新興国市場への影響

直近は中国・武漢発の新型コロナウイルス関連のニュースが世界中を駆け巡っています。その中で、今回は足下の世界的な景気悪化リスクと先進国の金利低下が、どのように新興国市場に影響するかについて考えていきます。

まちまちな景気サイクル局面にある新興国市場

まず、OECD景気先行指数はG7を始めとする先進国の多くが景気サイクルの成熟期にある可能性を示しているのに対し、新興国市場諸国では景気サイクルの初期

もっとみる

自分自身の新たな発見

こんにちは。LiDメンバーの服部です。
 ※LiDの詳細については初回の投稿をご覧ください。

LiDに参加して約1か月が経ちますが、出会ったメンバーや講師の方々などから日々様々なことを学び、刺激を受けています。

私は現在大学2年生で、大学ではインドネシア語ともに国際協力・開発についても学んでいるところです。将来は国際協力に携わりたいと考えており、特に農村開発や貧困解決に興味がありますが、将来の

もっとみる
応援ありがとうございます!!
4

クラウドクレジット・マンスリーレポート2020年1月号

2020年初の『クラウドクレジット・マンスリーレポート』、今回の発行で通算7号目となります。今月の満期償還のご報告をはじめ、投資家の皆様が気にされているトピックを中心にお伝えしていきます。

今月の特集はファンドパッケージ機能です。当社としましてはこの機能の活用によって、投資家の皆様それぞれの最適なポートフォリオ構築のために必要不可欠な分散投資をより身近に感じていただければと考えております。

1

もっとみる

【LiD活動報告】初のプレゼンを終えて

こんにちは。LiD責任者の杉谷です。1月11日にスタートしたLiDも本日で2週目を終えました。今日は先週発表されたケーススタディの事例に関して、チームごとに目標設定をするというお題でプレゼンテーションを行いましたのでその活動報告になります。(各班、プレゼン直前の準備中の写真です)

今回の参加者は2チームに分かれて、それぞれ別の社会起業家のケーススタディに当たっています。Aチームはベトナムで伝統技

もっとみる
応援ありがとうございます!!
8

LiDの目指すもの

こんにちは。NPO法人very50統括マネージャー兼LiD運営責任者の杉谷です。2020年1月よりLiD2020の第1期生を開始させていただきましたので、そちらの活動報告をこちらで順次させていただきたいと思います。

今回はLiD2020第1期生の活動をスタートさせるにあたり、LiDというプログラムがどのようなプログラムかを紹介したいと思います。

LiD(Leadership in Develo

もっとみる
応援ありがとうございます!!
8

『分散投資をより身近に』~「ファンドパッケージ機能」の取扱説明書~

2020年1月15日、当社は「ファンドパッケージ機能(※1)」を新設いたしました。
こちらは複数のファンドをテーマごとに組み合わせて1つのパッケージとし、投資家の皆様に分散投資をより身近に感じていただける機能になっております。
ここでは、投資家の皆様がより一層分散投資を徹底し、最適なポートフォリオを構築していただくために、このファンドパッケージ機能の生まれた背景や概要、活用方法についてご紹介いたし

もっとみる

【運用部コメント】2019年の振り返りで見えてくる2020年の新興国経済

米中の貿易摩擦をはじめ国際政治および経済上のニュースが賑わせた2019年。2020年に入ってまだ半月足らずですが、世界的に大きな動きがあることに変わりなく、これは新興国経済にとっても多大な影響を受けざるを得ません。

そこで今回は金融政策、長期金利、株式、為替という4つの角度から2019年の新興国経済を振り返りつつ、まとめとして新興国市場の現況および見通しについて言及していきます。今年、2020年

もっとみる

本気で合格したい学生必見!トビタテ!留学JAPANで新興国へ行くなら押さえておきたいポイントまとめ

序章 | はじめに

このnoteは単にトビタテ!留学JAPANについて紹介する記事ではありません。アフリカや先進国以外の国へ留学・フィールドワークへ向かうあなたの強みを最大限に引き出し、少しでもご自身の留学の良さを伝えやすくなる経験則について解説したnoteです。

「途上国に長期間滞在したいんですけど、どうしたら良いですか?」
と聞かれたら僕は真っ先に
「いますぐトビタテに申し込んだほうが良い

もっとみる
う!れ!し!い! ま!た!み!て!ね!
13